2014年05月10日

映画『世界にひとつのプレイブック』★★★★☆


映画世界にひとつのプレイブック
アカデミー賞主要8部門ノミネートで、ジェニファー・ローレンスがアカデミー賞主演女優賞受賞。
いい映画だけど、そんなにすごい名作ってかんじでもしなかったけど……。
デビッド・O・ラッセル監督は、映画『ハッカビーズ』の監督なのね。

躁鬱のあれなかんじが、うまかった。
元々は奥さんが自宅であんな浮気をしてたんだし、しょうがない。
でも、それなのに、そんな奥さんとまたやり直したいって思うものなんだなぁ。
楽しい運動は、心の健康も保つんだろうなぁ。
でも、そんな運動をしようって気持ちにもなかなかならないけど。

いい年して、親に迷惑かけて……と思うけど、
いい年しても、この子供なかんじは、他人事じゃないなぁ。

ダンスシーンも期待しちゃったけど、そんなでもなかった。
(『パルプ・フィクション』のユマ・サーマン×トラボルタくらいのかっこよさを期待しちゃった)

「EXCELCIOR」=より高くへ
エクセルシオール カフェって、すごい言いにくいし、覚えにくい。

邦題が微妙。
プレイブック(アメフトの作戦図)って、ピンとこないし。
原題:Silver Linings(=希望の兆し) Playbook

レンタルDVDで観賞(先日久々にツタヤに行ったら、なぜか1枚無料券をくれたので)
世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション [ ブラッドリー・クーパー ] - 楽天ブックス
世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション [ ブラッドリー・クーパー ] - 楽天ブックス


posted by maricobabylon at 18:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

映画『チョコレートドーナツ』★★★★☆


映画チョコレートドーナツ
ブランチで見た予告がすごくよさそうで、見に行く。
銀座と黄金町でしかやってないし、初・黄金町ジャック&ベティ
GWは立ち見も出て、満席で入場できないことがあったことをHPで直前で気づき、ドキドキ。
(先日、109川崎ではやらないと言われたんだけど、来週から109川崎でやるみたい……)

13:45頃、ジャック&ベティ到着。
お店の前には列ができてて、ドキドキ。
チケットを買うと、整理券番号98。
レディスデイ¥1,000(消費税増税でシネコンは¥1,100に値上げしてるらしい)

小さめの昔ながらの映画館だから、一番前で観る。ほぼ満席! すごい!

映画あらすじ
1970年代アメリカ。ゲイカップルがダウン症の子を引き取ろうとするが、
世間のある世の中では難しく……。

今ではゲイに寛容そうなカリフォルニアも、70年代はまだ違ったんだ。
そういえば、ショーン・ペンの映画『MILK』もこの頃のお話。

マイノリティ問題や、人種問題は、なかなか難しいなぁ。
差別意識はないつもりだけど、差別撤廃運動をしようと思うほど問題意識はないかも。
やっぱり自分がマイノリティ側にいないと、つらくないし……。

(以下、ネタバレ)
ハッピーエンドかと思ったのに……。

いや、びっくりした。
みんなで暮らせるようになって、世間の目にも負けず、幸せになりました!
で、いいのに……。
実話を基にしているということは、現実もこういう結末だったのかな。

裁判で負けてしまって、もうどうしようもないとがっくりきたのはわかるけど、
あのお母さんがまともに育てられるわけはないし、
マルコを影から見守っていて、あんな悲しい結末になることは防げた気がするけど、
そこまでがんばれない、うまくいかないっていうのが、現実なのかなぁ。

ルディ役のアラン・カニング、かっこいい。
この人のミュージカル、観たい。
posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

アルゴ★★★★☆


実話を基にしたお話。
1979年、在イランのアメリカ大使館を武装勢力が占拠。
アメリカ大使館職員らは444日間もの長期にわたり監禁されることになる……。
大使館から逃げれてカナダ大使館邸に避難した6人を助けるため、
ニセ映画撮影隊による救出作戦が立案され……。

政情不安定な国の大使館って、大変だ。
みんな無事でよかった。
大使館にいた人質のみなさんも、解放まで444日って、つらかっただろうなぁ。

1979年の事件だから、登場人物がまだみんな生きている。
世の中、いろいろな事件があるなぁ。
CIA職員って、大変。

ハリウッドの看板は、当時、倒れていたんだなぁ。

ベン・アフレック、かっこよかった。
(初めて、かっこいいと思ったかも。)
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ベン・アフレック ] - 楽天ブックス
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ベン・アフレック ] - 楽天ブックス

ラベル:アルゴ
posted by maricobabylon at 19:53| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

映画『モテキ』★★★★★

モテキ DVD豪華版 (2枚組) [ 森山未來 ] - 楽天ブックス
モテキ DVD豪華版 (2枚組) [ 森山未來 ] - 楽天ブックス
いまさらながら、映画『モテキ』観る
よかった。
キュンとした。
恋したくなった。

長澤まさみ、すごい。
完璧な笑顔!かわいい!
(妻夫木君と笑顔の完璧さは双璧かも)

森山未来君も、すごい。
ずっと踊っててほしい。

セカチュー、また見たくなった。

麻生久美子、きれい。
B'zの歌いっぷりがかっこいい。
「神聖かまってちゃんとかちゃんと聞くから〜」
重い女の気持ち、わかる。

仲りいさと真木ようこはあまり出てこなかった。
4人対等にでてくるのかと思いきや、6:3:0.5:0.5くらい?

