2013年07月27日

浦安花火大会 @GNZYクルーザー

久々のGNZYクルーザー。
新しくできた橋を渡って、浦安方面へ。

IMG_8193.JPG
船は、こんな風に下ろすんだなぁ。
マリーナはミニライブも行われていて、お祭り気分。

IMG_8195.JPG
海が荒れてて、花火を海から見るのは、残念ながら無理……。
でも、せっかくだからということで、ちょっとサンセットクルージング。
すっごい波で、ジェットコースター気分!

IMG_8196.JPG
マリンルックがかわいいYKKちゃん。足が白くてきれい!

IMG_8198.JPG
MKちゃんが、一人一人におつまみタッパーを作ってきてくれた!
自家製ビールも用意してくれて、至れり尽くせり!

IMG_8199.JPG
HRKちゃんは、すくすく育ってる。

IMG_8200.JPG
花火があがって少したつと、ポツポツ雨が降ってきたなぁ。
と思ったら、ザーっと降りだす。ゲリラ豪雨!
クルーザーに避難。屋根があってよかった。

YKKちゃんが海にカメラを落とす。
海に落ちてしまうと、どうにもならなくて、あーってなるなぁ。


posted by maricobabylon at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ★おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

HASHISHIで女子会

YKK&MCKと川崎HASHISHIにて女子会。
先日、パート飲み会で利用して、2度目。
3時間飲み放題付きコース¥3,000がお得。
前回は安いけどぼちぼちなイメージだったけど、今回は店員さんのかんじもよく、大満足。
同じ料理出されても、タイミングや店員さんの雰囲気で全然違うなぁ。

IMG_8189mini.jpg
怪しげなライティングの中、占いをするMCKと……

IMG_8188mini.jpg
それをメモするYKK。

二人とも新たな生活に向け、模索中。
いろいろうまくいくといいなぁ。
MCKはショートカットに。かわいい!

posted by maricobabylon at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 川崎グ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

Aちゃん新居訪問!

「マイホームを建てるのが夢!」と言っていたAちゃんのマイホームが完成!
とっても素敵ハウスで、私もこんな家に住みたい!

IMG_8168.JPG
さわやか〜。
サーフボードが湘南なかんじ〜。

IMG_8170.JPG
大きいアオムシ?がいっぱい。自然豊かだ。

IMG_8171.JPG
オープンキッチン、いいなぁ。
明るい陽の光も入って、料理するのが楽しくなりそう!
食器もふんだんに入るし、冷蔵庫もかっこいい!

IMG_8176.JPG
晴れた日はテラスで食事したり……いいなぁ!

IMG_8177.JPG
女子会っぽいかんじで、生春巻いた。

IMG_8178.JPG

IMG_8181.JPG
トマト鍋おいしかった〜。

IMG_8182.JPG
田崎真也セレクションワイン飲んだり。

IMG_8184.JPG
高野のケーキ、キラキラしてる!

Hちゃんの嬉しい話が聞けたり、いつもblogを読んでるAちゃんだんな様にも会えたり、
楽しかった〜。

私もこんな素敵な家に住みたいなぁ。いいなぁ。
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ★ホームパーティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

ヨーロッパ土産 ブルギニヨンソース

IMG_8163.JPG
以前、職場のKDさんからいただいたヨーロッパ(スイス?)土産。
人口っぽい味を感じるけど、そこがヨーロッパなかんじかなぁ。
posted by maricobabylon at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ★料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平間サンバパレード

毎年、気になっていた平間サンバパレード。
平間商店街は夏になると、毎週土曜日なにかしら、やっている。
その目玉のサンバパレードはお盆にあり、いつも帰省と重なり、行けず。
でも、今年はなぜかお盆じゃないので、やっと見れた!

IMG_8159.JPG
すごい盛り上がってる! 楽しい!
身近な商店街にサンバな人々がいるって不思議。
サンバの演奏は爆音!
ラベル:平間サンバ
posted by maricobabylon at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 川崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっちゃんの八百屋さん

近所の八百屋さんは、いつもけっこう安いんだけど、
たまに、ものすごく安くおまけしてくれる。

3束¥100の万能ねぎを買おうとしたら、
「傷んできてるから、全部持ってっちゃって」と。
え? 全部って……。超大量!
あまりに大量だから、5束くらい持って「これくらいで十分嬉しいです」と遠慮してみるが、
「傷んでるところをのぞいて刻んで、冷凍しちゃえば大丈夫だよ〜」と。
IMG_8156.JPG
数えてみたら、なんと……16束! ¥100!
がんばって刻みます。

IMG_8157.JPG
さらに、
もやし 2袋 ¥30 → 3袋 ¥30
きゃべつ 2コ ¥100 → 3コ ¥100
えだまめ 1袋 ¥200 → 2袋 ¥300
絹豆腐 3丁 ¥100 → 4丁 ¥100 

IMG_8158.JPG
まいたけ・しめじ 各2パック¥100
納豆 4パック×2 ¥100

とここまでで¥930。
厚揚げ2パックを2つつけてくれて¥1,000でいいというので、
言われるがままに購入!

スーパーで買った荷物もあったから、家までの約5分、必死にがんばった!

★後日談★
13B_8712.JPG
ねぎ刻みました。
たっぷり! 冷凍します。

13B_8720.JPG
根元はプランターに植えました。

13B_8726.JPG
1週間でこれだけ伸びました。
posted by maricobabylon at 13:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ヨルダン・イスラエル 旅行日程・費用

7/4木  成田発
7/5金  アンマン着 アンマン城  アンマン泊
7/6土  マダバ ネボ山 死海 ペトラ泊
7/7日  ペトラ遺跡  ペトラ泊
7/8月  ペトラ遺跡 ペトラ・バイ・ナイト  ペトラ泊
7/9火  砂漠  砂漠泊
7/10水 ★ラマダンスタート! アカバシュノーケリング  アンマン泊
7/11木 ヨルダン→イスラエル エルサレム旧市街  エルサレム泊
7/12金 ベツレヘム エルサレム旧市街  エルサレム泊
7/13土 イスラエル→ヨルダン ジェラシュ  アンマン泊
7/14日 アンマン発
7/15月 成田着

費用 ¥約200,000
(航空券 ¥125,000 その他 ¥75,000) 
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダン・イスラエル 総括

★人
ヨルダン人……本当にみんな「Welcome Jordan!」と言ってくれる。嬉しい。
       外国人に優しい。物売りはしつこくない。イスラムおばちゃんは笑わない。
       私たちが日本人と知ると、「俺の車は日本車だよ〜」と誇らしく報告してくれる。
イスラエル人……いろいろ大変だし、恐いイメージもあるけど、普通にフレンドリー

★観光
ヨルダン……ペトラ遺跡、死海、砂漠と見所満載!
      アカバシュノーケリングは期待してなかったけど、すごくよかった。
      暑すぎるからか、どこも観光客が少なかった。
イスラエル…聖地だけあって、欧米人をはじめ、いろんな宗教がらみ?の観光客多い!
      エルサレムの旧市街は見所満載

★食べ物
期待してなかったけど、まぁ、期待通り。
主に薄いパンとチーズを食べてた。
シュワルマ、ハビーバのカナーフェおいしかった。
暑いし、いつもより食べてないから、ほんのり痩せた気がする。

★気候
暑い! 
お昼は日差しがすごく強い。朝晩は涼しい。
すごく乾燥してて、汗かかない。
イスラエルは、アンマンより涼しい。

★ラマダン
どうなることかと心配してたけど、影響はそんなになかった。
みんな「ラマダンラマダン」騒いだり、全くしない人もいたり、
隠れて飲んでる人いたり、ラマダン明けの食事の勢いが見れたり、体験できてよかった。

★物価
1JDが$1より高いのは、なんか嫌だ。
ヨルダンの物価は日本とそう変わらない。交通費は安い。食事代もそこそこ安い。
ペトラ遺跡(2日券¥8,000!)が異常に高い。ジェラシュ(¥1,200)も地味に高い。
イスラエルの物価は日本より高い。なんでだろう? 交通費はそこそこ安い。
イスラエル出国税(¥10,000)も高い。

★宿
安宿は汚いけど、まぁ、大丈夫。

★ネコ
もっといるかと思ったけど、そうでもなかった。子猫が多い。
ペトラのネコたちは逃げない。

★旅行中に読んだ本 「まんが パレスチナ問題」
まんが パレスチナ問題 講談社現代新書 / 山井教雄 【新書】
よくわからないパレスチナ問題がわかりやすく書いてあって、おすすめ。      
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

ヨルダンイスラエル10-2 アンマン → アブダビ → 東京

2013/07/14(日) EY516便 アンマン 16:00発   アブダビ 20:00着
2013/07/14(日) EY878便 アブダビ 21:50発   東京(NRT)13:00 **07/15(月)着

アンマン → アブダビ
13B_8618.JPG
映画The Incredible Burt Wonderstone(2013) 日本未公開
スティーブ・カレル(40歳の童貞男)、ジム・キャリー、スティーブ・ブシェミ
わかりやすいコメディで面白かった。はまった。★★★★★


13B_8620.JPG
機内食はラマダン仕様。まだ日没前なので、日没後に食べれるように。

13B_8623.JPG
けっこうたっぷり入ってる。

13B_8628.JPG
アブダビ着。

13B_8633.JPG
飛行機内のアブダビイメージビデオ見てたら、ちょっとアブダビを旅したくなった。

13B_8639.JPG
乗継時間は2時間弱だから、あっという間。

アブダビ → 日本は搭乗率50%くらいで、すいてる!
先頭シートに移動できて、ゆったり。

13B_8651.JPG
映画アウトロー(Jack Reacher)(2012)
トム・クルーズ映画。
序盤、すごく面白そうな予感がしたけど、だんだんそうでもなくなってきた。
ヒロインの顔が長い。

13B_8653.JPG
和夕食・・・魚の衣揚げ、いなり寿司、うどん

13B_8655.JPG
アラビア夕食・・・チキンビリヤニ、アロマティックライス

13B_8657.JPG
和朝食・・・お粥、味噌汁

13B_8660.JPG
アラビア朝食・・・シャクシュカ、子羊肉のミートボール

朝は、すごく飛行機が揺れてる。ずっと揺れがおさまらないので、
揺れてる中で、日本到着ギリギリに朝食が配られる。
コーヒーもらったのはいいけど、飲むタイミングが難しい。
熱い!! 首筋に熱湯が!!! どこかからコーヒーが飛んできた!
(ちょっと飛んできただけかと思ったら、着ていたカーディガンがガッツリしみになってた)

そして離陸寸前に、ゲボゲボゲボゲボ〜という、けっこうな音が聞こえてくる。
近くに座ってたスチュワーデスさんが、すごい嫌な顔をしてたのが印象的。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル10-1 アンマン スーパーでお土産ショッピング

ヨルダン最終日。
マンスールホテルの朝食を食べに行くと、日本人がいっぱいいて、びっくり。
日本人人気宿として有名だけど、全然日本人に会わないなぁと思ってたら、
最終日の朝は、10人以上の日本人がいた。
昨夜は廊下のソファで寝る人もいたみたい。

9時30分頃、初日にチェックしておいたC-MARTへ向かう。
マンスールホテル → C-MART TAXI 1.1JD(≒¥160)

13B_8584.JPG
SAMURAI爪楊枝

13B_8587.JPG
すいか 0.29JD(≒¥50)!? 安い!

13B_8666.jpgデーツ、タヒーナ(ごまペースト)は安い。クノール系はそんなに安くない。
調味料、イスラエル石鹸、死海バスソルト、お菓子など30JD(≒¥4,500)購入。
 
13B_8591.JPG
街角にキオスク。でも、やってなかった。

13B_8599.JPG
遊園地は今日もやってない。夜だけやってるのかな?

11時頃、ベニハナ前で空港行きのバスを待つ。
バスは1時間に1本はあるはず。
20分位待ったところで、タクシーの運転手に声をかけられる。
空港まで1人3JD(¥450)でよいと言われ、本当にそんなに安くていいの?と思いつつ、
私たち本当にお金、全然ないから、3JDしか払えないよと確認して乗り込む。
途中で1人、別のお客さんも乗せる。相乗りだから安いのかと納得。
が、結局、「空港は遠いから、もっと払って」と言われる。
確かに3JDだとバス代3.25JDよりも安いし、油断したなぁ。
確かに2人で6JDじゃ安すぎるし、10JD(¥1,500)払う。
旅の最後に、かなりドキドキした。
最後まで油断大敵。

12時頃、空港着。16時発の飛行機だからエティハド航空カウンターがあいてない。
13時すぎに、カウンターあき、チェックイン。

13B_8611.jpg
奮発して、スタバでヨルダンマグ購入。10.7JD(≒¥1700)
お土産屋で、トランプ2JD(≒¥300)で購入。


死海バスソルトは町のお土産屋さんより、空港の方が半値くらい安い。ガーン。

13B_8613.JPG
空港快適。適温。

13B_8616.jpg
おそうじも行き届いてる。化粧室もきれい。
posted by maricobabylon at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

ヨルダンイスラエル9-5 アンマン カイロレストラン

13B_8541.JPG
19:45頃、そろそろラマダン明けたかなぁと外に出ると、
人も車もいない!
みんな、ごはん食べてるんだ。

13B_8545.JPG

13B_8551.JPG
モスクの前も、人がいない。

13B_8553.JPG
レストランカイロレストラン

13B_8555.JPG
きゅうりピクルスと青唐辛子。

13B_8561.JPG
ずっと食べたかったムタッパル(なすとごまのペースト)

13B_8565.JPG
こちらもずっと食べたかったマンサフ
サフランごはんに、柔らかい羊肉がごろっとのってて、その上に薄いパンがかぶせてある。
羊肉の臭みのあるヨーグルトスープがついてきた。
今まで、羊肉に臭みがなかったけど、ここの羊肉は羊臭かった。

13B_8568.JPG
スパイシーシシケバブ。

あとペプシ250mlと水500mlで、二人で9JD(≒¥1,350)

まわりのヨルダン人たちは、ラマダン明けということもあり、
噂どおり、すごい勢いで食べて帰っていく。

帰りにホテルの並びのお店でアラビックコーヒー購入(0.3JD≒¥50)
ターキッシュコーヒーも選べる。
スパイスの効いたアラビックコーヒーはくせになる味。

本日の歩数・・・16,387歩
posted by maricobabylon at 19:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル9-4 アンマン ダウンタウンで、ぶらぶら買物

アンマン・ダウンタウンでお土産購入。
13B_8503.JPG
マンスールホテル情報ノートにあった、アラビア数字時計を探しに行く。
(場所はHashem Restrauntのお向かいあたり)
情報ノートには、女性用6JD(≒¥900)で購入とあったけど、
値段を聞くと、女性用8JD、男性用12JDと言われる。
24時間営業(本当?!)だというので、他のお店も見てみようとお店を出ると、
「6JDでいいよ〜」と呼び戻される。

image-ef839.jpg

男性用は8JD(≒¥1,200)でよいといわれたので、文字盤が大きくてかわいい男性用を購入。
意図せずに、はじめてうまく値切れた。
時計屋のお兄さんは、マンガ「NARUTO」好き。

13B_8513.JPG

13B_8514.JPG
盆踊り系マネキン。

両替屋さんで、余ったNIS(イスラエルシュケル)を再両替。
120NIS → $32

13B_8498.JPG
アンマンのマンホール。

13B_8521.JPG
ジュース屋さんの前にラマダン明け用のジュースが売られている。
ずっと気になっていたビニール袋入りジュースを買ってみる!

