2011年09月18日

横浜トリエンナーレA BankART Studio NYK

日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK) 
日本郵船ときくと郵便局の船かな?なんて思いがちだけど、
株式会社日本郵船は、日本を代表する大手3大海運会社のひとつ。

入場すると、ドドンとあるのが、
IMG_4752.JPG
デワール&ジッケル「untittled」
粘土で作ったカバ。いいかんじ。乗りたい。

IMG_4753.JPG
山下 麻衣+小林 直人「大地からスプーンを生み出す」
この砂山の上のスプーンは砂浜から砂鉄を集めて作ったらしい。
その模様がビデオになってた。
「棒たおし」遊びをしたい気持ちを抑える・・・。

IMG_4755.JPG
リナ・バネルジー「お前を捕まえてやるよ、おじょうちゃん!」

IMG_4756.JPG
リヴァーネ・ノイエンシュワンダー「プロソポピーア」
卵? すごく注意して触らないといけない・・・。
IMG_4757.JPG
灯りに近づけると、文字が見える。
IMG_4758.JPG
お餅に字が書いてあったり。
(お餅だと思ってたけど、石鹸かも?)
IMG_4760.JPG
わさびの粉の上にダンボールローマ字があったり。
なぜ、わさびの粉?

IMG_4761.JPG
薄い木彫りのネコ。
「ネコふんじゃった!」をイメージしてるのかな?

IMG_4763.JPG
映像作品。3Dのように見える果物がずっと迫ってくる。不思議。

IMG_4764.JPG
ヘンリック・ホーカンソン「倒れた森」
木は横にしても、育つのかなぁ。

クリスチャン・マークレー「THE CLOCK」がすごい。
今回のBankARTの展示でダントツに話題だったらしい。

最初はただの「時計」の映像のコラージュだと思ってみてた。
でも、その時計のほとんどが17:30頃だなぁ。
あ、もしかして、現在の時間とシンクロさせてるんだ!と気づいて、ビックリ!
ニコラス・ケイジが一瞬出てきた。

24時間のビデオ作品で、映画から時計などの時間を表す道具に関わる場面ばかりを、
何千枚も切り取り編集したらしい。
クリスチャン・マークレーさんのインタビュー→コチラ

IMG_4770.JPG
予約制で体験できるイェッペ・ハインの作品。
てっきりモワモワは冷たい蒸気が出てくるのかと思ったら、
暖かかった。
なんだか歌番組の芸能人気分?が味わえます。
一度、モワモワすると5分休憩なので、予約が必要。

現代アートって、よくわかんないものもあるけど、楽しくなるものもあり、
いろいろで面白い。
今回は「写真が撮れる」というのが、ポイント高い
現代アートって写真とってこそな気がするし。

なんかよくわかんない上に面白くもなんともないと思う作品って
かなりの人が共通して思うのではないかと思うけど、どうなんだろう?

基本的に観て楽しかったり、ぐっとくるのが一番だけど、
それが無理な作品は意図を書いておいてくれると嬉しいんだけどなぁ。


posted by maricobabylon at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 美術館・博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。