2013年07月09日

ヨルダンイスラエル5-2 世界遺産ワディラム 砂漠ツアー ぼったくり? テントにびっくり

13B_3319.JPG
テントに戻って、お昼ごはん。

事前情報では……
「ヨルダンの砂漠キャンプは、テントといっても、ベッド、トイレ、シャワー完備」
という情報しか見たことがなかったから、当然そういうものだと思って確認しなかったけれど……
13B_3312.JPG
なんにもない……。
とりあえず、ここで休憩するだけかと思いきや、ここで寝るみたい……。

13B_3314.JPG
台湾人4人、ベドウィン2人、私たち2人でマットを敷いて、雑魚寝するみたい。
「寝袋ある?」って聞かれる。いやいや、そんなの聞いてないし……。
ブランケットはちゃんとあるみたいで、ひと安心。

トイレは?……と思ったら、
「anywhere , you want」となんかちょっとかっこよく言われた……。

けっこうびっくりしつつも、きちんと確認しなかったし、仕方ない。
台湾人たちも、特に驚いてなくて、なんか自然に受け入れてる。
でも、この状況だったら、多分もっと値切れたなぁ。

13B_3311.JPG
ベドウィンのお兄ちゃんは、「紅茶いる?」とすごくこまめに聞いてくれる。
甘くておいしくて、何杯も飲む。

ここは、ちゃんとしたキャンプに泊まる人が、ジープツアーの合間に寄る休憩所でもある。
休憩に寄ったいろんな観光客(裕福そうなエチオピア人、ハワイ人etc)とおしゃべり。
「彼らは、ここに泊まるんだよ」とガイドに私たちを紹介されると、みんな「え、本当に?」と驚く。
「どこで予約したんだ?」ときかれ、「タクシーの運転手」と答えると、「oh!」と爆笑。

ちなみに、エチオピアより、ヨルダンの方が暑いらしい。びっくり。

13B_3322.JPG
きのこ岩陰でお昼寝してたら、風が強くなり、砂まみれになりギブアップして、テントに戻る。
全身じゃりじゃり。

13B_3326.JPG
テントから、砂をはきだす。


ラベル:ワディラム
posted by maricobabylon at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。