13B_8524.JPG
無難にレモン味。1JD(≒¥150) 1.5Lペットボトルは2JD。

13B_8528.JPG
味は、はちみつレモンを甘くしたかんじ。
1L〜1.5Lくらいをぐびぐび飲んで、すっきり。
写真だと、ジュース飲んでるんじゃなくて、吐いてるみたい。

13B_8533.JPG
お土産いろいろ
上:イスラエルオリーブ石鹸 0.5JD(≒¥75)
中央:アラビア文字玩具 0.5JD(≒¥75)SHOP
中央右:マグネット 2コ 1JD(≒¥150)
下:アラビア語時計 8JD(≒¥1,200)

ラマダンが明ける日没まで、のんびり過ごす。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル9-3 ジェラシュ 広大! 暑い!

位置情報ジェラシュ 
アンマンから北へ48km。
B.C.63 古代ローマに征服され、ローマ帝国のデカポリス(十都市同盟)のひとつとなる。
世界中のローマ帝国の地方都市の中で最も保存状態のよい場所のひとつ。
何世紀もの間砂に埋もれ、この70年で発掘、復元作業が行われてきた。

11:00ジェラシュに向け出発。
ダウンタウン → ムジャンマ・シャマーリー TAXI 1.9JD(≒¥300 メーター)
13B_8286.JPG
11:30ムジャンマ・シャマーリー → 12:20 ジェラシュ バス 0.85JD(≒¥130)
ムジャンマ・シャマーリー(バスセンター)、広い! たっくさんバスがある。
ほとんどまんたんになってたバスに乗り込んだので、すぐ出発。
バスの中に、募金集めのおじさんが乗り込んできた。

ジェラシュ入場料 8JD(≒¥1,200)

13B_8299.JPG
いきなり広大!

13B_8312.JPG
高いところ登ってみる。馬がいた。

13B_8321.JPG
南門を見下ろす。

13B_8342.JPG
フォルム(卵形の広場)。柱はイオニア式。

13B_8355.JPG
列柱通り。柱はコリント式。

13B_8363.JPG
柱の上に屋根はあったのかな?

13B_8371.JPG

13B_8381.JPG
アゴラ(集会場・市場)

13B_8382.JPG
パワー充電されてるかんじ。

13B_8395.JPG
コリントがよくわかる。

13B_8399.JPG
ニンファエウム。半神半人の妖精ニンフに捧げられた。

13B_8405.JPG
広くて暑くてぐったりだけど、がんばって歩く。

13B_8413.JPG
四面門。

13B_8418.JPG
北門に行ってもなにもないけど、柱がかっこいいから歩く。

13B_8423.JPG
とかげ。もっと大きいとかげも、たくさんいた。

13B_8426.JPG
北門は通り抜けできない。

13B_8427.JPG

13B_8447.JPG
北劇場。せっかくなので、舞台にあがってみる。

13B_8461.JPG
アルテミス神殿。アルテミス……狩猟の女神、獣の守り神、豊穣多産の神。

13B_8467.JPG
かっこいい。
でも、エジプトの神殿の柱の方が、太くて、装飾がされてて、もっと好みだ。

13B_8471.JPG
とにかく柱がいっぱい残ってる。

13B_8474.JPG
けっこう細かく文字が刻まれている。

ジェラシュ、かっこいいなぁ。
こんなにかっこいいのに、観光客はほとんどいない!
けっこうすごいから、そのうち世界遺産になるかなぁ。
とにかく日陰が少ない。数少ない日陰を見つけては、休憩して乗り切る。
ジェラシュ見学時間:約2時間

13B_8491.JPG
入口にあったお土産屋さんで、マグネット買う。2コ1JD(≒¥150)
そしたら売り子の男の子が砂絵ビンの実演をしてくれた。

13B_8493.JPG
ちょちょっとしただけで、あっという間に、できあがる。器用だなぁ。

ジェラシュのお土産屋さんのところにあるトイレはペーパーはないけど、そこそこきれい。

帰りのバス乗り場を探したけど、見つけられない。
「バスはない」と乗合いタクシーのおじさんに言われる。
通りかかった親切そうな若者にきいても、「バスはない」といわれる。
バスが本当にないかは不明だけど、「"スウェイラ"というところに行って、バスに乗るのがよい」と言われ、
暑いし、そうする。 
ジュラシュ → スウェイラ 乗合いタクシー 2人で5JD(≒¥750)

スウェイラのセルヴィス乗り場には、親切なおじちゃんや若者がいて、
ダウンタウンに行きたいとホテルカードを見せると、やんややんやと教えてくれる。
初セルビスは車掌?の若者がワイワイ仕切ってて、活気があった。
ラベル:ジェラシュ 
posted by maricobabylon at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル9-2 ヨルダンボーダー → マンスールホテル

8:35 イスラエルボーダー → 8:45 ヨルダンボーダー JETTバス
バスの中で、パスポートとバス代(5JD≒¥750)が回収される。
パスポートはヨルダン到着後、窓口で返却され、さらっと入国手続完了。

乗合いタクシーのおじちゃんに声をかけられ、現地人のおばちゃん2人とともに
9:00出発。ヨルダンボーダー → マンスールホテル  10JD(≒¥1,500)といわれる。
おばちゃんたちは、いくら払うのか観察。
一人目のおばちゃんは、郊外でおりて、多分チップを入れて12JD渡す。
二人目のおばちゃんは、家の近くのナビができず、さんざん家の近辺を迷った上で、
なぜか8JDしか払わず、ドライバーを押し切った。
ドライバーいらいら。そして不安になったのか、私たちに「1人、10JDだよな」と確認される。

10:00頃、マンスールホテル着。
7/5・7/10に続き、3度目の宿泊。慣れた気分でフロントに向かう。が……
予約しているのに、「部屋がない」!!!
初日に、3日分の予約がちゃんと入っていることは、管理人さんにしっかり確認済。
どうするんだろう?と思っても、「う〜ん、困ったなぁ」とのんびり。

13B_8279.JPG
パンを渡され、「とりあえず座って〜」と言われる。
のんびりとだけど、同条件の別ホテルを探してくれるみたいだ。
任せていてもどうにもならなそうなので、私たちもネットで探すが、
シャワートイレ付きツイン10JDは、見つからない。
「同じ値段の別のホテルと電話がつながってるから、直接話すように」と電話を渡される。
話を聞くと、同じ値段だけど、バストイレ共同……。
「バストイレ共同って言われたよ〜」と電話を返すと、がっかりしてる。

そして、なんか掃除をしはじめてて、他の仕事をしはじめちゃったのかなぁと思ってると、
「こっちに」と呼ばれる。
そして、部屋に案内される。
13B_8282.JPG
え? 部屋あったの? と聞くと、「僕の部屋だ」と……。
掃除をする前にそう言ってくれれば安心できたのにな。
最初からそうすればいいのに!
そういえば、前回、宿泊したとき、この管理人さんは共有ロビーのソファで寝てたのは、
こういう事情でよくあることなんだろう。
彼の部屋に案内されるまで、約1時間。
私たちがあきらめるのを待っていたのかなぁ。

13B_8283.JPG
シャワーの出もよい。が、トイレの水道管から、たえず水が漏れている。

まぁ、何はともあれ、無事、部屋に辿り着けてよかった。
そして、部屋は風通しがよく、今までで一番、居心地がよい。
窓からはマンスールホテルに入る入口が見下ろせる。
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル9-1 エルサレム → ボーダー

13B_8271.JPG
7:05出発。早朝チェックアウトのため、支払いは済ませておいた。
宿主ミカドさんが、早朝出発できるように、カギを準備しておいてくれた。

13B_8274.JPG
7:15 ボーダーへのバス乗り場が見つけられるか不安だったけど、ちょっと迷ったけど、見つかった。
GOLDEN WALLS HOTELの脇の細い道に、ボーダーから乗ってきたワゴンが停まってた。

ワゴンは人数が集まってから出発だから、1時間くらい待つことを覚悟してたけど、
25分待ちくらいで、7:40出発。

13B_8277.JPG
ワゴンのドアは、手動。
まだ空席があったけど、途中でお客さんを拾いながらボーダーへ。

8:30頃、イスラエルボーダー着。
出国税2人で351NIS(≒¥10,530) 高い!

13B_8534.JPG
パスポートではなく、出国税のレシートに出国スタンプを押される。

出国税を払って、パスポートを確認されて、さらっと出国。
すぐヨルダンボーダー行きのバスに乗る。
posted by maricobabylon at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ヨルダンイスラエル8-7 エルサレム 旧市街 嘆きの壁 、シュワルマ

3度目の嘆きの壁。
13B_8195.jpg
昨日よりも、ロシア帽っぽい帽子をかぶった人が多い。

IMG_8144mini.jpg
聖書かな。

IMG_8145mini.jpg
嘆きの壁に願い事をはさむ。

13B_8202.JPG
嘆きの壁のトイレは広くて、そこそこきれい。トイレットペーパーもあり。

13B_8231.JPG
夕食はRAMSES HOSTELの並びにあるシュワルマ屋・ファラフェルキング。
ホモス、ピクルス、サラダ、タマネギなどなど、いろいろいれてくれる。

13B_8232.JPG
羊肉シュワルマは電動スライサーで切る。

13B_8239.JPG
なんか、いろんな味が混じって、すごいおいしい!
この旅で一番おいしい! もっとこれ食べたかった!
15NIS(≒¥450)

13B_8252.JPG
RASMIS HOSTELのベランダから、町ウォッチング。
ベランダの下は軍人さんの溜まり場で、守られてるかんじ。

13B_8258.JPG
ユダヤな人々が、次々と、旧市街に向かっていく。
日本は暑くて死人が出てるらしいけど、エルサレムの夜は涼しい。

13B_8268.JPG
お茶を飲みながら、宿主ミカドさんとおしゃべり。
ハルーブの実と種をもらう。

本日の歩数……16,168歩
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル8-6 エルサレム 旧市街 ヴィア・ドロローサ

位置情報ヴィア・ドロローサ
イエスがゴルゴダの丘まで、十字架を背負って歩いた道。
第1留、ピラトに裁かれる死刑判決を受ける
第2留、鞭で打たれ十字架を背負歩き出した場所
第3留、十字架の重みで倒れる
第4留、悲しむ母マリアと会う
第5留、シモンがイエスに代わって十字架を背負う
第6留、ベロニカがイエスの顔を拭く
第7留、敷居につまずき2度目に倒れる
第8留、悲しむ女性たちを慰める
第9留、3度目に倒れる
第10留、衣を脱がされる
第11留、十字架に付けられる
第12留、十字架上で息を引き取る
第13留、十字架から下ろされる
第14留、遺体を墓に納める
(計14箇所に「留(りゅう)」と呼ばれる中継点が設けられている。第10〜14留は聖墳墓教会の中)

毎週金曜日の16:00(冬期15:00)〜にフランシスコ派修道会の行進があるので、参加する。

13B_8124.JPG
集合場所は、第1留。エル・オマリヤ・スクール(ライオン門近くのエッケ・ホモ教会の向かい)
イエスが死刑の判決を受けたアントニオ要塞があった場所。
説明はスペイン語、英語、イタリア語?

13B_8134.JPG
みんなでぞろぞろ、歌ったりしながら歩く。
砂漠で一緒に過ごした台湾人グループと再会。

13B_8135.JPG
第何留かな? 修道士の説明の後、みんな「Santa Maria〜」聖書の一説?を唱える。

13B_8140.JPG
イエスラエルの国旗は、白地に青でユダヤのシンボル・ダビデの星。

13B_8151.JPG
インターネットカフェ。

13B_8154.JPG
第11留 十字架に釘付け。

13B_8155.JPG
第12留 息をひきとった場所

13B_8167.JPG
第14留 イエスのお墓の前で17時の鐘が鳴る。

13B_8178.JPG
聖墳墓教会には、イスラム系の人々も観光に来ていた。

みんなで歩くヴィア・ドロローサ、よかった。
イエスは、よくつまずく。
ハンカチに顔を浮き上がらせるという意味のわからない奇跡をおこす。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル8-5 大混雑のダマスカス門

13B_4793.JPG
14:30頃、ダマスカス門に行くと……すごい人!
ミカドさんに「ラマダンの第一金曜日はイスラム系の人にとって特別だから、すごい人だよ〜」
と言われてたけど、ここまですごいとは……。

13B_4799.JPG
すごい熱気! 水を撒く店員さん。

13B_4808.JPG
とにかくすごい人で押し戻しされそうにながら、やっとこさ進む。

13B_8113.JPG
ぐったり疲れたから、Lion門近くの公園で休憩してたら、イスラム女子たちが話しかけてくれた。
黒いスカーフのAbeerちゃんは、英語が話せて、賢そうな雰囲気。

13B_8112.JPG
ベツレヘムから遊びに来たとのこと。

13B_8120.JPG
みんなの名前を漢字で書いてプレゼント。
どんどん子供がよってきて、なんだか人気者に。

13B_8117.JPG
ずっとニコニコしてたHananちゃん。

みんな「Hi(ひ)」が言えず、「Ki(き)」になる。
子供はいるのか聞かれたから、「インシャーアッラー」と言ったら、ちょっとうけた。
ラベル:ダマスカス門
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル8-4 ベツレヘム 分離壁

13B_4697.JPG
チェックポイントの近くに「世界人類平和でありますように」

位置情報分離壁(アパルトヘイト・ウォール)
イスラエルが「テロリストのイスラエルへの侵入を防ぐため」と称して、建設中の壁。
しかし壁はイスラエルとパレスチナの境界に建設されているのはでなく、
90%以上がパレスチナの中に侵入してパレスチナ人の土地を奪いながら建設されている。
イスラエルは、この壁を「セキュリティ・フェンス」と名付けている。

壁建設の中止と徹去を求める国連決議(2003.10)・国際司法裁判所の勧告(2004.7)後も、
イスラエルはアメリカの保護のもと、それらを無視し壁建設を続けている。
総延長703kmのうち408kmが建設済み、63kmが建設中、残り232kmは未着工(2006.4)
by wikipedia

13B_4699.JPG

13B_4709.JPG

13B_4714.JPG

13B_4729.JPG

13B_4743.JPG
分離壁には、平和を願う絵やメッセージが書かれている。
いつかこの分離壁がなくなる日は来るのかなぁ。

13B_4756.JPG
チェックポイントの前には、おなじみのジュース売り。

ベツレヘム → エルサレムは、チェックポイントでパスポートチェックあり。
でも、ちらっと遠くから見ただけ。

13B_4771.JPG
LRTとすれ違う。
posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル8-3 ベツレヘム St.George Restraunt

レストランSt.George Restraunt
メンジャー広場に面した角のお店。
ベツレヘムはイスラム教徒の町。
現在ラマダン中のため、レストランにお客さんは、観光客がほんのわずかだけ。

13B_4673.JPG
久々のビール!!! 15NIS(≒¥450)
ラマダン中だから、紙ナプキンに包まれる。
パンは温かくて、フワフワ。

13B_4677.jpg
シュワルマ ラム 50NIS(≒¥1,500)
羊肉が、全然臭くない!
ヨルダンでも羊肉は全然臭みがなかったし、なんでだろう?

