2013年04月21日

気仙沼2-3 気仙沼リアス・アーク美術館 震災展

位置情報リアス・アーク美術館
気仙沼の高台にある不思議な形の美術館。
震災後、一部開館期間を経て、2013年4月3日に全館開館。
常設展示として「東日本大震災の記録と津波の災害史」をオープン。
震災発生直後から学芸員が取材した約3万点の記録写真の一部と被災資料に解説を加えて展示。
今年度は観覧無料。

ここも15年前に来たなぁ。
IMG_7438.JPG
船の穂先をイメージした形。

常設展「東日本大震災の記録と津波の災害史」は、ぐっと心にきた。
特にがれきの中から見つかったものに対して、所有者のメッセージが泣ける。
もっとゆっくりじっくり見たい。
恐竜展「震災復興・国立科学博物館コラボミュージアムin気仙沼」も時間切れで見れず、残念。


posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013春 気仙沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。