最後がブギーバックで〆というのも、いいなぁ。
「物語は、ちと不安定♪」が頭をまわる。



posted by maricobabylon at 17:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

映画『大統領の執事の涙』★★★★☆


映画大統領の執事の涙
すごくいい人そうで、バッドタイミングで事件に出くわし殺されそうで殺されない黒人なイメージの
フォレスト・ウィテカー主演。

人種差別って、大変だ。
主人公は、執事として、黒人の地位を高める。
その息子は、デモなどの運動で黒人の地位を変えようとする。

アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、レーガン…7人の大統領に仕えた執事。
ケネディはただのおぼっちゃんぽく描かれてたけど、こういう人がいろんなことを
素直に感じて、しがらみや利権ではなく、いろいろ変えていくのかも。
だからこそ暗殺されちゃったのかなぁ。

ニクソンは、大統領になっても、結局黒人の待遇を変えなかったんだなぁ。
映画『フロストvsニクソン』のニクソンのイメージがあるから、
ジョン・キューザックはちょっと違った。

レーガンは、なんとなくすごくイメージのレーガンっぽい。
「レーガン、いい人!」と思ったら、そううまくはいかない。

息子の気持ちはわからないでもないけど、もっと父の偉さをわかるべき。

黒人にとって、黒人大統領の誕生ってすごいことだったんだなぁ。
アメリカの歴史がザーっとわかって、勉強になる。

@109CINEMAS川崎 with Kコさん
レディスデイだし、混むかなぁと思ったけど、半分くらいの入り。
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

映画『銀の匙』★★★★☆


ジャニーズファンっぽい若い女の子たちがたくさん。
笑いの沸点が低いので、みんな楽しそうに観てた。

マンガ原作だし、そんなに期待しないで観たけど、面白かった!
原作は3巻くらいしか読んでないけど、続きが読みたくなった。

それぞれマンガのキャラに近いのに、全体的な雰囲気はマンガと異なるのはなんでだろう。

キャストはけっこうはまっていてよかった。
・主演の中島君ははじめて演技しているところを見たけど、なかなかよかった。
・駒場役の市川君もかっこよかった。
・アキ役の広瀬アリスちゃんは、色っぽいというか、声にツヤがあるかんじ。
 水野美紀に似てる。一昔前のアイドルっぽいかんじでもある。
 今、「北の国から」があったらヒロインになりそうなかんじ。
 劇中に「太った?」と出てくるけど、モデルさんにしては太ってたから、
 実際に太っちゃったのかな?
・たまこの再現度は、すごいよい。
・ダチョウの上島さんは校長先生のかわいさにぴったり。
・吹石一恵さんは、なんか浮いてる。

酪農高校ってすごいなぁ。
実際の農家の人々は、どれくらい酪農の勉強をしているんだろう。
映画の中にも農家の厳しい現実が出てきたけど、
酪農高校ではしっかり経営などについても教えているのだろうか。

進路に悩むところ、と畜についてなど、中高生に見て欲しい映画。
私が中高生だったら、大変そうだけど、楽しそう!と酪農高校目指しちゃうかも。

帯広のばんえい競馬にも、また行きたくなった!

HDくんの感想…辛気くさい(マンガはそんなことないのに)
yahooレビュアー試写会@よみうりホール(有楽町ビックカメラ上)
世界屠畜紀行 [単行本] / 内澤 旬子 (著); 解放出版社 (刊) ←おすすめ本

帰りにビックカメラ巡る。
けっこう機能満載な電卓が¥100だったので買う。
税率も変更できるから、消費税が変わっても、「税込」「税抜」が使える!
ラベル:銀の匙
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

映画『LIFE!』 ★★★★★


映画『LIFE!』試写会 @109シネマズ川崎 with K子さん

予想…笑って泣ける感動系
結果…笑って、ワクワクドキドキして、最後ホロっとしたかんじ。

爽快で、おすすめ!
ベン・スティラーいいなぁ。かっこよかった。
なんかせつない目がいいなぁ。
誠実にちゃんと生きていくことって大切!

ダイナミックな妄想や、アイスランドでのスケボーとか、
映画館の大きい画面で見たいかんじ。
音楽もよかった。

ホセ・ゴンザレス「STEP OUT」!

ショーン・ペンは、こんな写真家いそうだなぁ。という佇まい。

LIFEのスローガンはこれかな?
“To see things thousands of miles away,
things hidden behind walls and within rooms,
things dangerous to come to, to draw closer,
to see and be amazed and to feel that is the purpose of life.”

私の中でベン・スティラー=zoolander!
ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション【DVD・洋画/コメディ】

真髄=quintessence
ぼんやり=zone out
LIFE! オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / サントラ, デヴィッド・ボウイ feat.クリスティン・ウィグ, ホセ・ゴンザレス, グレイス・ミッチェル, オブ・モンスターズ・アンド・メン, ジュニップ, ローグ・ウェーヴ, ジャック・ジョンソン, バハマス feat.ザ・ウェザー・ステ-ション, ローグ・ヴァレー (CD - 2014)
ラベル:LIFE!
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

カティンの森★★★★☆


前に一度DVDで観たことを忘れて鑑賞。
観たことがあることは思い出したけど、内容は思い出せず、今回もついていけず。
いろいろ複雑だから、予習が必要な映画。

ポーランドはソ連とドイツが侵略するんだけど、
どっちがソ連でどっちがドイツで、誰が誰だかわからなくなる。
多分、前回も映画を観た後に調べたと思うんだけど、今回も映画後に調べてなんとなく納得。

■カティンの森事件
第二次世界大戦下の1940年、ソ連が捕虜にしたポーランド将校たち1万2000人を虐殺した事件。
しかし、その事実が公然と語られ、ソ連も認めるに至ったのは、それから50年も経った1990年。
その理由は、第二次世界大戦後ポーランドはソ連の衛星国としてその強い影響下にあったため、
この事件の真実を語ることはタブーとなり、ナチスドイツの仕業とされてきたから……

と、いろいろ調べても、また忘れちゃうんだろうなぁ。

戦争のときにひどかったのは、ドイツだけじゃないんだな。
ソ連の虐殺をドイツのせいにしようとしたけど、それは無理があるんじゃないかと誰も思わなかったのかな。

主人公の妻は、ココリコ田中似。

カティンの森(DVD)
ラベル:カティンの森
posted by maricobabylon at 12:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

永遠の0 ★★★★☆

13B_1269.JPG
紅葉だ!