13B_4678.JPG
シシカバブ 40NIS(≒¥1,200)

13B_4680.JPG
メンジャー広場には、説教?が流され、若者たちが広場に集まり聞いている。

13B_4684.JPG
おもむろに、みんなが絨毯をひく。

13B_4686.JPG
車に乗ってた人も、あわてておりて、列に加わる。

13B_4691.JPG
だから道には、お祈りのために、乗り捨てられた車がいっぱい。
ラベル:St.George Restraunt
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル8-2 ベツレヘム ミルク・グロット

13B_4613.JPG
位置情報ミルク・グロット
伝説によると、聖母マリアがエジプトに行く前に、ヘロデ王の兵士たちからイエスを隠し育てた場所。
マリアの母乳が数滴地面に滴り落ちて岩を白くしたといわれている。

13B_4617.JPG
中庭に黒猫。

13B_4634m.jpg
光あふれる教会。
ステンドグラスの色合いと壁の白さが、ニースのマチス教会を思い出す。

13B_4630.JPG
せっかくなのでお祈り。

13B_4643.JPG
洞窟。

13B_4646.JPG
癒しの力と女性の子育てを助ける力があるらしい。

13B_4610.JPG
こんなところに、イエス。

13B_4611.JPG
お土産屋は、ほぼ信仰グッズ。

13B_4658.JPG
バンクシー壁画のポストカード。
ベツレヘムでは、分離壁のバンクシー(英・覆面芸術家)アートが有名。
でも、バンクシーアートは辺鄙な場所にあり、タクシーで回らないといけないので、見に行かず。
チェックポイントの近くの分離壁を見に行くことにする。

13B_4609.JPG
ベツレヘムマンホール2

13B_4660.JPG
pray for peace
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル8-1 ベツレヘム 世界遺産 聖誕教会

7:30 朝食 @RASMIS HOSTEL
13B_4383.JPG
昨日買っておいたパンとバナナ。
チーズパン・チョコクロワッサン・水 12NIS(≒¥360)
バナナ4本 5NIS(≒¥150)

宿主ミカドさんがきて、おしゃべり。
ミカドさんは、日本好きだから、ミカドというあだ名かと思ったら、本名だった。
ちゃんとお父さんはJapaneseエンペラー(帝)という意味を知ってて、名づけた。
ミカドさんは、ここで生まれた。ここは昔はヨルダンで、すぐ隣がイスラエルだった。
戦争でここもイスラエルになった。
ヨルダンパレスチナパスポートも見せてもらう。
このあたりのヨルダンとイスラエルの話は、いろいろ複雑。
「ラムセスホステル」の由来をきいたら、ユダヤ人がラムセスを嫌いだから、あえてラムセス。
ミカドさんは無宗教。奥様はクリスチャン。

13B_4393.JPG
おしゃべりしてたら、9時。
宿の前にベツレヘム行きの24番(アラブバス)のバスが来たとミカドさんが教えてくれて、飛び乗る。
乗客は少ない。エアコンきいてて、快適。バスピンポンもある。
運転手はハンズフリーで、ずっとおしゃべり。
エルサレム → ベツレヘム バス 30分 5NIS(≒¥150)

※アラブバス
パレスチナ自治区内で車両登録されたバス。
イスラエル国内で車両登録された車は、バス・タクシーも、パレスチナ自治区に入ることは出来ない。

13B_4399.JPG
位置情報ベツレヘムチェックポイント
ベツレヘムはパレスチナ自治区だから、いろいろ大変そう。
危なそうなイメージがあるけど、滞在中は特に危険を感じることはなく、
観光都市というかんじだった。
エルサレム→ベツレヘムはパスポート見せず。さらっと通れる。
ベツレヘム→エルサレムに向かう大量の人々がいた。

13B_4405.JPG
チェックポイントを出ると、ズズっと分離壁。

警察官がたくさんいた。
まごまごしてたら、警察官がタクシーを止めてくれた。
チェックポイント → 中心部(聖誕教会) 15NIS(≒¥450)
タクシー運転手曰く、「ロシア人観光客が多い」

13B_4417.JPG
ベツレヘムのマンホール。

13B_4419.jpg
位置情報聖誕教会
イエスが生まれたとされる聖地。
2012年に世界遺産登録(危機遺産)

13B_4421.jpg
世界各国から団体ツアー客がきている。

13B_4423.JPG
「謙虚のドア」。日本の茶室と同じだ。

13B_4446.JPG
木の梁が見えるなんて、珍しい気がする。トラス構造?

13B_4455.JPG
西洋画っぽい。

13B_4462.JPG
イエス生誕の地下部屋に入る前の部屋にも、なかなか入れない。

13B_4511.JPG
イエス生誕の地下部屋は掃除中。1時間くらい待たされる。西洋人まみれ。敬虔な信者っぽい人が多い。

13B_4527.JPG
いよいよ地下への階段。

13B_4543.JPG
暖炉の中の★印がイエス生誕の地。

13B_4551.JPG
順番にもぐって、祈る。

13B_4565.JPG
イエス生誕部屋はせまくて、混雑必至。

13B_4567.JPG
ここはつながってるけど、聖カテリーナ教会かな?

13B_4576.JPG
地下や脇道に、いろいろ小部屋があった。

13B_4593.JPG
洗礼の儀式?
生誕部屋への行列で近くに並んでたおじちゃんが、司祭?だった。

13B_4599.JPG
近くにいたガイドのおじちゃんに、「日本はいっぱい支援してくれるし、わからないことがあったら、
なんでも聞いて」と言われた。

IMG_8137mini.jpg
昨日の、キリストの最期の場所(聖墳墓教会)に続き、生まれた場所(聖誕教会)も制覇。
ラベル:聖誕教会
posted by maricobabylon at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

ヨルダンイスラエル7-10 世界遺産 エルサレム RAMSIS HOSTEL 夜の旧市街、嘆きの壁

13B_4287.JPG
公衆電話。かわいい。

13B_4290.jpg
RAMSIS HOSTELに一旦戻り、のんびり。

13B_4292.JPG
ドミのお部屋をのぞいてみる。

13B_4293.JPG
2Fが客室。

13B_4295.JPG
1F共有スペースで紅茶。

13B_4324.JPG
8:00すぎ、再び旧市街へ。

13B_4336.JPG
嘆きの壁。

13B_4342.JPG
お昼より正統派ユダヤ率が増えて、黒い。

嘆きの壁は、祈る空間が男女別なのて、だんなさんと別行動。
だんなさんは、ユダヤおじさんに「お金くれれば、祈る人をガンガン写真とっていいよ〜」
っぽいことを言われ、ポケットにあったお金(40NISくらい?≒¥1,200)を全部渡して、たくさん写真撮る。

13B_4345.JPG

13B_4346.JPG

13B_4352.JPG

13B_4355.JPG

13B_4356.JPG

13B_4358.JPG
おじさんは最後にありがたい言葉?を唱え、ろうそくをくれた。

13B_4362.JPG
左奥は岩のドーム。

13B_4368.JPG
21時頃、誰もいない道は、ちょっと恐い。
でも、ちらほら武器を持った軍人さんがいるから、守られているかんじもする。

本日の歩数・・・19,536歩
posted by maricobabylon at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-9 世界遺産 エルサレム 旧市街 Jacob's Pizza

13B_4242.jpg
レストランJacob's Pizza
「地球の歩き方」に載ってたヤッフォ門近くのピザ屋。
物価の高いエルサレムでは、比較的リーズナブルなお店らしい。

13B_4249.JPG
サラミピザ 17NIS(≒¥510)
焼きたてではなく、温め直し。

13B_4254.JPG
コーラ10NIS(≒¥300) 高い!
ヘブライ語かっこいいい。

お手洗い、きれい。便座が金ラメだった。

13B_4256.JPG
唯一?の定価お土産屋さん。交渉いっさいなし。
海外旅行恒例、国名入りマグカップ購入。12NIS(≒¥360)
いろんなお店で値段を聞いたけど、ここが一番安かった。

13B_4260.JPG
牛乳9.99NIS(≒¥300) 

13B_4265.JPG
渋いおじさんトランプ。

13B_4266.JPG
かっこいい紫おじさん。

13B_4268.JPG
素敵な盛り。頂上には岩のドーム。
でも、上から売って、直して、ってしたら、下の方がどんどん古くなりそうだけど、どうしてるんだろう?
ラベル:Jacob's Pizza
posted by maricobabylon at 17:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-8 世界遺産 エルサレム 旧市街 聖墳墓教会

13B_4074.JPG
位置情報聖墳墓教会
キリスト教の聖地中の聖地。
キリストの墓(ゴルゴダの丘)とされる場所に建つ教会。
ヴィア・ドロローサ(イエスが十字架を背負って歩いた道)の終点(第10留〜第14留)
カトリック教会、東方正教会、アルメニア使徒教会、コプト正教会、シリア正教会など複数教派の共同管理。

13B_4070.JPG
教会前の広場は、たくさんの人。団体ツアー客もけっこういる。

13B_4086.JPG
入ってすぐのところにある「イエスが息を引き取った後、香油を塗られた場所」
みんな頭をこすりつけてた。

13B_4095.JPG

13B_4097.JPG
第13留 スタバト・マーテル マリアがイエスの死を嘆いた小祭壇。

13B_4119.JPG
天井も素敵。

13B_4128.JPG
第14留「イエスが墓に収められた場所」
15〜20分の行列。

13B_4144.JPG
お墓?の小部屋。頭をこすり、祈る。

13B_4131.JPG
ろうそくに火をつけて、すぐ消す人々。

13B_4152.JPG
教会中央のドーム。

13B_4151.JPG
そのドームの下にあった世界の中心?で祈る。

13B_4177.JPG
第12留 磔イエス。
イエスがベニヤ板風。

13B_4186.JPG

13B_4196.JPG
地下を見学していたら、退出するようにいわれ……

13B_4209.JPG
儀式が始まった。

13B_4220.JPG
地下・2Fもあり、迷路っぽくて、見逃したところもありそう。

聖地中の聖地だけあって、本気の巡礼者がたくさんいる。
ラベル:聖墳墓教会
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-7 世界遺産 エルサレム 旧市街 ネコとか

13B_3977.JPG
岩のドームの近くで、子供が何かをレポートしてた。
岩のドームを外からでも見たいなぁと思ったけど、警備員がいて近寄れず。

13B_3980.JPG
ローカルバスに乗ったときに、隣に座ってたイスラム女子が、ひたるらカチカチしてた機械。
これは何だろう? 店員さんに聞けばよかった。
「お祈りした回数を数えるもの」とかかなぁ。

13B_3987.JPG
イスラエルでは、よくこんなかんじで黄色・白・茶色のジュースを売っている。
調査したところ、黄色はレモン、白はうすめたアーモンド、
茶色はハルーブという豆っぽいかんじで木からさがるものを煮出したお茶。
値段を聞いたら、30NIS(≒¥360)とけっこう高い。

13B_3988.JPG
ヨルダンもイスラエルも、フレッシュジュース屋さんが多い。

13B_3992.JPG
これはどこだったかな? 

13B_3998.JPG
上に架かる橋は2Fをつないでるのかな?

