2014年05月04日

アルゴ★★★★☆


実話を基にしたお話。
1979年、在イランのアメリカ大使館を武装勢力が占拠。
アメリカ大使館職員らは444日間もの長期にわたり監禁されることになる……。
大使館から逃げれてカナダ大使館邸に避難した6人を助けるため、
ニセ映画撮影隊による救出作戦が立案され……。

政情不安定な国の大使館って、大変だ。
みんな無事でよかった。
大使館にいた人質のみなさんも、解放まで444日って、つらかっただろうなぁ。

1979年の事件だから、登場人物がまだみんな生きている。
世の中、いろいろな事件があるなぁ。
CIA職員って、大変。

ハリウッドの看板は、当時、倒れていたんだなぁ。

ベン・アフレック、かっこよかった。
(初めて、かっこいいと思ったかも。)
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ベン・アフレック ] - 楽天ブックス
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ベン・アフレック ] - 楽天ブックス



ラベル:アルゴ
posted by maricobabylon at 19:53| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。