2010年12月18日

言葉の森

甥っ子たちが、不思議な習い事をしている。

言葉の森」という、電話と手紙で通信教育。
文章がうまく書けるようになる勉強。

週1回先生から電話が入ってきて、その週の作文テーマに対して、
先生が子供のエピソードを引き出し、電話を切ったすぐ後、子供は作文を書く。
それを次の日投函すると、1週間くらいで添削されて帰ってくる。

作文のコツは、いろいろあるみたいだけど、「情景で終える」のが、ワザみたい。

「・・・・・・と思いました。」で作文は終えがちだけど、
情景で終わらせると、例えば・・・

「コーヒーからは温かそうな湯気がでていました」

ん。小学生が作文でこんな終わり方したら、すごいかも。

・・・とうまく説明できないなぁ。
私も小さい頃、こんな勉強してれば、もっとちゃんとしたblogになったんだろうなぁ。


ラベル:言葉の森
posted by maricobabylon at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。