2009年05月18日

第6回灯台フォーラムレポート(簡単版)

遅ればせながら、先月開催された「第6回灯台フォーラム」レポートです。
対外的に書いたレポは燈光という灯台誌(!)に掲載予定。
09A_1275cut.JPG
【総括】
灯台フォーラム・・・灯台ファンが集まり、文化・歴史・美的観点から語り合うイベント
日時:2009年4月19日(日)13:00〜19:00  会場:藤沢産業センター(研修室)
参加者:約70名(20代〜80代、全国から灯台ファンが集結!)
参加費:5500円(灯台グッズ・軽食代込み)
→これは、けっこう敷居が高い値段じゃないかと思ったけど、
 ¥2500の軽食(お酒含む)と灯台グッズいろいろもらえて、かなりお得。
 会場代・飲食代などで、ちょっと赤字・・・のサービスイベントでした。
【スケジュール】
第1部・・・灯台を愛する5名の方の講演(講演詳細は下記に)
13:00 ライトハウス・ラバーズ活動報告 世話役代表 山口義昭 
13:15 「灯台に泊ってみませんか? おすすめの宿アメリカ/イギリス編」
    灯台写真家 三野富士雄
13:50 「帆船日本丸男性合唱団の紹介」キャプテン 大町正人
14:15 「灯台との出会い」灯台画家 小林盛幸
15:00 「今津灯台と大関酒造」大関酒造 垣内泰博
15:40 「灯台への想い」 舞台振付師 不動まゆう
16:20 質疑応答、記念写真撮影など
第2部・・・立食パーティ(講演者・参加者が和気藹々とおしゃべり)
16:40 軽食懇親会、灯台グッズプレゼント(特賞は約8000円の光る灯台レプリカ)
19:00 終了(最後はみんなで『喜びも悲しみも幾歳月』を歌います)

【第1部詳細】
@ライトハウス・ラバーズ(灯台ファンの会)活動報告 世話役代表 山口義昭氏
★毎年恒例の灯台ツアー(2008年)・・・鳥羽志摩灯台巡り
 ・菅島灯台、大王埼灯台、安乗埼灯台を巡る。
 ・鳥羽市長訪問。「灯台を観光名所としていかに有効活用すべきか」意見交換。
★灯台愛好家を集めた親睦会の報告

A「灯台に泊ってみませんか? おすすめの宿アメリカ、イギリス編」灯台写真家・三野富士雄氏
09A_1243.JPG Marshall%20Point.jpg
・1992年、灯台ユースホステル(アメリカ)宿泊きっかけで、海外の灯台の虜に。
・アメリカ灯台の保存・活用の歩み
 1960年〜1980年頃、灯台の無人化・自動化がすすむ。
 財政難のアメリカ政府は、民間の団体や個人に灯台を貸出、払い下げ。
・1996年、メイン・ライト・プログラム(メイン州)誕生。
 約30の灯台に引受団体をコーディネートし保存・活用するプログラム。
 調印式に当時の大統領(ビル・クリントン氏)が出席。
・上記の経緯で、アメリカの灯台は宿泊可能施設が多い。
・スライドを見ながら海外のおすすめ灯台を紹介。
 ★小さな島でロマンティックに過ごしたい→イースト・ブラザーB&B(カリフォルニア州)
 ★灯台で結婚式を挙げたい→ライトハウス・イン(マサチューセッツ州)
 ★昔の灯台守の暮らしに憧れている→ローズ・アイランド(ロードアイランド州)
 ★赤毛のアンが愛読書→ウェスト・ポイント(プリンス・エドワード島)

B「帆船日本丸男声合唱団の紹介」キャプテン 大町正人氏(元ボニージャックス)
09A_1246.JPG
・「灯台ではなく、東大病院からきました」の軽いジョークからはじまる。
・さすがに、お話がうまく、海にまつわるお話など貫禄のあるお話ぶり。
・シーシャンティ→海の男の歌

*「灯台との出会い」灯台画家・小林盛幸氏
09A_1249.JPG 09A_1293.JPG
・テーマを「光」に定め、いろいろな光の作品を描く。
 その際、灯台の絵を描き、灯台について調べるうちに、のめり込む。
・スライドでいろいろな画家が描いた灯台の絵を紹介。
・over70に見えない若々しい小林さん。素敵です。 

C「今津灯台と大関酒造」大関株式会社名誉会長 長部文治郎(VTR)
09A_1258.JPG imazu_img04.jpg
1711年・・・大関酒造 創醸(創業)
1810年・・・神戸・今津港に「大関酒造今津灯台」建設(★現存する日本最古の灯台!)
1968年・・・日本の洋式灯台点灯100年記念年に航路標識として海上保安庁から正式に承認
2010年・・・創建200年イベントを開催予定(『ライトハウス・ラバーズ』とコラボで
     緑の光が灯る今津灯台レプリカが発売中)

D「灯台への想い」舞台振付師・不動まゆう
09A_1265.JPG
・レンズ萌え。孤高の灯台にゾッコン。
・フレネルレンズ・・・昔、仏・英から輸入。その後12年前までは日本でも製造。
 現在は製造停止(耐震性耐久性に優れるLEDライトなどが使用される)
・灯台を観に行く時は、灯台表(海上保安庁刊行・約8000円!)が便利。
・美人女性アーティストが語る灯台マニアぶりに、会場はドっとわきました。



posted by maricobabylon at 11:30| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。