2013年10月23日

そして父になる★★★★★

映画そして父になる
もし、自分の子供が取り違えられていたら……
・自分の育ててた子を、そのまま育て続ける
・再交換して、自分の産んだ子を育てる
う〜ん、どうするんだろう。
「血」か「情」か……。
一般的に人格形成って、環境7割、血3割だったかな?
自分が育てた子をそのまま育てたい気がするけど、最近のDNA騒動を見ていると、
やっぱり血って大切なのかなぁと思ったり……。
う〜ん、子供もいないのに、勝手に考えて悩んでしまう。

福山雅治、小野真千子、リリー・フランキー、真木よう子、みんなよかった。
真木よう子はあんまり好きじゃないけど、あのウィンクはかっこよかった。

この映画ではそれぞれの家庭の良さがあるけど、
同時期にあった実際の取り違え事件をもとにしたドラマは、片方の家庭がよく描かれていて
それはつらいなぁと思った。

そして父になる Blu-rayスペシャル・エディション 【Blu-ray】
109CINEMA横浜 with YSK
映画の後は、崎陽軒ティールームでおしゃべり。
ケーキセットがお得に感じ、ランチもケーキ食べたのに、ついつい再びケーキ。

映画前は久々にMCRとルミネHERBSでランチ。
PTA役員、忙しそうだ。
『地獄でなぜ悪い』が観たいと言っててびっくり。誘えばよかった。
長谷川博己が好きだそう。そういえば、だんなさんと雰囲気が似てる。


posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。