2011年09月18日

横浜トリエンナーレ @横浜美術館

横浜トリエンナーレ開催中ということで、横浜・桜木町へ。
IMG_4727.JPG
カップヌードルミュージアムも昨日OPENだから、駅前では無料でカップヌードルを食べられる大行列が・・・。
(ちなみにHPが佐藤可士和っぽい雰囲気だなぁと思ったら、可士和プロデユースだった・・・)

横浜でだいたい3年に1度行われている芸術イベント「横浜トリエンナーレ」。
(トリエンナーレ・・・3年に1度(イタリア語)
untitled.bmp
チケット¥1,800(横浜美術館、BANKART、新港ピア、黄金町ピア共通券)

まずは横浜美術館へ。
お天気の良いお出かけ日和だからか、たくさんの人!
IMG_4749mini.jpg
ずらっと並ぶ、ウーゴ・ロンディノーネ・十二体の置物
IMG_4748mini.jpg
12星座を表しているらしい。よくわからないけど・・・。高さは2mくらい。

IMG_4730.JPG
階段沿いにあった前田 征紀の作品。

IMG_4731.JPG
ウィルフレド・プリエト「One」
2800万個のイミテーションダイヤの中に、1個の本物のダイヤがあるそうだ。

IMG_4733mini.jpg
冨井大裕「ゴールドフィンガー」
ただひたすら画鋲が並んでいるだけなんだけど、キラキラきれい!
こういう自分でも身近なもので再現できるアートっていいですね。

IMG_4736mini.jpg
トビアス・レーベルガー「他者」
青とガラスがきれいな電球。
とてもきれいで好き。
ただのきれいな電球かと思っていたら、別の所にある家と繋がっている電球で、
その家の子供部屋の電気が消えればここの電球が点くらしい・・・。

IMG_4739.JPG
マイク・ケリー「シティ」
スーパーマンの故郷である架空の宇宙都市カンドールを象ったものらしい。
真っ暗な小部屋で光る街。ピンとこなかったけど、写真栄えする作品だなぁ。

IMG_4743.JPG
八木良太のレコードろくろで陶芸
レコードプレーヤーは、ケーキのデコレーションにケーキ台の変わりに使えるなぁ。

IMG_4744.JPG
イサム・ノグチ「真夜中の太陽」(
神社に置いて、くぐりたいなぁ。

IMG_4737.JPG
尹 秀珍(イン・シウジェン)「ワンセンテンス」
IMG_4745.JPG
ひとつの缶に1人の1枚の洋服を切ったものがグルグル巻かれて入ってる。×108人。

IMG_4746.JPG
オノ・ヨーコ「TELEPHONE IN MAZE」。ガラスのプチ迷路の先には・・・
IMG_4747.JPG
オノ・ヨーコから電話がかかってくるかもしれない電話。
残念ながら、鳴らず・・・。

他にも横尾 忠則「黒いY字路」や荒木 経惟の写真、白い壁?、蝶で作ったモザイクガラスっぽいもの、
工事現場みたいなオルゴール、暗い部屋でゆっくり動作する女性、など、いろいろありました。

ルネ・マグリット 「王様の美術館」(横浜美術館所蔵)もかっこよい。

循環バス(15分くらい待ち)でもう一つのメイン会場であるBankARTへと移動。
途中、カップヌードルミュージアムの横を通る。賑わってた。


posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 美術館・博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。