13B_4006.JPG

13B_4017.JPG

13B_4021.JPG

13B_4022.JPG

13B_4057.JPG
ネコダマリ発見

ヴィア・ドロローサ(イエスの歩いた悲しみの道)は、明日じっくり見る予定だから、
今日はちらっと。 

13B_4039.JPG
多分、第9留。イエスが3度目に倒れた場所。
十字架があったから、背負ってみた。

13B_4050.JPG
真剣に祈り歌う集団がいた。

13B_4047.JPG
このドームは、聖墳墓教会の地下にある聖ヘレナ教会のドームらしい。

13B_4055.JPG

13B_4064.JPG
ラベル:聖墳墓教会
posted by maricobabylon at 15:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-6 世界遺産 エルサレム 旧市街 嘆きの壁

13B_3922.JPG

位置情報嘆きの壁(西の壁 Western Wall)
ヘロデ大王時代(B.C.20)のエルサレム神殿の西側の外壁。
ユダヤ人の聖地。

13B_3929.JPG
入口には、イスラエル兵による荷物検査あり。
壁の高さは19m。

13B_3939.JPG
男性は帽子かキッパ(白いミニ帽子・入口で貸してくれる)をかぶる。
銃をさげたイスラエル兵もたくさん祈ったり、ワイワイ記念撮影してた。

13B_3944.JPG
正装した正統派ユダヤ人。壁におでこをつけてお祈り。何度もおじぎしたり。

13B_3943.JPG
イスや聖書があって、ゆっくり祈れる。

13B_3952.JPG
壁は男女に分かれている。スペースは男:女=2:1くらい。
女子スペースは、壁も順番待ち。もうちょっと壁の位置をずらしてくれてもよいと思う。

13B_3970.JPG
ちょっと高いところから、嘆きの壁。
左奥・金の丸屋根は、イスラム聖地・神殿の丘「岩のドーム」
神殿の丘も行きたかったけど、金土日とラマダン中の午後がお休みで行けず。残念。
ラベル:嘆きの壁
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-5 世界遺産 エルサレム 旧市街 カルド

13B_3890.JPG
アルメニア人地区から嘆きの壁に向かってて、人々が入っていくところに、ついていくと……

位置情報カルド
ダマスカス門とシオン門を結ぶ、エルサレム旧市街のメインストリートだった場所
世界最古のパレスチナ地図にも記載されていたショッピングアーケード

13B_3888.jpg
世界最古の地図のレプリカ

13B_3891.JPG
135年頃、ハドリアヌス帝が作った列柱

13B_3896.JPG
この壁画は最近、描かれたみたい。

13B_3905.JPG
アートでおしゃれなショッピングアーケード。
ラベル:カルド
posted by maricobabylon at 14:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-4 世界遺産 エルサレム 旧市街 聖ヤコブ大聖堂、見れず。

13B_3834.JPG
腹ペコなので、ダマスカス門前のお店でスナックをつまむ。

13B_3833.JPG
肉つめフライ 6NIS(≒¥180) 

13B_3835.JPG
ファラフェル(豆コロッケ) 3NIS(≒¥90)

位置情報エルサレム 旧市街
0.9km2の区画に大事なものがつまってる場所。
ユダヤ教(神殿の丘、嘆きの壁)、キリスト教(聖墳墓教会)、
イスラム教(岩のドーム、アル=アクサー・モスク)など聖地満載。
ムスリム地区、キリスト教徒地区、ユダヤ教徒地区、アルメニア人地区の4地区に大別されている。

13B_3846.JPG
ダマスカス門はムスリム地区の入口。
旧市街のイメージはエジプトのオールド・カイロっぽいかんじをイメージしてた。
でも、予想外にごちゃごちゃお店があり、人がごった返してる。

13B_3864.JPG
門付近を越えると、人も少なくなる。
食べ物屋、靴屋、服屋、スパイス屋、コーヒー屋、床屋、いろいろ。

ヤッフォ門の観光案内所で、帰りのボーダー行きのバス情報を確認。
イスラエル→ヨルダン国境越えは土曜予定。
金夕方〜土曜はユダヤ教の安息日のため、国境行きバスがちゃんとあるか少し心配だったけど、
宿の近くからバスがあると確認できて安心。
(安息日は、ほとんどのバス・LRTは止まる)

13B_3868.JPG
ダビデの塔。中には入らず。

13B_3872.JPG
ヘブライ語、アラビア語、英語の表記あり。
ユダヤ系はヘブライ語、イスラム系はアラビア語。
ふだんの会話はどうしてるんだろう? 簡単な言葉は双方が話せるのかな?

13B_3874.JPG
エルサレムのマンホールは外国によくあるかんじ。

13B_3875.JPG
日本の観光地みたいに、凝ったマンホールがある国ってないのかな?

位置情報聖ヤコブ大聖堂
アルメニア正教会の大聖堂。
イエスの12使徒のひとりヤコブ(ゼベダイの子)が殉教した場所?
13B_3880.JPG
15:00〜15:30の儀式の時間のみ見学可能。
楽しみに来たけど、なんと、夏休みでやってない……。
「地球の歩き方」にも、そんな情報ないのに……。

13B_3882.JPG
アルメニア人地区は静かな雰囲気で、ちょっとオールドカイロっぽい雰囲気。
posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-3 RAMSIS HOSTEL

ダマスカス門前でバスを降りて、少し迷いつつ、ホテル到着。

エルサレムの有名な安宿は「イブラヒムおじいさんの家」
オリーブ山にあって、食事付き。ドミトリー。寄付制(目安:1泊50NIS(≒¥1,500)
イブラヒムおじいさんのキャラクターや食事付きというのは気になったけど、
ちょっと遠いのと、ドミは面倒くさい。

そこで、最近評判がよく、日本人にもけっこう好まれているRAMSIS HOSTELに事前にメールで予約。

ホテルRAMSIS HOSTEL13B_3815.JPG
旧市街・ダマスカス門から徒歩5分くらい。
(ダマスカス門付近は、ボーダー発着バス乗り場・ベツレヘム行きバス乗り場があり便利。)

13B_3820.JPG
2人部屋 1人60NIS(≒¥1,800)バス・トイレ共同
ちなみに、アンマンのマンスールホテルはバス・トイレ付き2人部屋が、1人¥750 
イスラエルは物価が高い!

13B_3822.JPG
窓があるから、風通しがよい。シーツはしみあり。
日本人形の写真が飾ってある。

13B_3823.JPG
道路側はドミのお部屋。反対側はシャワー・トイレ。

13B_4385.JPG
右にトイレ3つ、左にシャワー3つ。

13B_4387.JPG
シャワー。

13B_4386.JPG
トイレ。ペーパーあり。
洗面台は、掃除したくなる水アカ……。

宿泊者はフィジー人夫婦と私たちだけだったので、快適に過ごせた。

★RAMSIS HOSTEL情報★
ramsis777@ymail.com
住所:Hanevin street 20
tel: 026271651
mobile: 0545756219
ダマスカス門を背に、ニューパームホステルをすぎて100m先・右手
キッチン有、Wi-Fi有で快速(オーナーがスイッチ入れてるときだけ?)、ホットシャワー、紅茶飲み放題。
昼の2時〜5時はCLOSE
ラベル:RAMSIS HOSTEL
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-2 イスラエルボーダー

10:30キングスフセイン橋のアンマンボーダー → 10:40 イスラエルボーダー
国境を越えるときは、バスの下を鏡でチェックしてた。

ヨルダンのボーダーは全然人がいなかったのに、イスラエルのボーダーに到着したら、長蛇の列。
私たちより2時間前のバスで来てた人も、まだいる。
荷物をX線に通したところで、だんなさんがチェックにひっかかる!
(私はすでにX線チェックを通っていて、後ろから来るはずのだんなさんが来ず。
 遠くにいるだんなさんと大声で状況確認。X線越えてきて放置されてるだんなさんの荷物を確保)

「運が悪いと国境越えに1日かかる」という噂があったから、ドキドキ。
係員にきいても、「とにかく座って待ちなさい」「2時間かかるときもあれば、1日かかるときもある」と。
どうしよう……と思ってたら、10分くらいでだんなさんは係員に連れられていく。
武器を持った係員が来て、「武器を持ってるか?」と聞かれたり、
金属探知機されたり、ビニール袋をつけた手で全身ゴシゴシされたらしい。
無精ヒゲがいけなかったのか……。

ハラハラしたけど、意外に時間もかからず、パスポートチェックへ。
イスラエルボーダーは厳しくて、いろいろ質問されるときいていたが、そうでもなかった。

パスポートにイスラエルの入国スタンプがあると、
今後イラン、シリアなど一部のイスラム系の国に入国できない。
だから「No Stamp,please」と言って、別紙にスタンプを押してもらう人が多い。

でも、私は特に行く予定もないし、パスポートにスタンプ押されてもいいと思ってたんだけど、
勝手に係員がNo Stampにしてくれ、スタンプを押した写真付き紙をはさまれる。
イスラエルの係員は軍人っぽくて恐いのかと思いきや、けっこうフレンドリーな人が多かった。

13B_3799.JPG
11:30 無事入国

13B_1171.JPG
イスラエルの通過はNIS(シュケル)。
イスラエルのお札は、カラフルできれい!
イスラエルの物価はこのあたりの国の中では、べらぼうに高くて有名。
ボーダーの両替は率がかなり悪いらしいので、ヨルダンで両替済。
1NIS=¥29.3

13B_3794.JPG
ボーダー → エルサレム バス 38NIS(≒¥1,140)
約15人乗りのワゴンは、人数が集まらないと出発してくれない方式。
12:10頃、出発。

エルサレムに行く人よりも、ジェリコに行く人が多い。
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル7-1 ヨルダン → イスラエルボーダー

7:30出発
13B_3782.JPG
ヨルダンボーダーまでは宿のオーナー?のTAXIで。
4人以上集まれば、1人5JDだけど、2人なので18JD。
死海に行きたいという日本人がいたので、ヨルダンボーダーまで一緒に行くことになり
人数が増えたので、若干割引で2人で16JD(≒¥2,300)に。

13B_3786.JPG
海抜0m地点。
ボーダーの近くはバナナ畑が広がる。

先日、同じおじちゃんの運転で死海に行ったときに、
「ごめんなさい」という日本語が話題になったから、覚えてるかきいたら、しっかり覚えてた!
さらに、この数日間で、ほかの日本人から習った日本語もメモしてあった。
着実に、毎日、単語を増やしているんだなぁ。

13B_3789.jpg
8:30ヨルダンボーダー着
門にいる軍人さんが、「僕は撮っちゃダメだけど、あいつ(警備員)はいいよ〜」と。

ヨルダンボーダーでの手続きはスムーズに終了。
でも、ボーダー間移動のバスが私たちの前で満席になってしまって、待たされる。
ボーダー係員のおじちゃんムハンマドさんとおしゃべり。
子供はまだいないと言ったら、「インシャーアッラー」と言われた。
今度、私も使ってみよう。
ムハンマドさんは、私たちとおしゃべりしたり、ベンチでごろんと寝っ転がって昼寝したり、
かなりゆる〜い雰囲気。
いつ次のバスが来るのか聞くと、「あと10分」「あと20分」と何度も言われ、
結局2時間待った。

10:30 イスラエルボーダーに向けて出発
ヨルダンボーダー→イスラエルボーダー (JETTバス)5JD(≒¥750)
posted by maricobabylon at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

ヨルダンイスラエル6-4 ハビーバのカナーフェ、再び

13B_3762.JPG
裏通りは、とっても静か。
ラマダン明けて、みんな、ごはん中かな?

食後はハビーバのカナーフェを買いに行く。前回は本店に行ったので、今回は支店へ。13B_3767.JPG
0.6JD(≒¥80) 前回の本店は0.65JDだった気がするから、支店のほうか安い?
前回はハードにしたので、今回はソフトに。
「蜜をかけるか」聞かれて、「ちょっと」と言ったけど、ジュワっとけっこうかけられた。

13B_3770.JPG
支店の前では、いつも人々がカナーフェを食べてる。
甘い! でも、やっぱり、おいしい!
ソフトの方が食べやすいけど、ハードの方が食感が好き。

ホテルの並びのお店でコーヒー買う。アルミの容器に貯めてある。
アラビックコーヒーは、アニスっぽい変な味がクセになる。
0.3JD(≒¥40)

本日の歩数……8,362歩
posted by maricobabylon at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル6-3 アカバ → アンマン イラキ食堂

14:30アカバ → 18:30アンマン(7th circle) 8.8JD(≒¥1,300)
14:30のバスに乗るには、14:00にチケットにスタンプを押してもらわないといけない。
(でも、スタンプはチケットの内容をチェックしているわけでもなさそうで、意図不明)
16:30 トイレ休憩
道中、ほぼ何もない。
ラマダン中なのに、まわりに遠慮せず、ジュース飲んだり、タバコ吸ってる人が、けっこういる。
King's Highwayは3車線幅あるけど、車線の線は書かれてない。

アンマン 7th circle → ダウンタウン TAXI 4JD(≒¥600)
セルビスはない(?)といわれ、TAXIに。
ダウンタウンが渋滞していて、ダウンタウンより手前でおろされる。

13B_3722.JPG
食べ物屋さん前にはラマダン明けに向けて行列。ジュースはビニールで買ってた。
「ラマダン」「ラマダン」言ってる人々が多く、ラマダン初日のラマダン明け前の興奮を感じる。

アンマンの宿は、先日も泊まったマンスールホテルへ。
13B_3725.JPG
3Fの部屋。洗面台の水がチョロチョロしか出ない。
水まわり汚い。トイレのドア、閉まらない。wi-fiのつながりは良い。

レストランイラキ食堂
13B_0996.jpg
宿の近く(左の左)の食堂。(写真はOPEN前)

13B_3749.JPG
夜になると、道にテーブルが出される。

なんだかよくわからないまま、ナス・チキン・ごはんのset(3JD≒¥450)が出される。
13B_3741.JPG
ナス・トマト煮込み。おいしい!

13B_3742.JPG
チキンごはん。どっしりとしたチキンがのってる。

13B_3744cut.jpg
おじちゃんと相席で食べた。

13B_3735.JPG
おじちゃんは、お肉や骨をネコに放ってた。

13B_3727.JPG
おじちゃんが、このデーツを全部くれた。

13B_3745.JPG
食べてたら、白い飲み物を男の子が持って来た。
しょっぱいヨーグルトジュース。
食べ物と一緒かと思ったら、別会計だった。0.25JD(≒¥40)
ラベル:イラキ食堂
posted by maricobabylon at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル6-2 アカバマリンパークでシュノーケリング! 

8:00すぎにアカバ到着!
アカバはヨルダン南部の紅海に面した港町。
サウジアラビア、イスラエル、エジプトが見える。

アカバマリンパークでシュノーケリングしたい!
でも、まずは、JETTバスのオフィスで、アンマン行きのバス予約をしたい。
JETTバスオフィスまでは、ちょっと遠いけど歩こうかなぁと思ったら、
タクシー運転手に声かけられた。JETTバスオフィス経由アカバマリンパークで5JD(≒¥750)

JETTバスオフィスはきれい! エアコンきいてる。
14:00のアンマン行きバスが満席で、14:30を予約。

アカバマリンパーク付近はタクシーが拾いにくいらしい。
タクシーのおじちゃんが、「迎えに来ようか?」と言ってくれたので、13時にお願いする。

位置情報アカバマリンパーク
きれいな公共ビーチ。Japanese garden(なぜJapaneseかは不明)という珊瑚礁が広がる。

13B_3657.JPG
8:30到着。

13B_3658.JPG
きれいな公共ビーチ!

13B_3663.JPG
東屋があって、いいかんじなんだけど、更衣室はないみたい。
トイレで着替えて海へ。

13B_3675.JPG
シュノーケルをレンタルしたいんだけど、ショップが開いてない。
近くにホテルがあるらしいから、歩いてたら、
後ろからシュノーケルを貸してくれるおじちゃんが追ってきてくれた。
レンタル7JD(≒¥1,050)

13B_3666.JPG
それにしても、全然、人がいない!
桟橋から入るのがよいのかと思ったけど、目の前の海がちょうど珊瑚地帯とのこと。

13B_3681.JPG
水中カメラがなくて残念。
浅瀬から、珊瑚礁が広がっていて、魚もたくさん!
とてもクリアで、すごくきれいだった!
小さい魚〜大きい魚、地味な魚〜少し鮮やかな魚、いろいろ!
大きくて透明なイカ4匹が、かっこよかった!

