2013年07月15日

ヨルダン・イスラエル 総括

★人
ヨルダン人……本当にみんな「Welcome Jordan!」と言ってくれる。嬉しい。
       外国人に優しい。物売りはしつこくない。イスラムおばちゃんは笑わない。
       私たちが日本人と知ると、「俺の車は日本車だよ〜」と誇らしく報告してくれる。
イスラエル人……いろいろ大変だし、恐いイメージもあるけど、普通にフレンドリー

★観光
ヨルダン……ペトラ遺跡、死海、砂漠と見所満載!
      アカバシュノーケリングは期待してなかったけど、すごくよかった。
      暑すぎるからか、どこも観光客が少なかった。
イスラエル…聖地だけあって、欧米人をはじめ、いろんな宗教がらみ?の観光客多い!
      エルサレムの旧市街は見所満載

★食べ物
期待してなかったけど、まぁ、期待通り。
主に薄いパンとチーズを食べてた。
シュワルマ、ハビーバのカナーフェおいしかった。
暑いし、いつもより食べてないから、ほんのり痩せた気がする。

★気候
暑い! 
お昼は日差しがすごく強い。朝晩は涼しい。
すごく乾燥してて、汗かかない。
イスラエルは、アンマンより涼しい。

★ラマダン
どうなることかと心配してたけど、影響はそんなになかった。
みんな「ラマダンラマダン」騒いだり、全くしない人もいたり、
隠れて飲んでる人いたり、ラマダン明けの食事の勢いが見れたり、体験できてよかった。

★物価
1JDが$1より高いのは、なんか嫌だ。
ヨルダンの物価は日本とそう変わらない。交通費は安い。食事代もそこそこ安い。
ペトラ遺跡(2日券¥8,000!)が異常に高い。ジェラシュ(¥1,200)も地味に高い。
イスラエルの物価は日本より高い。なんでだろう? 交通費はそこそこ安い。
イスラエル出国税(¥10,000)も高い。

★宿
安宿は汚いけど、まぁ、大丈夫。

★ネコ
もっといるかと思ったけど、そうでもなかった。子猫が多い。
ペトラのネコたちは逃げない。

★旅行中に読んだ本 「まんが パレスチナ問題」
まんが パレスチナ問題 講談社現代新書 / 山井教雄 【新書】
よくわからないパレスチナ問題がわかりやすく書いてあって、おすすめ。      


posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 2013ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。