2012年11月17日

タイ旅行記8-4 スコータイ ワット・マハタート、ワット・シーサワイ

位置情報ワット・マハタート
1292年、シー・インタラティット王により建立。
スコータイで最も重要な王室寺院。
209基の塔や10の礼拝堂、 8つのモンドップと呼ばれるお堂、4つの池がある。

12B_8454.JPG
お堀。

12B_8464.JPG
入り口付近には巨大な円錐型のチェディ(仏塔)。

12B_8460.JPG
ニョキニョキの中の仏像。

12B_8469.JPG

12B_8478.JPG

12B_8484.JPG

12B_8489.JPG

12B_8500.JPG

12B_8503.JPG

12B_8511.JPG
高さ8m! かっこいい!

12B_8532.JPG

12B_8541.JPG

12B_8546.JPG

12B_8545.JPG
この仏像の手も柔らかに反ってる。

12B_8551.JPG

位置情報ワット・シーサワイ
ワット・マハータートのすぐ南にある、クメール様式のプラーン(高塔状祠堂)をもつ寺院。

12B_8558.JPG

12B_8568.JPG
もろこし形を見ると、アンコールワットを思い出す。


posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 2012タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。