13B_3684.JPG
泳いでるときに、グラスボートが近寄ってきて、ちょっと恐かった。

13B_3711.JPG
今日から、いよいよラマダンスタート!
ビーチでこっそり朝食の残りの薄いパンを食べる。
でも、シュノーケルおじちゃんは、「ラマダンなんてしないよ〜。暑いし〜。」とガブガブ水を飲んでた。

13:00にタクシーでJETTバスオフィスへ。
タクシーは13:00の約束で、ぴったり13:00に来た! 
ラマダン初日だから、「ラマダン、ラマダン」とラマダン話題で盛り上がる。
TAXI アカバマリンパーク→JETTバスオフィス 4JD(≒¥600)
posted by maricobabylon at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル6-1 ワディラム → アカバ 

4:30頃、空が少しずつ明るくなり、星が見えなくなってくる。
13B_3611.JPG
5:30起床。
6:30アカバ行きバスに乗りたいから、実は急がないといけないかも……。
ベドウィンのおじちゃんに急いで朝食を作ってもらって、急いで出発。
朝食は薄いパンにチーズだったかなぁ。
朝は寒いから、ブランケットが役立った。

13B_3636.JPG
アカバ行きバス停まではテントから約15分。6:15到着。
バス停といっても、標識があるわけでもなく、バスを待つ人もいなくて、不安になる。

13B_3637.JPG
6:30すぎても、バスは来ない。
遠くから車の音が聞こえてくると、ドキドキする。

7:00すぎに、やっとバスがきて、一安心。
13B_3644.JPG
バスというより、20人乗りくらいのワゴン。
現地の人々で満タン。

13B_3647.JPG
運転手さんは、ベドウィンスタイル。
posted by maricobabylon at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

ヨルダンイスラエル5-4 世界遺産ワディラム 砂漠ツアー 満天の星の下で眠る

20:30夕食
13B_3582.JPG
チキンごはん。ヨーグルト。
砂漠では砂がオーブン代わりになるらしいけど、普通に火で調理したみたい。

13B_3586.jpg
みんなで小さいテーブルを囲んで食べる。
少なくなると、どんどんおかわりを盛ってくれる。

台湾人4人組は、とっても親切。
1か月の旅行中というから、学生さんかと思ったら、学校の先生だった。

13B_3593.JPG
食後はきのこ岩のふもとで、星観賞。
岩で寝転がってたら、ベドウィンおじちゃんがマットレスとブランケットを持って来てくれた。
星がありすぎて、よくわからないけど、iphone星空アプリで星座確認。
夏の大三角形(ベガ・アルタイル・デネブ)と天の川を覚えた。(上の写真に写ってるけど、わかるかな?)

13B_3598.JPG
21:30頃の北斗七星。
流れ星も何回か見えた。

13B_3605.JPG
けっこう風は吹いてるけど、寒さは許容範囲内。
せっかくだからこのまま外で寝る。
(きのこ岩の下の塊が、私)

外で寝ることになるなんて、思わなかったけど、
砂まみれになりながら、ヨルダンの星空の下で野宿するなんて、良い体験だ!


ベドウィンたちは、深夜まで携帯でおしゃべりしてた。
(ベドウィンもiphoneユーザー。小型蓄電器で充電)

本日の歩数……9997歩
posted by maricobabylon at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル5-3 世界遺産ワディラム 砂漠ツアー サンセット

19:30サンセットに向けて、18:00頃、山へ。
13B_3333.JPG
砂紋がきれい。

13B_3334.JPG
ベドウィンのおじちゃんに夕陽おすすめポイントをきく。

13B_3348.JPG

13B_3368.JPG

13B_3378.JPG
前方の山から、右を見ると夕陽。

13B_3418.JPG
18:30山着。

13B_3490.JPG
夕陽はすごいきれい!って程ではなかったけど、そこそこきれいだった。

砂漠で迷子になったら恐いから、急いで帰る。
戻ったら、テントは真っ暗。
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル5-2 世界遺産ワディラム 砂漠ツアー ぼったくり? テントにびっくり

13B_3319.JPG
テントに戻って、お昼ごはん。

事前情報では……
「ヨルダンの砂漠キャンプは、テントといっても、ベッド、トイレ、シャワー完備」
という情報しか見たことがなかったから、当然そういうものだと思って確認しなかったけれど……
13B_3312.JPG
なんにもない……。
とりあえず、ここで休憩するだけかと思いきや、ここで寝るみたい……。

13B_3314.JPG
台湾人4人、ベドウィン2人、私たち2人でマットを敷いて、雑魚寝するみたい。
「寝袋ある?」って聞かれる。いやいや、そんなの聞いてないし……。
ブランケットはちゃんとあるみたいで、ひと安心。

トイレは?……と思ったら、
「anywhere , you want」となんかちょっとかっこよく言われた……。

けっこうびっくりしつつも、きちんと確認しなかったし、仕方ない。
台湾人たちも、特に驚いてなくて、なんか自然に受け入れてる。
でも、この状況だったら、多分もっと値切れたなぁ。

13B_3311.JPG
ベドウィンのお兄ちゃんは、「紅茶いる?」とすごくこまめに聞いてくれる。
甘くておいしくて、何杯も飲む。

ここは、ちゃんとしたキャンプに泊まる人が、ジープツアーの合間に寄る休憩所でもある。
休憩に寄ったいろんな観光客(裕福そうなエチオピア人、ハワイ人etc)とおしゃべり。
「彼らは、ここに泊まるんだよ」とガイドに私たちを紹介されると、みんな「え、本当に?」と驚く。
「どこで予約したんだ?」ときかれ、「タクシーの運転手」と答えると、「oh!」と爆笑。

ちなみに、エチオピアより、ヨルダンの方が暑いらしい。びっくり。

13B_3322.JPG
きのこ岩陰でお昼寝してたら、風が強くなり、砂まみれになりギブアップして、テントに戻る。
全身じゃりじゃり。

13B_3326.JPG
テントから、砂をはきだす。
ラベル:ワディラム
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル5-1 世界遺産ワディラム 砂漠ツアー ジープツアー

7:30起床
9:00出発 
の予定だったけど、ロビーに行くと、砂漠ツアーを予約したタクシー運転手マフマドさんがいない。
フロントに「10時に行く」と電話があったらしい……。
マフマドさんに電話すると、「9:30に行く」と……。
待っていると、別の運転手さんが迎えに来て、途中でマフマドさんと合流。
すっごく飛ばした運転で約1時間、10:30頃ワディ・ラムに到着。
砂漠の入場料5JDもツアーに含むっていわれてたけど、そんなの払うところ、見当たらない。

位置情報ワディラム
月の谷。映画『アラビアのロレンス』の舞台。

★ワディラム砂漠ツアー(タクシー運転手に予約)
ジープツアー、宿泊、食事、送迎(ペトラ→ワディラム、帰りはアカバ行きバス停)、砂漠入場料?付き
50JD(≒¥7,500)

台湾人4人と一緒に砂漠ツアー。ジープに乗り換える。運転手さんも交代。

13B_3142.JPG
ナバテア人が書いたらくだの絵。2000年前?

13B_3146.JPG
広大!

13B_3154.JPG
このジープの荷台に座って移動。

13B_3156.JPG
ロレンスが休憩したところ。
ここの赤い砂はメイク用品になる?

ジープですごい坂をグワっと下る。アトラクションっぽくて、スリル満点!

13B_3187.jpg
かっこいい岩。

13B_3203.JPG
裏からなら登れるかなぁと思ったけど、ここは登れなそう。

13B_3210.JPG
奥の石橋を目指す。

13B_3226.JPG
石橋目指して登る。(岩が大きすぎて、私が豆粒)

13B_3231.JPG
けっこう高い!

13B_3255.JPG
ダイナミック!

13B_3294.JPG
人?
うっすらした絵だから、言われないと気づかないかんじ。

13B_3306.JPG
景色はずっと砂と岩。
砂と岩の色は、たまに変わる。
ものすごくたくさん大きい岩壁がある。
ジープツアーは石橋以外はそんなにハイライトはないけど、広大な砂漠を感じられる。
(2.5時間くらいで十分満喫)
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

ヨルダンイスラエル4-7 世界遺産ペトラ ペトラ・バイ・ナイト

ペトラ・バイ・ナイト 12JD(≒¥1,750)
ペトラ遺跡を夜間ライトアップ。エル・ハズネ前でベドウィン音楽を聞くイベント。

これが月・水・木 20:30〜。
せっかくだから見たい!
旅行計画を立てるときに、曜日縛りができてしまい大変だった。

チケットは、日中のチケット(2日券55JD)とは、別に必要。
少し安くなるセット券とか出してくれればいいのに……。

13B_3058.JPG
チケット売り場でお金を出すと、売り場のお兄さんがいきなりお金を持ってダッシュする。
仕方なく追いかけると、「冗談だよ〜」とこの表情……。びっくりした。

13B_3060.JPG
20:00に行ったら、まだ全然人がいない。空もまだ明るいなぁ。

13B_3064.JPG
20:30に日も暮れた。思ったより人も少ない。100人〜150人くらいかな。
ふんわりした誘導で移動開始。

13B_3072.jpg
ろうそくだけの真っ暗な道を、けっこうな勢いで歩く。

13B_3077.jpg
ろうそくは紙袋に包まれてる。

13B_3092.JPG
エル・ハズネ前には、ずらっとロウソク。
じゅうたんがズラっとしいてあって、順番に座る。
甘い紅茶が配られる。
べドウィンの歌と笛を聴いていると、睡魔が襲ってくる。

13B_3109.JPG
みんなでフラッシュをたいて、写真撮影。

13B_3115.JPG
北斗七星がクッキリ。

帰り道は、やっぱりつらい。
来たことを後悔するぐらい、つらい。がんばって歩く。

夜の遺跡を見れるのは、嬉しい。
ベドウィン音楽はそんなにあれだけど、でも、「光と音のショー」とかでなくて、よかった。
なんか、もっとよい出し物ってないかなぁ? 

本日の歩数……32,455歩!!! 歩いた!!!
posted by maricobabylon at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル4-6 ペトラ Three Steps Restraunt & Cafe 再び

17:30 夕食
ビール飲みたい! と思って飲めるお店を探すけど、飲めるお店は飲むだけのお店。
いや、私はごはんを食べながら、飲みたいんだ!

ということで、ビールは諦めて、おととい行っておいしかったThree Steps Restraunt and Cafeへ。
13B_3041.JPG
ファラフェル(豆コロッケ) 1JD(≒¥150)
フムス(豆ペースト)、ホブス(薄いパン)4枚ついて、このお値段はとってもお得だ!

13B_3039.JPG
もさもさチキン on スパイシーごはん 7JD(≒¥1,050)

13B_3038.JPG
ピクルスは攻撃的な味!

wi-fiを使えるかきくと、最初は有料と言われたけど、
あなたたちから無料にするわ〜♪ blogで宣伝してね〜♪ と陽気な店員さん。
OPENしたてで試行錯誤中らしい。

水1.5L、ビターレモンジュース 各1.5JD
11JD + 税1.1JD =12.1JD → 12JD(≒¥1,800)

20JDだしたら、8JDのお釣りがないみたいで、お店の人が、お店の前にいる人とか、
近所の人に小銭ないか?とききまわっていた。
けっこうちゃんとしたお店構えなのに、おつりを用意する習慣はないのかなぁ。

13B_3042.JPG
宿の下のお店で購入。ミリンダ 0.5JD(≒¥70)
やたらミリンダ飲んでる人のblogに影響されて、ずっと飲みたかった。

ちなみに、水1.5L 0.5JD(≒¥70)
posted by maricobabylon at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル4-5 世界遺産ペトラ くたくたエル・ハズネ → モーベンピック・アイス

15:30 エル・ハズネまで戻る。
13B_3022.jpg
エル・ハズネ前は、観光客がそれなりにいた。

13B_3031.jpg
昼間のエル・ハズネはこれで見納め。

13B_3021.jpg
エル・ハズネ下部。

13B_3032.JPG
エル・ハズネから門への道のりは、やっぱりつらい!!!
(今日はシークは日陰があった)
すごくへとへとで馬に乗ればよかった……と後悔しつつ、歩く。

13B_3033.jpg
有名お土産屋さん。
このお店の前にプレハブ郵便局があって、おばあちゃんに絵葉書を出す。
切手 1JD(≒¥150)
(※ちなみにおばあちゃんに届いたのは1ヶ月後……。まだまだ世界は広いなぁ。)

13B_3035.JPG
おいしいと評判のモーベンピックのアイス!
レモンライム味でさっぱり。
(2.1JD≒¥300) 高い!
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル4-4 世界遺産ペトラ thkraちゃん、再び

暑いし、もういろいろなとこに登るのは無理だなあと思いつつ、エル・ハズネ方面へ歩いてると、
昨日のthkraちゃんに、再び遭遇!

13B_2821.JPG
ちょっと奥まったひそかな観光ポイントに連れて行ってくれた。

13B_2834.JPG
今日もthkraちゃんは、私のカメラに夢中。
それにしても、顔、小さいなぁ。
ピンクのスカーフとマーブル岩がきれい。

IMG_7933mini.jpg
(thkraちゃん撮影)
私も穴に入ってみる。
中にはお菓子やジュースのゴミが……。thkraちゃんの休憩所なのかな?

13B_2844tate.jpg

IMG_7952mini.jpg
(thkraちゃん自撮り)
付箋で折り鶴を折ってあげてみた。ほんのり喜んでくれた。

13B_2888.jpg
ヴィクラちゃんと呼んでたけど、どんなスペルだろうと思って書いてもらったら、
「thkra」ちゃんだった。

13B_2905.JPG
お友達の男の子。この子も絵葉書売りさん。

IMG_8014mini.jpg
帽子・スカーフ・ロンTと、なんかおしゃれ。カメラが似合う。
売り物の絵葉書をほっぽって、カメラに夢中。

13B_2953cut.jpg
(男の子撮影)

IMG_8034mini.jpg
(thkraちゃん撮影)
砂がサラサラするところを撮ったり。

13B_2920.JPG
手足が長いし、表情も表現力豊かだし、モデルさんになれそう。

1時間くらい遊んで、お別れ。
thkraちゃんに写真を送りたいなぁと思って、住所を聞くと
bedwin villageと……。さすがにそれだけじゃ届かなそうだなぁ。

★ペトラ遺跡に行く方で、thkraちゃんに写真を届けてくださる方、メッセージ待ってます!
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル4-3 世界遺産ペトラ ペトラ洞窟博物館 

すでに暑い中、10,000歩以上も登ったり下ったりしたから、ゆっくり博物館で涼みたい。
涼しくない可能性も高いけど、ペトラ洞窟博物館を目指す。

13B_2685.JPG
博物館に向かう高台から見た高級レストランBasin。

13B_2692.JPG
「museum」と岩にペンキで書いてあった地点から、だいぶ登っても見当たらない……。
岩陰に日本人女子がいたから、博物館の場所をきいてみる。もう通りすぎてた……。

13B_2697.JPG
12時だし、景色もよいし、風も気持ちがよいので、お昼ごはん。

13B_2710.JPG
すごく快適なので、お昼寝。
さっき会った日本人女子、この先にあるレストランのおじちゃん、それ以外、全く人と会わず。
こんなに気持ちよい場所なのに、もったいない!

