2011年11月10日

『グラスホッパー』伊坂幸太郎

先日読んだ『マリアビートル』の鈴木は、『グラスホッパー』の主人公ということで読む。
以前、読んだつもりでいたけど、すっかり忘れてた。
グラスホッパー (角川文庫) [文庫] / 伊坂 幸太郎 (著); 角川書店 (刊)
鈴木・・・『マリアビートル』では聖人ぽかったけど、
    『グラスホッパー』では『マリアビートル』の天道虫っぽい、いい人キャラ。

蝉・・・殺し屋。おしゃべり。けっこう好きなキャラ。
   しじみの砂ぬきに幸せを感じる。

鯨・・・自殺屋。すごく暗いイメージ。『罪と罰』のみ愛読。『罪と罰』⇔『唾と蜜』

槿(アサガオ)・・・押し屋。なんかかっこいい。


posted by maricobabylon at 14:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。