yahooレビュアー試写会@東宝試写室

原作を読んだときは、いい話だけど、泣かず。
映画は、泣けた。

岡田君、熱演!
すごくかっこよかった。
とにかくかっこよくて、驚いた。
鍛えているだけあって、身のこなしが軽い。
飛行機の乗り降りがかっこいい。
どこで泣いたかなぁと振り返ると、
岡田君が「生きることを考えろ!」的なことを言ってるところで
だいたい泣けた。

戦時シーンに比べ、現代シーンが薄っぺらい。
三浦春馬君がかわいそうになる。

サザンのエンディングテーマも、合わない。
こういう映画の最後に歌物は、気分が壊れるからやめてほしい。

<ネタバレ>
・ラストの岡田君が現代に飛んでくる演出は興醒め。
・おじいさんが真相を知っているのに、最初から言わないのがRPGみたいで、いや。(by だんなさん)

永遠の0 [ 百田尚樹 ]
posted by maricobabylon at 11:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』★★★☆☆


ゆるそうな映画だし、映画館で見なくてもよいかなぁと思ってた。
でも、チネチッタの舞台挨拶回のチケットが意外にも直前まで残ってて、
YMGCさんに誘われ観賞。
¥1,800で、映画を見るなんて、すごく久しぶりだ。

ピンポンコンビ復活、嬉しい。
窪塚君は、やっぱりかっこいいなぁ。
(GAPのパーカを着ている窪塚君は新鮮だ)
新は、新っぽくないゆる〜いかんじ。

映画は想像以上にゆるさ満開で、ぼーっと見るにはそれなりに楽しめるけど、
意味ありげだけど、別に意味なんてないかんじ。

新が死んでて、すべて空想なのかなぁと考えつつ見てたけど、
違ったみたい。

新と窪塚君の入浴シーンあり。
新が思いのほかむっちりしてたのは、役作りなのか、年なのか……。
(高良君が出てたの気づかなかった。)

映画の後の舞台挨拶は、映画同様とってもゆるい雰囲気でよかった。
映画自体は★★★☆☆だけど、舞台挨拶で+★。
新は、クールキャラではなく、実は気さくなお兄さんのようだ。
窪塚君はイメージ通り。

窪塚君の好きなセリフ「行けねえよ、国内線だもん」
アラタはもっとすかしてる感じかと思いきや、気のいいお兄ちゃんな雰囲気だった。
(意外に洞口みたいなかんじなのかなぁ)

隣に座っていた女の子は、この舞台挨拶のために熊本から来た。(彼氏イケメン)
posted by maricobabylon at 22:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

愛、アムール★★★☆☆

映画愛、アムール

カンヌでパルム・ドール受賞&アカデミー賞外国語映画賞受賞!
評判よいみたいだし、久々に鎌倉芸術館の銀幕映画上映会に遊びに行く。

老々介護で、つらい。
転んだ老人を助けた後だし、老いについて考えさせられるなぁ。
この映画会の客層はほぼ60代以上。
私にとっては、まだ遠い話だけど、高齢の人々はどんな気持ちで観るんだろう?
健康に気をつけて、元気な老後を送りたいけど、いつ何があるかわかんないし……。
私が老いる頃には、安楽死が合法になっているといいなぁ。
【送料無料】 愛、アムール 【DVD】
ラベル:愛、アムール
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

そして父になる★★★★★

映画そして父になる
もし、自分の子供が取り違えられていたら……
・自分の育ててた子を、そのまま育て続ける
・再交換して、自分の産んだ子を育てる
う〜ん、どうするんだろう。
「血」か「情」か……。
一般的に人格形成って、環境7割、血3割だったかな?
自分が育てた子をそのまま育てたい気がするけど、最近のDNA騒動を見ていると、
やっぱり血って大切なのかなぁと思ったり……。
う〜ん、子供もいないのに、勝手に考えて悩んでしまう。

福山雅治、小野真千子、リリー・フランキー、真木よう子、みんなよかった。
真木よう子はあんまり好きじゃないけど、あのウィンクはかっこよかった。

この映画ではそれぞれの家庭の良さがあるけど、
同時期にあった実際の取り違え事件をもとにしたドラマは、片方の家庭がよく描かれていて
それはつらいなぁと思った。

そして父になる Blu-rayスペシャル・エディション 【Blu-ray】
109CINEMA横浜 with YSK
映画の後は、崎陽軒ティールームでおしゃべり。
ケーキセットがお得に感じ、ランチもケーキ食べたのに、ついつい再びケーキ。

映画前は久々にMCRとルミネHERBSでランチ。
PTA役員、忙しそうだ。
『地獄でなぜ悪い』が観たいと言っててびっくり。誘えばよかった。
長谷川博己が好きだそう。そういえば、だんなさんと雰囲気が似てる。
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

映画『地獄でなぜ悪い』★★★☆☆ @TOHO川崎


星野源が出てるし、園子温監督もいろいろ話題だし、見に行ってみる。
全体的なノリについていけず……。

星野源のよいかんじは出ていなくて残念。
長谷川博己はかっこよかった。
二階堂ふみちゃんは、勢いがあった。

TOHOシネマズは楽天ポイントで映画チケットが買える。わずかながら楽天ポイントもつく。
[DVD] 地獄でなぜ悪い(スタンダード・エディション)
posted by maricobabylon at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

箱入り息子の恋★★★★☆

【総額2500円以上送料無料】箱入り息子の恋 オリジナル・サウンドトラック/サントラ
源さん、堪能。
源さんと、手つなぎたいなぁ。
いろいろキュンとした。

話としては、まぁ、そんなでもないんだけど、キャストがよかった。

市役所の女の子は穂のかちゃん(石橋貴明娘)だったのか。

でも、真面目な公務員って、実際の婚活では、もっと人気なんじゃないかなぁ。

ネタバレ・・・・・
夏帆ちゃんが吉野家で1人牛丼にもらい泣き。

IMG_7643.JPG
昨日は、舞台挨拶に源さんがラゾーナに。
気づいたときには、チケットSOLD OUTで残念。
posted by maricobabylon at 22:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦★★☆☆☆

【中古】DVD▼インディ・ジョーンズ 最後の聖戦▽レンタル落ち
ヨルダンのペトラ遺跡が出ているらしいから、予習で観賞。

半分くらい寝ちゃった。
yahooレビューでは★4.13と高評価。
でも、シリーズ3作目だからか、思い入れがない私には、別に面白くない。

若きインディ・ジョーンズ役がリバー・フェニックスでかっこいい!
ペトラ遺跡もかっこいいけど、中は違うんだろうなぁ。

古い映画観たっぷり。
ナチスの扱いが雑。
posted by maricobabylon at 17:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

きっとうまくいく★★★★★


笑って泣けるインド映画!
すごくよかった!