13B_2717.jpg
来た道を戻ったら、ちょっとへこんだところ?に、ペトラ洞窟博物館。 

13B_2718.jpg
予想以上に何もない。1分で見終わる。

博物館は行かなくてよいけど、その先の岩場は気持ちよくて、おすすめ。
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル4-2 世界遺産ペトラ ライオンモニュメントとか

13B_2569.JPG

13B_2600.JPG
ロードムービーっぽいかんじ。

13B_2608.JPG
エル・ハズネ? じゃないよね?

13B_2617.JPG
ライオンモニュメント?

13B_2633.JPG
ローマ兵のお墓。

13B_2641.JPG
10:30、ローマ兵のお墓の前で、ひとやすみ。

13B_2643.jpg
トリクリニウム?の内部。

13B_2675.JPG
マーブル岩。

13B_2678.JPG
犠牲祭壇〜庭墓〜凱旋門の左の道は、とにかくとにかく迷った。
人もほとんどいないし、道案内も少ないし、まぎらわしい道も多い。
たまに人に会うと、「こっちは道がなくなってたよ〜」と声をかけあったり。

気軽な気持ちで行くと、ちょっと大変な半日コース。
暑いし、すごく疲れたけど、いろんな景色を堪能!
posted by maricobabylon at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル4-1 世界遺産ペトラ 犠牲祭壇

7:00出発
だんなさんは死海や遺跡で、今まで日焼け止めも塗らずに、無防備に肌をさらしていたため
肌は真っ赤でヒリヒリヒリ。今日から長袖&手拭いで首を防護。

13B_2334.JPG
ペトラゲート前ネコ。

13B_2338.JPG

13B_2353.JPG
ネコとじゃれていたら、昨日もすれ違った日本人男性がきたので、おしゃべり。写真家さんだった。

13B_2360.JPG
車で水をまいてた。

13B_2390.JPG

13B_2395.JPG

13B_2429.JPG

13B_2450.JPG
昨日と同じところに、同じネコ。

13B_2465.JPG
8:00すぎ、エル・ハズネ。

13B_2483.JPG
今日は犠牲祭壇などがある左側の横道へ。

13B_2506.JPG
オベリスク?

13B_2512.JPG

13B_2519.JPG
小さく、います。

13B_2524.JPG

13B_2544.JPG
犠牲祭壇先の展望台。陽気な夫婦。普通に立ってるけど、すごい絶壁!

13B_2541.JPG
多分、この山のどこかの上にエド・ディルが見えた気がする。

13B_2561.JPG
犠牲祭壇。生贄になってみる。
posted by maricobabylon at 07:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

ヨルダンイスラエル3-8 ペトラ MYSTIC PIZZA

18時すぎに夕食へ。
サンセットホテルからペトラ遺跡側のレストランをチェック。
メニュー看板を見たり、店員さんの雰囲気を見て……

13B_2316.JPG
店員さんが、控えめで優しそうなピザ屋さん。

13B_2303cut.jpg
メタルTシャツが、かっこいい。

13B_2305.JPG
4種のピザ(M)8.5JD(≒¥1,250)

13B_2310.JPG
ポテト 2JD(≒¥300) マヨネーズがうすい。

水、コーラ250ml 各1JD(≒¥150)
税が足されて、14.5JD(¥2,120)

ビールが飲みたかったけど、ほとんどのお店でノンアルコールビールしかなくて、残念……。

19:30頃、水を買いに行くけど、外はまだ明るい。早めに寝る。

本日の歩数…25,843歩
ラベル:MYSTIC PIZZA
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-7 世界遺産ペトラ カメラ女子・ヴィクラちゃん

エル・ハズネ手前の日陰でグダっとしてたら、絵葉書売りの女の子がやってきた。

13B_2188.JPG
カメラが好きみたい。私のコンデジを操るヴィクラちゃん。13歳。

13B_2192.JPG
自撮りしてみたり。

13B_2249.JPG
すごく楽しそうに写真を撮る。
削除の仕方もマスターして、気に入らないものはガンガン削除。

IMG_7816mini.jpg

IMG_7818mini.jpg
ヴィクラちゃん撮影・ロバの目。

私たちをモデルにいろいろ撮ってくれた。
これだけカメラを楽しむカメラ女子は、なかなかいないのではないかというくらい楽しそう!

小一時間、遊ぶ。
最後に絵葉書をくれようとしたけど、楽しい時間を過ごせたし、せっかくなので買う。

14:00頃のエル・ハズネ近辺は、それなりに観光客がいる。
エル・ハズネから先は、もう暑くてヘロヘロだった。
特にシーク〜入口までのほんのり上り坂がきつい。
朦朧としながら宿に戻り、お昼寝。
日中は、シャワーの水が頼んでもないのにお湯。
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-6 世界遺産ペトラ 博物館、凱旋門

エド・ディルから戻る。
13B_2126.JPG
12時を越え、だんだんじわじわ暑くなってくる。

13B_2102.JPG

13B_2114.JPG

13B_2115.JPG

・ペトラ考古学博物館
13B_2127.jpg
ゆっくり涼みたいと思ったけど、

13B_2128.JPG
涼しくないし、ありがたいかんじもない。

・凱旋門
13B_2131.JPG
コスプレをした兵士と写真が撮れる。
(一緒に写真をとっても、お金は請求されない。)

ちなみに、トイレに紙くれる黒装束のおばちゃんがいるけど、チップは請求されなかった。

13B_2140.JPG

いろいろ宮殿の墓とか見に行こうかと思ってたけど、暑さでギブアップ。
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-5 世界遺産ペトラ TOP OF THE WORLDでランチ

13B_2014.JPG
エド・ディルの先には、いくつかのビューポイントがある。

13B_2024.JPG

13B_2035.JPG
全面ベージュでわかりにくいけど、断崖絶壁に立つ。

13B_2065.JPG
誰もいないビューポイント。

13B_2045.JPG
ヨルダン国旗がいいかんじ。

13B_2059.JPG
やっていないカフェ。日陰で風も吹いて、クッションあって、快適なので、ここでランチ。
ここが快適のピーク!(この後、暑くて死にそうに……)

13B_2051.JPG
サンセットホテルでお願いしたランチパック(4JD≒¥600)
うすいパンを丸めたもの×2、トマト、きゅうり、バナナ、お菓子クロワッサン、紙パックジュース
たっぷりあるから、ランチパックひとつで二人分のボリューム。

13B_2060.JPG
パンは、チキン入りとゴマチーズ入り。

13B_2070.JPG
いろんなところに石が積んである。私も積んでみた。

13B_2090.JPG
ちょっと離れたところから、エド・ディル。
なんか不思議。
posted by maricobabylon at 11:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-4 世界遺産ペトラ エド・ディル

エル・ハズネから、まっすぐエド・ディルを目指す。
馬やロバに乗らないかと声をかけてくる人もいるけど、みんなそんなにしつこくない。
(みんな「エル・ハズネ」ではなく「モナストリー」と呼んでた。)

13B_1900.JPG
柱廊通り。

13B_1923.JPG

13B_1930.JPG

13B_1938.JPG
少しずつ登っていく。

13B_1948.JPG
いろんなところにアクセサリーやスカーフを売るおばちゃんがいる。
でも、寝てたり、携帯で喋ってたり、やる気はない。
「ワンダラー、ワンダラー」と言ってるけど、本当にワンダラーなのかな?
$1(≒¥100)より1JD(≒¥150)の方が高いって、しっくりこない。

そして、ついに!
1時間くらい階段や上り坂を登って、へとへとになったけど!
13B_1958.JPG
位置情報エド・ディル
1世紀中頃、ナバタイ人が建てた神殿。高さ45m 幅50m

13B_1977.JPG
10:00到着(ゲートから2.5時間。順調)
大きくて、かっこいい!
でも、エル・ハズネを見た後だし、そんなに感動しなかったけど……。
先客が10人弱いたけど、みんな写真をとったら、じゃまにならないところから眺めるかんじで、
譲り合い精神がいいかんじ。
昔は登れたらしいけど、事故がおきて、今は登れず。

13B_1966.jpg
ちなみに、内部は特に何もない。
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-3 世界遺産ペトラ エル・ハズネ(宝物殿)ペトラ猫

13B_1726.JPG
位置情報エル・ハズネ(宝物殿)
ナバテア人の偉大な王の墳墓として 1 世紀初頭に造られた。
幅 30 m 高さ 43 m

13B_1736.JPG
8:10到着(ゲートから約40分)
バラ色といわれているけど、そんなでもない。中には入れない。
朝は影になってしまい、写真がいまいち。
ドーンとかっこよくはあるけど、そんなにじっくりみたいかんじでもない。
エル・ハズネの前はカフェになってて、なんかありがたみが薄まる。

13B_1782.JPG
お土産屋には子猫がたくさん!

13B_1786.JPG
警戒する子猫もいれば、

13B_1833.JPG
じゃれてくる子猫もいる。

13B_1845.JPG

13B_1854.JPG
しっぽがピーン!となってて、かわいい!

13B_1857.JPG

13B_1868.JPG
子猫たちがかわいすぎるけど、暑くなる前に先に進まねば……。
posted by maricobabylon at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-2 世界遺産ペトラ シーク

位置情報ペトラ遺跡
紀元前1世紀頃、ナバテア人が大都市を建立。アラビア付近の貿易を独占。
でも12世紀の十字軍以降、ヨーロッパに忘れられ、1812年スイス人の冒険家が再発見。
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、『トランスフォーマー/リベンジ』のロケ地。
新・世界七不思議。

入場料がとにかく高い。
1日券 50JD(≒7,300円)!
2日券 55JD(≒8,000円)!
3日券 60JD(≒8,800円)!
高すぎるから、世界一周しているバックパッカーは、けっこうすごい遺跡なのに、スルーする人も……。
他の人と使いまわせないように、名前が印字されて、再入場時はちゃんとパスポートで本人確認あり。

7:30出発
サンセットホテルからペトラ遺跡は徒歩5分くらいなんだけど、
ビジターセンターに行くのに、迷ってしまった。

13B_1634.JPG
せっかくはるばるやってきたので、2日券を購入!

13B_1636.JPG
ビジターセンターからゲートまでの間は、お土産屋さんが並ぶ。

13B_1640.JPG
まずは何もない道を歩く。馬くさい。まだ暑くない。
朝早いからか、観光客もとても少ない。

13B_1655.jpg
オベリスクの墓。

13B_1659.JPG
少しずつ遺跡っぽい岩になってくる。

13B_1670.JPG
ゲートからシークまで15分。
シークは1.2km。80mの絶壁の間の、かっこいい細い道。
風も吹いてるし、日陰だし、気持ちよい。

13B_1680.jpg
この道は自然にできたのか、切り拓いたのか?

13B_1683.JPG
投げ入れ堂?

13B_1690.JPG
石畳に朝日が反射。

IMG_7732mini.jpg
シークのこの道がかっこよくて、ペトラで一番お気に入りかも。

13B_1696.JPG
ネコポイント。ベンチが置いてあってくぼみがあるところ。

13B_1697.JPG
子猫かわいい〜。

13B_1703.JPG
カメラをバッグから出そうとガサゴソすると、「ごはんくれるの?」と期待した目で見られる。

13B_1720.JPG
シークの合間から、エル・ハズネ(宝物殿)が見えてきた!
posted by maricobabylon at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル3-1 ペトラ サンセットホテル 朝食 

6:00起床。
ペトラ遺跡は午後からかなり暑くなるだろうから、がんばって早起き。

13B_1628.JPG
サンセットホテルの食堂。一番ノリ。

13B_1623.JPG
薄いパン、固いパン、トマト、チーズ、ペースト。
オレンジジュース(甘い、冷たい)、紅茶、コーヒー(黒糖風味)。

13B_1625.JPG
ドバっとドサっと置いてある。

13B_1629.JPG
少ししたら、ゆで卵がでてきた。

13B_1626.JPG
ゆで卵用調味料。ちょっとスパイシー。何が入ってるんだろう?

13B_1632.JPG
食堂からは、ホテルの前の道と山が見える。
馬を放し飼いにして、赤い実(トマト?)を拾ってるおじさん(左下)が気になる。
posted by maricobabylon at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

ヨルダンイスラエル2-7 ペトラ three steps restraunt

サンセットホテルの人におすすめのお店をきいたら、ホテル左3件目?のthree steps restraunt
すすめられる。

13B_1611.JPG
最近できたばかりの、きれいなレストラン。
陽気なお姉さん(やせた友近風)が、フロアをしきってる。

13B_1594.jpg
17:00なので、まだ私たちしかいない。窓側の席が楽しい。

13B_1602.JPG
Kabsah Lamb? 7JD(≒¥1,000)
Lamb cooked w/rice,veg & local spices, nuts on top
羊肉が、羊臭さがない! お米は細長い! ナッツ嬉しい!

13B_1599.JPG
きゅうりヨーグルトを、ごはんと一緒に食べる。

13B_1604.JPG
Shik Al-Mahshe 8JD(≒¥1,150) ごはん付
yogurts,zucchini with minced lamb,vegetables & nuts
ん〜。lambとメニューにあったから頼んだけど、よくわからない。
ごはん?お肉?が葉っぱに包まれている。ズッキーニ詰もあり。

おいしかった! 満足!

