2011年11月15日

「インドの正体」藤本欣也

来月、インド旅行するので、インド本をいろいろ読んでいる。
インドの正体―好調な発展に潜む危険 [単行本] / 藤本 欣也 (著); 産経新聞出版 (刊)
産経新聞(2005〜2006)に掲載された特派員によるインドレポート。
新聞記者ということで、読みやすい文章。

日本とインドの関係、インドの文化・経済・宗教について、ざっくりわかった。

■インドの有名人
・マハトマ・ガンディー・・・インド独立の父。
            「マハートマー」は偉大なる魂(インドの詩聖タゴールが贈ったガンディーの尊称)
・チャンドラ・ボース、ビハーリ・ボース・・・日本の援助でインド国民軍を結成し、独立を目指した。
・パール判事・・・東京裁判の不当性を主張
・詩人タゴール・・・岡倉天心と親交があった
・ミルザ・・・超人気の女性テニス選手(最高ランキングはシングルス27位、ダブルス10位)


posted by maricobabylon at 17:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。