私もランチョーに「ALL IS WELL(アールイズウェル)うま〜く、い〜く」と言われたい!
わかりやすくて、いい!

長い映画が苦手な私も、170分楽しめた!
(インターミッションで休憩あってもよかったなぁ。)

最後に出てくる青い海&白い砂はどこだろう? きれい!

インドで自殺率が高いって、意外!

映画の後はテンションあがって、カラフルな服が買いたくなった。
(チネにかわいい洋服屋さんがあったことを発見。hiyori
・・・・・・
それはさておき、インドでは最近レイプ事件が多発中らしい。よくない。

映画の前はチネのピザ屋さんへ。
サーモンのピザは、勝手に生サーモンがのってくると思ってたら、
焼かれたサーモンがのってて、ちょっとがっかり。
前回パスタはそうでもないと思ったけど、
今日のサルシッチャのパスタはもちもち具合がおいしかった。

13B_0634.JPG
TMKから日陰茶屋の大福 をいただいた。
なにこれ! おいし〜!!
ふわふわ柔らかで、感激のおいしさだ!
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

映画『レ・ミゼラブル』

同僚が号泣した、すごいよかった!というので、
期待しすぎちゃいけないと思いつつ、期待して見に行く。

映画レ・ミゼラブル
中学生の時に読んだけど、ジャン・バルジャン(良い名前!)の名前以外、内容は忘れてた。

みんな自分で歌ってるなんて、すごい!
子役(ガブローシュ)が歌いだす「大衆の唄」?、いい!
私も一緒に歌いたい!
泣く気マンマンだったんだけど、泣けずに残念。
ちゃんと作られたしっかりした映画で、大ヒットも納得だけど、
私の心には響かず……。

以下、ネタバレあり
アン・ハサウェイの歌がけっこう盛り上がりどころだけど、意外に序盤なんだ。
かわいいガブローシュも、死んじゃうのね。
ラッセル・クロウも、自殺することないのに……。


加藤清史郎君の美声! 清史郎君のガブローシュも見てみたいなぁ。
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

映画ブラックスワン

[DVD] ブラック・スワン
明るい気分にはなれなさそうな映画だなぁという予想を上回り、不安定な気持ちにさせられる。
ナタリー・ポートマン細くて、美しい。
バレリーナってすごい。
ベスはウィノナっぽいなぁと少し思ったら、本当にウィノナだった。
ヴァンサンカッセルの顔は不思議だ。
後半に、足がボキボキ裏に折れるのが、びっくり。
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

映画『最強のふたり』@TOHO川崎

すごく評判もよく気になってた映画。お友達にもすすめられ、久々に映画に行く。
けっこう期待していったけど、期待を裏切ることなく良かった。

フィリップの誕生会での、ドリスの踊りっぷりがかっこいい。躍動感がありすぎて、なんだか泣けた。
車椅子に座ってそれを見るフィリップの気持ちに勝手になって、せつなくなる。
それ以外にも、なんだか泣けることがあった。
もっと悲劇的な終わり方(友情のあまり、安楽死させちゃうとか…)かと思いきや、
さらっと終わった。

気の合う人々との関係っていいなぁ。

音楽がいろいろよかった。
シンプルに踊りたくなるものも、最後の方のインストも。
パラグライダーすごい気持ち良さそう。でも恐い。

とにもかくにも、ドリスの笑顔がいいなぁ。
自分があって、率直で、人の気持ちになれるってすごい。
フィリップはダスティホフマンぽい。

最後に登場した二人はフィリップは本人で、ドリスは別人かと思いきや、
ドリスも本人だったのか…。(全然映画のイメージとは違った)

@TOHO CINEMAS 川崎
レディースデイだから、予約してく。ほぼ満席。

ランチはタイ料理・ティーヌンでトムヤンクンヌードル。
映画半券でドリンクサービス。
with KDHMさん
posted by maricobabylon at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ゲンスブールと女たち★★★★★@鎌倉美術館

以前、お手伝いしていた「かまくら銀幕上映会」@鎌倉芸術館 小ホール
毎回、私好みのラインナップで観に行きたいけど、なかなか行けず、
久しぶりに観に行く。
久しぶりに元Oの同僚たちとおしゃべりできて、嬉しい!

[DVD] ゲンスブールと女たち
今日は、ゲンスブールと女たち

元オリーブ少女としては、ゲンスブール×バーキンは憧れ。
そんな私はすっかりフレンチかぶれになり、フランス語を学び、
大学の図書館で『Je t'aime moi no plus』のビデオを見たり
(こんな衝撃内容の映画が学校のビデオライブラリにあるって,すごい!)
リバイバル上映で『スローガン』や『ANNA』を見たり、
フランスにホームステイしたり、ジタン吸ったり・・・。
最近は、大人になったので、ジェーン・バーキンをオーチャード・ホールに聞きに行ったり・・・。

と、ゲンスブール関係の影響を受けて育ってきた私には、すごくよかった!