Bitter Lemon Soda 350ml缶 
水 1.5l
各1.5JD (≒¥220)

サービス料 10%で19.8JD (≒¥2,900)

食後は、近所を散歩。
13B_1612.JPG
高級ホテルのモーベンピック。

13B_1613.JPG
このホテルのアイスがおいしいらしい。
満腹だから、後日、食べることに。

13B_1617.JPG
近所の雑貨店をチェック。
死海のバスソルト(3JD ≒¥450)、イスラエル石鹸(0.5JD ≒¥75)とか売ってる。
(でも、バスソルトは同じものが空港の方が安かった)

13B_1618.JPG
定番?チーズ。

本日の歩数…6,220歩
posted by maricobabylon at 17:00| 神奈川 🌁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル2-6 ペトラ サンセットホテル

ペトラには夕方(16時頃かな?)到着。

アンマンでマンスールホテルとかの安宿に泊まるバックパッカーは、
ペトラではワディ・ムーサのバレンタイン・インに泊まるのがお決まり。
でも、ペトラまでいちいちタクシーで行くのも面倒くさい。
バレンタイン・インは夕食バイキングとドミは安いけど、ツインはそうでもない。
∴ゲートに近くて、リーズナブルなサンセットホテルに。
(このホテルは「地球の歩き方」に掲載されていないからか、日本人には一組も合わず)

ホテルサンセット・ホテル
13B_1592.JPG
ホテル下には、sunrise supermarcketという雑貨屋さん。
部屋は日本からメールで予約済。
ツイン(バス・トイレ付)で25JD(≒¥3,700) クレジットカード利用可。

13B_1587.JPG
218号室。TV、扇風機、タオル、トイレットペーパー、石鹸あり。
ベッドもほどほどに柔らかい。
wi-fiは部屋で使えず、ロビーのみ。

13B_1590.JPG
シャワーが可動式で嬉しい。
洗面台の水道は、やっぱり変な形で使いにくい。

13B_3046.JPG
マンスールホテルに続き、トイレのドアはアコーディオンカーテン。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル2-5 ショーバック城

位置情報ショーバック城
丘の上にある12世紀の十字軍の城砦

ここは全然前知識もなく、期待もしてなかったけど、
迷路みたいで、すごい好きだった。

13B_1524.JPG
入口で名前とか記入。
入場料はいらなかった気がする。
(ここのベドウィンのおじさんが「コーヒーくれて、歌を歌ってくれて、5JD払う」
 と旅行記を書いてる人もいた)

13B_1535.JPG
全然、人がいない!

13B_1536.JPG
下にも部屋がありそう。

13B_1540.JPG
穴に入ると、コウモリ臭い。

13B_1545.JPG
けっこう広い。

13B_1546.JPG
石は積まれてるのか、転がってるのか、崩れたのか……

13B_1549.JPG
遺跡で細い道って、珍しい気がする。

13B_1560.JPG
突端まで歩いてみる。

13B_1566.JPG
昔はここから敵を見張ってたのかなぁ。
全面ベージュでわかりにくいけど、けっこうな高い場所です。

13B_1584.JPG
天井に穴があいてて、光が入って来る。
トンネルはよくわかんなかったけど、迷路みたいで楽しかった!

運転手さんが、ワディラム砂漠ツアーを安く行けるともちかけてくる。
ペトラのサンセットホテルのツアーを申し込もうと思っていたら、
それよりも安くできるといわれ、お願いする。
(これが後々、想像してたものとは違っていて……)

この後、雑貨屋さんで運転手さんが飲み物をかうときに、ついでに私もコーラと水を買ったら、
運転手さんが払ってくれた。ツアーに申し込んだからかな?
posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル2-4 Dana?自然保護区?

位置情報ダナ
自然保護区があるみたいなんだけど、ここはそうなのか、どうなのかわからず。

13B_1485.JPG
死海からDanaへの道のりは、岩がゴツゴツしてて、かっこいい!
ずっと何もなく、岩と砂しかないベージュの世界。

13B_1493.JPG
子供が店番してるお茶小屋のあるビューポイント。

13B_1508.JPG
景色は……ドバっと見渡せるけど……ここに来る道にあった岩山の方がかっこよかったなぁ。

13B_1487.JPG
タクシーは新車で快適。
運転手さんは、ひっきりなしに携帯でおしゃべり。
たまに大声になる。何をそんなに話すことがあるのかというくらい、ずっとしゃべってた。
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル2-3 死海で浮いた!

今回の旅のメインイベント! 死海で本を読む!

ヨルダンの死海沿岸はモーベンピックなど五つ星リゾートホテルが並ぶ。
最初は1日くらいリゾートホテルに泊まろうかとも思ったんだけど、
いろいろ行きたいところが出てきてしまったので、ちょっと寄るだけに。

位置情報死海
ヨルダンとイスラエルの国境。標高マイナス418m(地球で一番低い!)
海水の塩分濃度が約3%であるのに対し、死海の湖水は約30%の濃度!
なんで塩分濃度が濃いかというと、元々は海だった岩塩を含む台地が下にあって、
暑いから水分の蒸発が早いのと、流れ出る川がないから?

位置情報アンマンビーチ 16JD(≒¥2,400)
ロッカー 1.5JD(≒¥220 デポジット制、最初に5JD渡し、鍵を返すと3.5JD戻る)
プール・シャワー・トイレ・更衣室・ロッカー・レストラン・お土産屋さんあり。
13B_1351.JPG
近くに公衆ビーチもあるそうだけど、運転手さんに何もいわないと、ここに来るみたい。

13B_1350.jpg
更衣室もきれいで安心。
対岸に見えるのは、イスラエル!

13B_1367.JPG
着替えて、さっそく海へ。

13B_1369.JPG
欧米人観光客率が多い。裕福そうな現地人も。
アラビアンな黒ずくめのおばちゃんは、黒ずくめのままイスに座って、死海に足をつけてた。

13B_1373.JPG
浅瀬は砂ではなく、塩岩なので危険。ビーサンのまま海に入る。
海水をなめる。しょっぱいを通り越して、苦い!
塩の塊は、ホロホロに崩れる。

そして……
13B_1426.JPG
本当に浮いた!

13B_1399.JPG
本も読める!
「死海で新聞や雑誌を読む」のは定番だと思ってたんだけど、私たち以外、やってる人いなかった。

13B_1406.JPG
不思議〜! 楽しい!
意外とバランスをとるのが難しくって、クルっとひっくり返り、バタバタしてしまう。

13B_1448.JPG
ここの泥は有料(噂では3JD≒¥450)なので、自分で海の底の泥をすくって塗る。

13B_1475.JPG
泥はぬめぬめ。塗った後は、しっとりした気がする。

13B_1476.JPG
有料の泥は、真っ黒。

13B_1353.JPG
15分くらい海に入ってると、肌がヒリヒリしてくるので、プールへ移動。
死海 → プール → 死海 → プールと楽しむ。
なんだかプールでも浮くのでは?と思って試してみるが、もちろん浮かなかった。

想像通り、とっても楽しかった!

死海効果?で、この後、だんなさんのウオノメが劇的によくなる。

ここのレストランはビュッフェで14JD?(≒¥2,100)。
暑くて食欲もないから、食べず。
マンスールホテルでパンをもらっておけばよかったと後悔。

13B_1481.JPG
お土産の定番。エジプトにもあったなぁ。
砂を有効活用していて、元手もかからないし、よいと思う。

ここで今まで運転してくれたZiattさんとお別れ(睡眠不足のため)。
次の運転手さんに引き継ぐけど、お金は僕が渡してるから安心してよいと何度も言ってくれる。
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル2-2 ネボ山

マダバでモザイク工場(兼お土産屋)見学。
ここのモザイク作りは、とっても適当……。
モザイクする人たちは、やる気ないかんじ。
「ちょっと実演してみて」とセールスする人に言われても、ペンチで適当に陶器を割って、
その陶器のかけら一粒分しか実演してくれない。
昔はモザイクを直接貼り付けてたけど、最近は白い布に置いてひっくり返している。

13B_1298.JPG
死海の塩ぬられてみたり……。

位置情報ネボ山
モーセが神から授かった「約束の地」を見下ろしながら息を引き取った終焉の地。
そのとき120歳?   
入場料 1JD(≒¥150)
13B_1310.JPG
2000年にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がきた記念碑。

13B_1314.JPG
教会は、残念ながら修復工事中。

13B_1325.JPG
ネボ山といえば、これ。
青銅の蛇がまきついてるモーセの杖? 十字架じゃない?
これを見てると毒蛇に噛まれても死なない?

13B_1336.JPG
工事中のため、十字架は近寄れず。
思ったより、赤い。小さい。

13B_1329.JPG
死海とジェリコ(イスラエル・パレスチナ自治区)の町が見渡せる。
ネボ山は標高800m。死海は-400m。

13B_1339.JPG
モーセのお墓?

エジプトではモーセが生まれた井戸?に行ったし、モーセにはご縁があるなぁ。
ラベル:ネボ山
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 | Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル2-1 アンマン→マダバ 聖ジョージ教会

13B_1255.JPG
マンスールホテルの朝食は7:30〜。
宿人は、7:30に起きてきて、待ってたら、7:50頃に出てきた。

13B_1257.JPG
モサモサパン、ジャム、ゆで玉子、チーズ、紅茶。
運転手のおじちゃんは、紅茶にお砂糖をスプーン3杯!入れた。
そして紅茶に入れてかきまぜたスプーンを、そのまま砂糖入れにつっこんだ!
(これが普通の作法みたい)

宿人に「パン、持ってく?」と聞かれたけど、ごはんはどっかで食べれるかなぁと思い、もらわず。
(もらえばよかった……と後で後悔する)

今日の日程は
アンマン → マダバ(聖ジョージ教会)→ ネボ山 → 死海 → Dana → ショーバック城 → ペトラ
(2人で70JD≒¥10,500)

8:00すぎに出発。
運転手さんはZiattさん(マンスールホテルオーナー?)。
13B_1263.JPG
町を出ると、砂山が続く。

ガイドさんは、とにかくたくさんおしゃべりしてくれる。
JICAにお友達がいたり、日本語を日々、少しずつ、覚えている。
トルコの飴を、たくさんくれた。
弟さんも運転手兼ガイド?の仕事をしていて、マダバで会った。
Ziattさんから聞いたマンスールホテル情報…
「サーメルさんは、兄弟が亡くなったから、5日前〜昨日までヨルダンにいた。
ルアイさんは、今は働いてないけど、お金がないから、また来週から働くかも?」とのこと。
猛スピードの車が多いなか、あんまりスピードは出さない。

マダバ〜アンマンから南西に30kmの小さな町。
位置情報聖ジョージ教会 
モザイク画が有名。 1JD(≒¥150)

13B_1296.JPG
まだ朝早いからか、ほとんど人はいない。

13B_1266.JPG
教会の看板もモザイク。

13B_1269.JPG
教会の壁面は、ギリシア正教会特有のイコンらしい。

13B_1276.JPG
聖ジョージさん?

13B_1277.JPG
教会の地面には、ビザンチン時代(6世紀後半)に制作された世界最古のパレスチナ地図。
死海まで辿り着いた魚が、死海の水はしょっぱいなぁと引き返していっている。

13B_1289.JPG
モザイクにする意味ってなんだろう?
なんとなく素敵だから?
絵心なくても、どうにかなるから?
posted by maricobabylon at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

ヨルダンイスラエル1-11 アンマン ハーシェムレストラン&ハビーバ

13B_0993.jpg
「地球の歩き方」にのってるHashem Restraunt。
(わかいやすい場所にあるので、アンマンにいる間、迷ったときの目印になった)
地元民にも人気の食堂。

お店に入って行くと、お店の人に「MIX?」と聞かれたから、よくわからないけど注文。

13B_1234.JPG
MIX(ホブス(パン)、ホンモス(豆ペースト)2種、ファラフェル(豆コロッケ))
+コーラ細缶・水(500ml)で4JD(≒¥600)

13B_1238.JPG
パンにペーストをつけて、食べる。
ペーストはオリーブオイルまみれ。ペーストは2種類あって、辛いのと、ごまっぽいの。
パンはモフモフ。

13B_1229.JPG
ファラフェル、揚げたてでおいしい。
ファラフェルとパンは、お皿ではなく、紙にのってくる。

13B_1237.JPG
タマネギ、ミント、トマト。
タマネギは生だから、食べるとイーってなる。

13B_1240.JPG
コーラもアラビア語表記。

そして、「地球の歩き方」にのってるお菓子屋さん「ハビーバ」へ。
本店、支店ともに宿の近くにあり。今日は本店へ。

13B_1243.JPG
カナーフェ… 
薄く焼いた生地の間にクリームやチーズをはさみ、シロップやナッツ、クリームなどをつけて食べる
温かいアラビアのお菓子。
ハードとソフトあり。

13B_1247.JPG
ハードをノス(半分)でテイクアウト。 0.65JD(≒¥80)
とても甘いけど、おいしい!
温かいチーズにはちみつが、おいしい!

まだ18時すぎだけど、とにかく疲れてたので、就寝。
本日の歩数…16,830歩
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 | Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-10 アンマン ダウンタウンブラブラ 野菜スークとか

13B_1180.JPG
アル・フセイン・モスク近くの野菜果物スークへ。

13B_1185.JPG
ヨルダンの男性たちは、みんな「フォト!」「フォト!」と写真にとられたがる。

13B_1191.JPG

13B_1192.JPG

13B_1193.JPG

13B_1195.JPG
すいか!

13B_1202.JPG
0.5JD(¥75)ショップ。あんまりピンとくるものがない。

夏季の金曜のみ開催のジャラ・スークを探す。
13B_1210.JPG
ネコに誘われ、階段を登るが、この道ではなかったみたい……。

13B_1218.JPG
やっぱり裏通りにはゴミが多い。


posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-9 アンマン ダウンタウンブラブラ 鳥スークとか

13B_1120.JPG
アル・フセイン・モスク近辺をブラブラ。

13B_1117.JPG
たくさん露天が出てる。

13B_1123.JPG
古着?がたくさん。

13B_1135.JPG
金曜のみやっている「鳥スーク」

13B_1144.JPG
くちばしの長い鳥や

13B_1140.JPG
お化粧しているみたいな鳥や

13B_1149.JPG
クジャクっぽい鳥。

13B_1136.JPG
鳥のスークは表通りから1本入ったところにあるから、とても汚い。
ヨルダン人は、基本的にどこでもゴミを捨てる。

13B_1163.JPG
よくわからない甘い赤いジュース。0.3JD(≒¥50) ざくろ?

13B_1160_cut.jpg
ジュース飲んでる写真とってたら、変なおじちゃんが寄ってきて一緒に写真とる。
でも、腕?胸?のお肉をムギュっとされて、気持ち悪かった。油断大敵だ。

13B_1164.JPG
アル・フセイン・モスクの前に、何箇所かこれが置いてあった。
なんだろう?

13B_1166.JPG
屋台の下にネコ。足伸ばしてて、かわいい。

疲れたので、一旦、宿に戻り、お昼寝。
ラベル:鳥のスーク
posted by maricobabylon at 14:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-8 アンマン アンマン城

13B_1029.JPG
位置情報アンマン城 2JD(≒¥300)
標高850mのジャバルアルカラー丘の上に造られた城砦跡。
古代から宗教的・軍事的に重要な場所で、旧約聖書にも登場。
ローマ時代のヘラクレス神殿、ビザンチン時代の教会、ウマイヤ朝時代の宮殿の跡などあり。

アンマン城はダウンタウンの高台にある。
歩いていこうと思えば歩けるらしいけど、暑いし、坂を登るのはつらい。
行きはタクシーで行こうと思ったのに、タクシーがなかなかつかまらない……。
やっと、つかまったタクシーに「アンマンキャッスル」と言ってもなかなか通じない。
「キャッスル」ではなく、「カッスル」と発音してた。
「シタデル」のアクセントは、「シ」ではなく「デ」。

ダウンタウン→シタデル TAXI(メーター)1.1JD(≒¥150)

13B_1037.JPG
とにかく暑い! 日差しが強い!