・オープニングのアニメに心つかまれる。 ヨーロッパ人の描く絵のタッチなかんじ。

・ゲンスブール少年、かわいすぎ! 
 タートルネック+ハイソックス+半ズボン+ピーコート。
 ユダヤの化け物(丸っこくて、短い手が左右2本ずつ?)と手をつないで歩くのがかわいい。

・あの黄色い六芒星を「ダビデの星」と呼ぶと知る。

・眠れないときに羊のかわりに、パンダ(と竹)を数えるのがかわいい。

・ゲンスブールは、最初は少し違和感あったけど、どんどんゲンスブールに見えてきた。
 たまに繊細さをあらわすときの挙動不審っぽい顔が、はんにゃ金田に似ていた。

・フランス・ギャルが途中からきれたかんじで『BABY POP』がかわいい!

・ブリジット・バルドーはセクシーな人というイメージしかないので、すごくはまっていたと思う。
 シーツを巻いて踊るところ、ゲンスブールの実家で泣く所がかわいい。
 「君はニーハイブーツがとっても似合う」と言われたいものだ。

・ジェーン・バーキンは、どうしても本人を詳しく知ってしまってるから、似ていないという声も多いけど、
 けっこうしっくりきていたと思う。
 ゲンスブールに「あなたは美しい!」と言ったり、
 寝ているゲンスブール&犬のナナをカメラでこそっと撮ったり、
 タンクトップと白パンツから伸びる長い足とか・・・。

・そしてすごく雰囲気たっぷりだったのは、シャルロット役の女の子。
 少ない出演時間ながら、シャルロットさが出てたかんじ。

・少年ゲンスブールにキャベツがかぶせられ、キャベツをはぐと大人ゲンスブール・・・。
 なんだか、せつなかった。

・ゲンスブールのジャズアルバムの『おかしなタイプライター elaeudania teiteia』も好きな曲で嬉しい。

今の若者たちはゲンスブールを知っているのかな?
ゲンスブールを見て、かっこいいと思うかな?

これから再びゲンスブールの音楽にはまる日々が続きそうです。

天才は大変だ。
でも、ゲンスブールは、やっぱりかっこよいし、すごくいい音楽。

・ジャマイカで着ているTシャツがjaneなのは、未練タラタラだったからなのかな。
posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

BECK★★★☆☆

「BECK」 通常版 [DVD] / 水嶋ヒロ, 佐藤健, 桐谷健太, 忽那汐里, 中村蒼 (出演); 堤幸彦 (監督)金曜ロードショー(日テレ)で観賞。

佐藤健君が歌うんだ!と楽しみに見てた。
あれ、最初は歌わないのかな・・・、最後までひっぱるのかなぁと思いつつ、
wikiで登場人物チェックをしったら、「原作者の意向で歌わない」と・・・。
ん〜。方法的にはわからないでもないんだけど、歌ききたかった・・・。

歌声のないラストの歌より、桐谷健太ががんばってた『EVOLUTION』の方が、グっときた。

キャストは5人ともよかった思う。妥当。
原作と同じコユキベースの成長物語にしてもよかったんじゃないかなぁ。
コユキが不良にいじめれられるところとか、もう少し削ってもよかったのでは・・・。

水嶋ヒロと外国人のシーンが安っぽくて浮いてた・・・。
共感しにくいし・・・。

ベルアームとBECKの音楽性が違いすぎて、勝負っていってもしっくりこず。
そして、ベルアームしょぼすぎ・・・。

・水嶋ヒロ・・・眉毛×センター分けが気になる。英語はさすが帰国子女。ギター姿もさまになってた。
・佐藤健・・・・・なよってしてみえたり、かっこよく見えたり絶妙。
       最後の方のスタジオ練のシーンの赤いキャップ姿が似合ってなかった。
・桐谷健太・・・お得意の熱い男役。がっつりはまってて、かっこよかった!
       ケンカシーンの勢いもかっこいい!
・向井理・・・・・もっちり上半身。金髪もかっこいいんだけど、ベース姿がいまいちはまってなかった。
・中村蒼・・・・・悪くないけど、ぱっとしない。
       向井理がゲゲゲでブレイクしたように、彼もいつかオーラをまとうようになるのかな・・・。

・松下由紀・・・顔が腫れてて、びっくり。髪型もしっくりきてないし。姉のもたいまさこはかっこよかった。
・中村獅童・・・うさんくさすぎ。

ボーっと見ていたからか、有吉見逃した。

【漫画】BECK ベック 全巻セット(1-34巻 全巻) / 漫画全巻ドットコム【あす楽】 05P11Nov11
マンガは途中で脱落したけど、そのうち読もうかな・・・。もう完結したのかな?
ラベル:Beck
posted by maricobabylon at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

マンデラの名もなき看守★★★★☆

マンデラの名もなき看守 実家で録画してあったので、観賞。
マンデラさんの名前は知っていても、アパルトヘイトについてはふんわりとしか知らないので、
知る良い機会になります。
untitled.bmp
ジョセフ・ファインズって、レイフ・ファインズに似てるなぁと思ったら、やっぱり兄弟なのね。
マンデラと触れ、迷いながらも変わっていく姿がうまい。

マンデラ役のデニス・ヘイワード(『24』の大統領!)も、誇り高く、
素晴らしくどっしりとした佇まいは適役。

ダイアン・クルーガーは、きれいなだけで魅力を感じない女優さんという認識だったけど、
今回は、悩める奥さんをしっくり演じていた。
夫の考えも尊重したいけど、子供を守るには、今の態勢に従っていたほうが安定と思うし、
いろいろ葛藤するところに共感できる。

そんななか、娘が黒人が街で虐げられているのを見て、平等じゃないと泣くのは
ぐっと心にくる。

27年も投獄されながら、ぶれない思想を持ち続けるマンデラさんは、すごいなぁ。そして、長い戦いではあったけど、差別がなくなってよかった。

その後のマンテラさんの活躍は、クリント・イーストウッドの『インビクタス』(名作!)を観ましょう!
こちらのマンデラさんは、モーガン・フリーマン! こちらもぴったりです。
【送料無料】[枚数限定][限定版]インビクタス/負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット/モーガン・フリーマン[Blu-ray]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

ヨコハマメリー★★★★☆

先日、黄金町のBARで話題となった『ヨコハマメリー』。
この作品は、とても思いで深い映画の1本なのだけど、レビューを書いていなかったみたい。
ヨコハマメリー

私自身は昔から関内にはよく行くけど、時代が若干遅かったのかメリーさんを目撃したことはない。
でも、うっすら存在は知っていた。

お話はドキュメンタリー調で、メリーさんを取り巻いた人々のお話で進む。
そして、撮影当時のメリーさんの映像も。

横浜にゆかりがない人、若い人にとっては、若干退屈に思えるところもあるかもしれない。
ただ、メリーさんの生き様から戦後の日本の雰囲気が感じられると思う。

メリーさんを語る人々の中で、主に語り、とても印象的だったのが、
シャンソン歌手の永登元次郎さん。
ご自身も壮絶な人生を送ってきた元次郎さんが語る彼の口調がとてもじわっとくる。
(この映画の撮影後2004年に他界)

『伊勢崎町ブルース』がとてもぴったりとくる横浜の歴史を感じられます。

藤沢オデヲン(映画館)では、監督・撮影監督のティーチインを企画し、
客席数の2倍以上のお客さんがいらっしゃってびっくり。
立ち見でギリギリまで入場していただきましたが、それでも入りきれず。
最初は1日1回の1週間上映の予定でしたが、回数・期間を増やし、
閑古鳥が鳴きがちな映画館が一瞬、賑わいました。

当時の私は映画を仕事にすることに、いろいろ感情が大変なことになり、
せっかくの機会を楽しんで進めることができず、すごくいろいろ考えさせられた。

監督には、今後も地元に根付いた作品を作ってもらえると嬉しいです。
posted by maricobabylon at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ROCK YOU!★★★☆☆

テレビ東京・午後のロードショーで放映されてたので、観賞。
ロック・ユー [DVD] / ヒース・レジャー, ルーファス・シーウェル, シャニン・ソサモン, ポール・ベタニー, マーク・アディ (出演); ブライアン・ヘルゲランド (脚本); ブライアン・ヘルゲランド (監督)
友人の男子が大絶賛していたのですが、コスチュームモノが苦手な私としては★3つ。
中世が舞台だけど、ロックで演出。ストーリーもわかりやすい。
なので、きっと大半な人はもっと楽しめると思います。

ヒース.bmp
ヒース・レジャー(当時21歳かな?)よかったです。
彼の出演作では、『ダークナイト』『ブロークバック・マウンテン』の次にこれがオススメかな。
(かっこよさを堪能するなら、『カサノバ』かな。)

ポール.bmp
チョーサー役のポール・ベタニーもよかった。
(『ダ・ヴィンチ・コード』では、超痛そうなシラスを演じてましたね。)
ジョスリンのクラシックな衣装が素敵だった。

ところで、馬で対決しているときに、割箸が飛び散ったようになるのは、
なんだったんだろう?どこから出てきてたのかな?
ラベル:ROCK YOU!
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

サブウェイ・パニック★★★★☆

テレビ東京・午後のロードショーで放映されてたので、観賞。
サブウェイ・パニック
jazzyなオープニングは昔ながらの映画の雰囲気でかっこいい!
(全般的に音楽がいいですね。)
『サブウェイ123激突』のリメイク元の本作。
ずっと見たいと思っていたので、嬉しいテレビ放映。

原題は『The taking Pelham One Two Three』
ペラン123は車両の名称ですね。
犯人の名前が「色」なのは、タランティーノ『レザボア・ドッグス』のネタ元ですね。

映画はいいかんじで進んでて面白かったのですが、
お昼ごはんを食べた後で、思わず途中で睡魔に勝てず・・・。
話題のラストシーンも見たいし、また放映しないかなぁ・・・。
(近所のレンタル屋さんには、なさそうだし・・・)

ウォルター・マッソーの丸い鼻は、マンガにしやすそう。

ちなみに、『サブウェイ123激突』(この邦題はカッコ悪いなぁ・・・)は個人的には好みじゃないです。
(ちょうど今日の古畑任三郎の再放送は江口洋介の電車ハイジャックもどきの回。あわせてきたのかなぁ?)
サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

フェア・ゲーム★★★☆☆ 試写会@ニッショーホール

フェア・ゲームの試写会。
今年初めに勤務していたビルにあるニッショーホールなので、当時お世話になったODKさんをお誘いする。

ショーン・ペン×ナオミ・ワッツで『ボーン・アイデンティティ』ダグ・リーマン監督だから、
きっと良作だろうと踏んで観賞。

前知識なしで観たので、最初は誰が何の仕事なのか? 誰が誰か?など
睡眠不足とかだと眠くなりそうな流れ。(実際、同行者は睡魔と闘っていたらしい)

CIAって大変。そして、だんなさんも現地調査に行ったり、
双子の子供は大丈夫なの?なんて、近所のおばさんてきな心配をしてみたり・・・。

とにかくシリアスな流れでハラハラする。
なんで奥さんがCIAだと、あんなにスキャンダルになるのかな?
ニジェールに行ったのが、奥さんの推薦だとなんでそんなにいけないのかな?

そして、現実の事件だったということにビックリ。
(私は全然知らなかったのですが、知っている日本人はどれくらいいるんだろう?)
「プレイム事件」で検索すると、いろいろ出てきます。
アメリカ、恐いなぁ。
でも、いろいろ暴露できる環境があるのが、まだ救いかなぁ。
日本だと、いろいろ闇に葬られて終わってそうだし・・・。

マット・デイモン君グリーン・ゾーンも大量破壊兵器がなかった話だなあ。
(こちらはボーン2・3のポール・グリーングラス監督。)

エンタテインメント性はないですが、社会勉強として観ておくとよいかなぁという映画です。
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン★★★★☆ @横浜シネマリン

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ブルーレイ+DVDセット【Blu-ray】
全く興味なかったけど、招待券が余ってたので、とりあえず観賞。
今回は3D作品らしいけど、上映劇場は2Dでした・・・。

長い映画は嫌いなので、つまらなかったら途中で帰ろうと思ってたけど、
面白くってひきこまれてしまった

これは男の子にはたまらないだろうなぁ・・・。
トランスフォーマーたち、かっこよすぎ!
こんなにかっこよいと知っていたら、IMAX3Dで観たのに・・・

それにしても、USA!というかんじのマッチョさにビックリ!
軍隊英雄映画ですね。
これ観たら、アメリカ軍とは戦いとかなくなる。

あの空から、ムササビのように飛び降りてみたい!
あんな装備、実際にあるのかな?