13B_1040.JPG
町は全般的に、ベージュ!
「地方自治体法により、すべての建物の外壁を地元で取れた石から作ったセメントで塗ることが
 定められています」by ヨルダン政府観光局
ローマ劇場(2世紀に建造、ヨルダン最大)も一望!

13B_1051.JPG
2世紀のヘラクレス神殿跡。

13B_1055.JPG
ちょっとわかりにくいけど……
世界一大きい?ヨルダン国旗(縦30m×横60m)。

13B_1061.JPG
けっこう遺跡が残ってるし、すごいんだろうけど、
ダウンタウンから近いからか、とにかく暑いからか、
ありがたみを感じられない……。

13B_1077.JPG
暑くてつらいけど、空が青くて気持ちよい!

13B_1086.JPG
現代美術? ヘラクレス像の手?

アンマン城内の国立考古学博物館。
クーラーを期待するが、残念ながら中も暑い。イスもない。
13B_1090.JPG
シュールな噴水。

13B_1097.JPG
こちらもシュール。

死海文書とか、いろいろな時代のけっこう価値あるものもあったみたい。

13B_1099.JPG
帰りは歩いて帰る。博物館の近くで鳥に餌をあげてた係員さんに道をきく。
博物館近くに下りる階段がある。

13B_1107.JPG
時折迷いつつ、無事ダウンタウンに戻る。
すごくのど渇く。
すごく乾燥してるから、汗はかかない。
posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-7 アンマン 初シュワルマ!

おなかがすいたので、お昼ごはん。
13B_1007.jpg
宿の近くの道でシュワルマ食べていた人に、どこで買ったかきいて、
宿の並びのシュワルマ屋さんへ。

13B_1008.JPG
シュワルマは、ケバブ。
メニューにはbeefとチキンがあったけど、多分、チキン1種類しかクルクルしてなかった。
グルグルまわるお肉をそぎ切って、ラップロール?にして、暖める。
包丁、大きい! おじさんも、大きい!

13B_1014.JPG
インパクトある店員さん。笑顔が素敵。
0.65JD(≒¥100)
にんにくクリームチーズ味でおいしかった。

13B_1016.JPG
King Faisal St.×Hashemi St.の角にあるにぎわってる両替屋さんで両替。
大金でドキドキ!
¥100,000 → 690JD (1JD=¥146.8)
$340 → 1190NIS (1NIS=¥29.3)
NIS=New Israel Sheqel=シェケル イスラエルの通貨
イスラエルで両替する時間がないので、あらかじめ両替。
(イスラエル国境は、とっても両替率が悪い。去年は1NIS≒¥20だったのに……)
両替屋さんのおじさんは、20世紀少年に出てきそうなマフィア顔。

13B_1017.JPG
ダウンタウンのアル・フセイン・モスク。イスラム教信者しか入れない。

13B_1019.JPG

13B_1021.JPG

13B_1022.JPG
マネキンもスカーフを巻いてる。
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-6 アンマン マンスールホテル

スーパーC-TOWNから、ダウンタウンのマンスールホテルまでTAXIで移動。
「ローマ劇場だよ」、「ここらへんはゴールドショップだよ〜」など案内してくれる。
そして、「宿の近くだよ〜」とおろされる。
タクシー代 メーターで2JD弱(≒¥300)

13B_0995.JPG
しかし、どこで下ろされたかよくわからなくって、グルグルと近くを探す。
地図を見ると、近そうなんだけど……。
ファラホテルの前にいた人々にきくと、「すぐそこだよ〜」と説明される。
ぐるっと付近を1周するが、見つからず。
再びさっきの人にきいたら、ホテルの近くまで連れて行ってくれた。

13B_1000.JPG
マンスールホテルは、何度か通り過ぎていた道の奥にあった。
「地球の歩き方」の地図だと、ホテルの位置がページの谷間でわかりにくい。
King Faisal St.側からしか入れない。

13B_1001.JPG
日本からBooking.comで予約していったのは、マンスール(コーダ)ホテル。

なんでコーダホテルかというと……
2004年、日本人のバックパッカー・香田 証生さんがイラクで拘束され殺害された。
香田さんがイラクに行くバスチケットを手配した宿人サーメルさんが、その後まかされたこのホテルに
追悼の気持ちをこめてコーダホテルと名づける。
サーメルさんは日本人パッカーの有名人。詳しくはコチラ

日本人大好きだったサーメルさんは、今は日本人女性と結婚して、日本に来て、一男一女?がいるらしい。
その後を継いだ日本人が大好きなルアイさんも、今はいないみたい。
ほぼ日本人宿になっているときいていたけど、日本人も見当たらず、ただの安宿というかんじ。

13B_1003.JPG
105号室(リビングの近く)
ベッド固い。ファンで、それなりに涼しい。

13B_1250.JPG
シャワーの勢いはない。トイレ水槽にはフタがない。

13B_1252.JPG
洗面所の水道の位置が高くて、びちょびちょになる。

13B_1248.JPG
部屋で充電できる。(コンセントはCタイプ)

13B_1004.JPG
ヨルダンのお金。お札は数字が片側にしかなかったっけ?(もう片側はアラビア数字だったかな?)
小銭は5と10が、大きさも色もほぼ同じで見分けるのが大変。
数字はすごく小さく書いてあるだけ。アラビア数字は大きく書いてある。

13B_1006.JPG
明日はマダバ、ネボ山、死海を巡って、ペトラに行きたい。
効率よく巡るにはタクシーがいいみたいだから、タクシー手配をフロントでお願いする。
2人で70JD(≒¥10,500)
お金は前払いだけど、領収書をくれるわけでもないので、念のため写真撮影。
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-5 アンマン到着! バスで町へ

アンマン10:25着。
入国カードいらない。VISAもいらない。
外国人の多い左側の方に並んでたら、さんざん並んだ末に、間違えていて右側の列へ。
空港係員はお友達(男性)同士でチュッチュッチュッチュしていて、のんびり。
名前の呼び方を確認したり、愛嬌あり。
急いで両替。とりあえず、¥20,000両替。→127JD(1JD=¥146.8)

13B_0967.JPG
11:00のバスにギリギリ間に合う。
エアポートバスは、空港を出ると目の前にある黄色いバス。3.25JD。

13B_0970.JPG
バス、きれい。

13B_0971.JPG
道は舗装されていて、けっこう都会だなぁ。

13B_0975.JPG
11:40頃、7th サークルの次のベニハナ前で降りる。

近くにあるであろうスーパーC-MARTを目指す。
迷ってたら、親切な人たちが道を教えてくれた。

13B_0982.JPG
移動遊園地が目印。

13B_0987.JPG
物価とお土産チェック。
お水(1.5L)購入。0.35JD
金曜日はお昼までらしく、店員さんにとても丁寧に退店を促される。
posted by maricobabylon at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-4 アブダビ→ヨルダン

EY513便 アブダビ 08:15発 → アンマン 10:25着 A320-200 席3-3

13B_0945.JPG
黒い機体がかっこいいF1モデル。
(2009年からアブダビグランプリがあって、エティハド航空が冠スポンサー)

13B_0953.JPG
映画『ミッドナイト・イン・パリ』 ウディ・アレン監督
アメリカ人がパリで、ピカソの時代にタイムトリップしたりするお話。
ウディ・アレン感たっぷりで、いいかんじ。
ロダンの説明してた女優さんは、サルコジ妻のカーラ・ブルーニだったのか。

13B_0954.JPG
朝食(洋食)ふつう。

13B_0955.JPG
洋食(アラビア食)ふつう。




posted by maricobabylon at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-3 アブダビトランジット

アブダビ到着。4:30着のはずが、なんでだか、2:30着。
4時間のトランジットが、6時間……。

13B_0907.JPG
窓からチラチラ見えてた飛行機の翼のサッカーボールの絵。
なぜ、サッカー?
(飛行機の翼のことを羽と言ったら、怒られた)

13B_0923.JPG
アブダビ空港、かっこいい!

13B_0933.JPG
空港内が寒すぎる!
みんなブランケットを借りて、くるまる。
寒さに強そうな外国人のみなさんも寒がるくらい、寒い!

13B_0938.JPG
足をのばせるベンチもあるので、寝たり本を読んだり。

13B_0928.JPG
だんなさんが魚の目シール貼る。
穴のあいた保護シール貼って、薬のついたシール貼って、さらに保護シール貼る。
これだけ保護されても、痛いものは痛いらしい。

空港内は特になにもない。
インドやエジプトにもあったCOSTA COFFEE(イギリスの会社)あり。

13B_0939.JPG
19:15がBOARDING TIMEなので、少し前にGATEに行く。
GATEのまわりは免税店だけで、ベンチなし。
GATEには係員がいて、BOARDING TIMEぴったりになった行き先の人のみ中に入れてもらえた。
posted by maricobabylon at 02:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

ヨルダンイスラエル1-2 成田→アブダビ

13B_0855.JPG
夜の空港はすいてるなぁ。

今回の旅は久々に、航空券とホテルをそれぞれ自分で手配。
最近の航空券事情はよくわからないけど、ネットで検索して、flightshopで予約。
2013/07/04(木) EY871便 東京(NRT)21:20発 アブダビ 04:35着
2013/07/05(金) EY513便 アブダビ 08:15発   アンマン 10:25着
2013/07/14(日) EY516便 アンマン 16:00発   アブダビ 20:00着
2013/07/14(日) EY878便 アブダビ 21:50発   東京(NRT)13:00 **07/15(月)着
航空券代金 70,000円
燃油チャージ 42,000円
外国諸税 10,650円
空港施設使用料(日本) 2,540円
合計 125,190円

エミレーツ航空の羽田発ドバイ経由もあるけど、乗継時間が長くて不便。
カタール航空もあったけど、エティハド航空が値段・時間的にちょうどよかった。

*************************************
EY871便 東京(NRT)21:20発 → アブダビ 04:35着 A330 席2-4-2

13B_0863.JPG
エティハドのスチュワーデスさんは、エミレーツ同様、帽子からピラーっとした布をたらしてお出迎え。

13B_0865.JPG
ブランケットはシマシマ。

13B_0871.JPG
ポーチかわいい。柄は2種。

13B_0876.JPG
離陸前はなんかアミューズメントっぽい照明だ!
(でも、この照明は東京発の時だけだった気がする)

乗車率50%。窓側の2席。後席に人がいないので背もたれ倒せてゆったり。

13B_0875.JPG
機内食は、和食・洋食・アラビア食(ハラール認定あり)
二択じゃなくて、三択!
やっぱりアラビア食ははずせないし、変な和食も気になるし……。
飲み物ラインナップが豊富で、白鶴やカプチーノまで選べる。

13B_0879.JPG
アラビア食。当たり。
チキンビリヤニ、スパイス入りバスチマライス。

13B_0882.JPG
日本食。はずれ。
ワカメサラダおいしい。でも、ワカメだらけ。

13B_0878.JPG
映画ダイ・ハード ラスト・デイ
息子がCIAになってた。
飛行機がすっごい揺れてたから、カーアクションの臨場感たっぷり。
いまいち話に引き込まれず、途中で寝る。

13B_0890.JPG
和食。おかゆ。味がない。

13B_0894.JPG
アラビア食。シャクシュカ。クミン風味のスクランブルエッグ。
ブルガリアヨーグルトが嬉しい。
posted by maricobabylon at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンイスラエル1-1 成田空港

13B_0807.JPG
17時頃出発。
10年以上ぶり?のバックパックでの海外旅行!
トランクがないって、身軽だ!!

13B_0819.JPG
駅の近くにつばめ。
毎日のように通ってるのに気づかなかった。

13B_0824.JPG
成田空港への電車のシートは、飛行機柄だ!

13B_0832.JPG
今回は初・UAE国営のエティハド航空!
アブダビ経由!

13B_0834.JPG
空港には愛ちゃん。
オリンピック招致でいろいろ写真スポットあり。

13B_0844.JPG
七夕が近いからお願い事書けた。
空港だからか、お願い事は「楽しい旅行になりますように」が大多数。

13B_0854.JPG
マックで腹ごしらえ。
マックダブル¥190(お肉2枚、チーズ1枚)
相変わらずメニュー写真との違いが……。

成田空港もどんどんいろんなお店ができてる。
PORTARの西郷隆盛バッグがかわいいけど、ふざけてる布バッグに¥10,000以上は出せないなぁ。

さぁ、出発というときに、だんなさんに魚の目ができたことが発覚。
人生初・魚の目が、なぜ、今。
念のため魚の目用テープ買う。
posted by maricobabylon at 17:00| 神奈川 🌁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

IL PACIOCCONE DI CHIANTI @チッタデッラ川崎

春に退職してしまったパート仲間3人を含めて、7人でランチ。
久々に会えて楽しい。KDさんのおなかも、ほんのりふくらんできた。

川崎は女子会ランチをするお店が少ないなぁと思っていたんだけど、
最近やっとお気に入りができました!

IL PACIOCCONE DI CHIANTI
会社の裏側から行くと、5分もかからないことを発見!

★ランチコース ¥1,890
[前菜・ピッツァ、パスタ、メイン料理よりお好きな2皿・本日の自家製ドルチェ3種盛り合わせ・カッフェ]IMG_7719.JPG

IMG_7722.JPG

IMG_7723.JPG
ボリュームたっぷりで、おいしかった!
お昼休憩中だと、急ぎ足だけど、また外ランチいいかも!
posted by maricobabylon at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 川崎グ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

最近のごはん〜今年の夏は鰹etc.

「今年の鰹はおいしい!」ということで、6月は頻繁に鰹を食べた。
13B_0669.JPG

13B_0704.JPG

13B_0716.JPG
朝採れ鰹とかも食べる。確かにおいしい気がする。
ベランダしそが大活躍。

13B_0751.JPG
最近のお気に入りは、豆腐生クリーム味噌グラタン。
レバーとエビをのせてみた。

IMG_7710.JPG
最近のお昼はカルボナーラをよく食べる。
生クリームがないときは、牛乳+味噌でコクが出る。

13B_0722.JPG
定番お菓子、水切りヨーグルトチーズケーキ。安心のおいしさ。
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ★料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。