それにしても、みんな、あんなビルからワーっとなったり、
死にそうな場面でも、もちろん死にません。

主人公のシャイア・ラブーフ君は、こんなコンパクトなコメディタッチな人だったんだ。
もっとイケメン系?なのかと勝手に思ってた。

新恋人は、わかりやすい美人さん。
人から美人と扱われることに慣れきってるのが、素なかんじで良い。
(アクション渋俳優・ジェイソン・ステイサムの彼女らしい)

ジョン・マルコビッチは顔の覚えられない俳優さん。
ちょっとジャック・ニコルソンを彷彿させた。
今回のキャストの中で、一番良かった。

ジョン・タトゥーロ&フランシス・マクドーマンドは、いいですね。大人。

今までの2作の方が面白いらしいし、今度、観てみようかな。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラスト・ターゲット★★★★☆ @横浜シネマリン

久々の映画館での映画鑑賞。@横浜シネマリン(招待券)
招待券期限の月末だからか、けっこう混んでてびっくり。(でもほぼみんな招待券入場)

ラスト・ターゲット
ジョージ・クルーニー主演で、評価は普通ということ以外、まったく前知識なしに観に行く。
ラスト・ターゲット(DVD) ◆20%OFF!
冒頭から、いきなりの展開にびっくり。

画面の感じが古めかしく、寡黙なノワールな雰囲気にぴったり。
舞台はイタリア。原題は『THE AMERICAN』
(邦題は『アメリカン』は、かっこ悪いと思ったのか、
『ラスト・ターゲット』←でも、これもかっこ悪いなぁ・・・)

日本人から見たら、イタリア人もアメリカ人も区別がつかないけど、
私たちが韓国人や中国人をなんとなく見分けるように、
彼らもそれぞれなんとなくわかるのかな?

舞台となる町は、丘の斜面にアイボリーの家が連なる城塞都市、
カステル・デルモンテ。行ってみたい!

ジョージ・クルーニーの体を鍛えるシーンが、いい!
きれいな腕立て伏せ、懸垂にキュン!


娼婦のクララが美しくキュート。
寝転がっているときの胸のラインが、理想的。

電車で訪ねてきた女暗殺者も、美しい。
最後に銃を受け取った女性は、同一人物だったの?
一瞬、彼女が娼婦クララと髪型が似てたので、娼婦=暗殺者かと思って混乱した。

最後の彼女が彼をあれしようとしたときに、彼女があの人にあれされて、
であの人が彼とあれしあって・・・。なところが、結局誰を殺したかったの?と
ちょっとよくわからなかったけど、まあ、いいとしよう。

「殺し屋」という職業を選ぶ人は、どんな人生を歩んできたのだろう?
そういう境遇に生まれついてしまい、やってみたら得意だったというかんじなのかな?

クララ演じたヴィオランテ・ブランドはまだ若いのかと思いきや、
40才なのね。美しい。

ジョージ・クルーニーの乗ってた車はフィアット・テムプラ。天ぷら?
(フィアットはチンクチェントがかわいくて、好き。)

いつものジョージ・クルーニーも素敵だけど、たまにはこんな寂しげな彼もいいかも。

posted by maricobabylon at 14:00| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

南極料理人★★★☆☆

南極料理人
南極料理人

『かもめ食堂』的・癒し映画を期待したけど、癒されず。
期待しすぎたかも・・・。

出てくる料理がおいしそう!
特に、おにぎりとラーメン!
きたろうのラーメン熱は、本当にラーメンが食べたそうだった。

ホワンとしたかんじの映画。
男所帯感が楽しそう。
トイレのドアが西部劇のバーの入口みたいなサイズなのは、意味があるのかなぁ?

「かん水について調べた」と劇中にあったけど、何で調べたんだろう?
電話でかなぁ? 今はネットとか使えるのかなぁ?

南極からの電話をつなぐKDDの担当の人は、「南極からの電話だ!」ってドキドキしないかなぁ。
仕事だからすぐ慣れるのかなぁ。

南極は行ってみたいけど、1年半もいたいとは思えないなぁ。

この映画の原作を書いた著者・南極料理人が「はなまるマーケット」で
「タマネギはみじん切りして冷凍してから炒めるとアメ色になるのが、はやい」と言っていた。
面白南極料理人 
(追記)
次の日にラーメン食べました。

ラベル:南極料理人
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

魔女の宅急便★★★★★

今月は金曜ロードショーが、ジブリ月間。
で、『魔女の宅急便』を見たら、よいかんじ。
魔女の宅急便(DVD)
多分何度も見てるんだけど、よい話。
マイ★ベストオブ★ジブリかも!

キキ、よい子。
自然に人を手伝えたり、助けられるって素敵だなぁ。
ニシンのパイの届け先が、招かれたパーティ先かと思ったら
あんなイヤな女の子にニシンのパイなんて・・・。

飛べなくなっちゃったキキへの絵描きさんのアドバイスが良い。
「そんなときは、ジタバタする。
してもダメなら、一旦やめる。散歩する。別のことをする。
そしたら、また飛びたくなる」
・・・

ちなみに絵描きさんの絵は、若干シャガール風。

結局、キキが飛べなくなったのは、自信をなくしたから。だったのかな?
で、友達のために、気合いで素にもどったのかな?

老婦人の声(加藤治子さん)がよいかんじ。
キキとウルスラ(絵描き)は同じ声優さん(高山みなみさん)だなんて、びっくり。
ユーミンの歌もよいなぁ。

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」 (糸井重里)
なんだかんだ、やっぱり糸井重里は良いコピーを書くなぁ。特にジブリ作品!

私もキキのように成長したり、自立したり、
グーチョキパン屋のおソノさんのようにアネゴ肌にきっぷのよい人になりたいし、
老婦人のように素敵なお返しができるようになりたいなぁ。

やっぱり人と話したり、テレビで映画を見たり、
何かをすると、突破口が見えたり、気分が変わったりするものだ。
魔女の宅急便 ぬいぐるみ ジジ (抱) マスコット お写真13番の商品になります。 〈ジブリグッズ まじょのたっきゅうびん 黒猫じじ 玩具 おもちゃ 縫いぐるみ プレゼント ギフト〉
宮崎映画=東宝かと思ってたら、ナウシカ、ラピュタ、本作は東映が配給だったのか・・・。
今は東宝のみなのは、力関係の問題かなぁ・・・。

昨日から少し調子が悪い。朝も朝食食べて二度寝。
「知りたがり」(最近ロンブー敦ファンなので)を少し見て、ストレステストを勉強して、再び寝る。
でも、ここで落ちてはいけないので、午後にスピリチュアルヨガに参加してみる。
月曜のヘルシーヨガより、想像していたヨガに近くいろいろなポーズをとった。
びっくりするくらい汗をかいた。
図書館で、震災でも前向きに生きる人の記事を読んだら、涙が止まらなくなってしまった。
帰り道で、ねずみに遭遇。
ラベル:魔女の宅急便
posted by maricobabylon at 22:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

マイレージ・マイライフ★★★★☆

【送料無料】マイレージ、マイライフ/ジョージ・クルーニー[Blu-ray]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
マイレージ・マイライフ
『JUNO』監督×ジョージ・クルーニということで、期待して観る。

実際にアメリカではあんな風に人を解雇してしまうのかな?
しかも上司からでなく、解雇人から通告されるなんて・・・。
映画の中でリストラについて語っていたのは、
実際にリストラにあった人々なんてつらいなぁ・・・。

主人公は自分のスタイルで迷うことなく生きる出張好きな男。
出張をなくそうと入ってきた新人女性社員(アナ・ケンドリック)。
てっきりここで恋が芽生えるのかと思ったら、違った。

新人ちゃんは真面目で頑ななかんじだけど、はじけるときははじけるのがアメリカ人を感じた。

主人公といいかんじになる大人の女性役(ヴェラ・ファーミ)が、かっこいい!
そして、今度こそ、この二人の未来があるかと思いきや・・・。

良かったシーンは妹の彼がマリッジブルーになった時の主人公の説得。
「人生はどんどん過ぎる。止められない。無意味だ。
でも、君の人生で幸せだったとき、君はひとりだったか?」


結婚式のシーンで後ろに流れる曲にジーンと涙・・・。
♪「元気になれば 君は頼れるやつなんだ
長い時間がかかるだろうけど
それでも待つよ 君ならできるはず
心を落ち着かせさえすれば
君も自分のことを大事にしてほしい」


張り込み姫-君たちに明日はない 3- (単行本・ムック) / 垣根涼介
日本版・リストラ請負人話、面白い。もっと一人一人に踏み込みます。
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

告白★★★★☆

【送料無料】告白 特別価格版/松たか子[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
すごく観たいなぁと思ってた作品。
レンタルでも大人気で、やっと借りられた。

で、いざ観ると・・・・・・
なにも感じなかった・・・。

期待していた通り、スタイリッシュな映像だし、
松たかこも、木村佳乃も、岡田将生もよかったけど・・・

本を読んでいたからかもしれないけど、
内容に衝撃というより、なんか現代の子供の息苦しさと気持ち悪さばかりが
感じられて、つら〜いかんじ。

踊っているシーンがもっとあったら嬉しかったなぁ。

もっと救いのある映画が好きだ。

嫌われ松子の一生 通常版【メール便可】【DVD】【中古】
まげて〜♪のばして〜♪の歌が好きです。
ラベル:告白
posted by maricobabylon at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ローラーガールズ・ダイアリー★★★☆☆

ローラーガールズ・ダイアリー
ローラーガールズ・ダイアリー
『JUNO』のエレン・ペイジちゃん主演×ドリュー・バリモア監督
yahooレビューでも★4.15と高評価だったし・・・
青春ガールズムービーをすごく期待しちゃってたんだけど・・・

でも、グっとこず。
ローラーゲームがしっくり来ず。
(「あぶない少年」が懐かしいなぁ・・・。あの時もいまいちローラーゲームにはまれず・・・)

エレン・ペイジは、やっぱりなんかかわいい。
ロックTシャツ+スカート+カラータイツ+ブーツがかわいい。
メガネ姿もかわいい。
若い二人のデートシーンは、かわいいなぁ。
みずみずしい。自動車の鍵を探すのとか、いいなぁ。

敵チームの女性がずっと誰かに似てると思っていて、
あ!ジュリエット・ルイスに似てるんだ!と気づいたら、本人だった・・・。
小悪魔だった彼女も、なんと、もうすぐ40才!
時が流れるのは早いものです・・・。
posted by maricobabylon at 18:28| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

ディア・ドクター★★★★★

ディア・ドクター
ディア・ドクター 

ずっと観たかった作品。
この期待を超えて、グっとくる良い作品。
もう1度じっくり観たい作品。

鶴瓶さんは、本当にうまいなぁ。
生まれ変わるなら、鶴瓶になりたいな。(もしくは、さまぁ〜ず三村。)

鶴瓶さんは、人の話を聞き出すのが、とてもうまい。
鶴瓶と話していたら、自分がとても面白い人になった気がしそう。
理想の上司、理想のお父さんだなぁ。
なんなら、鶴瓶さんに総理大臣になってほしい。
コミュ力・判断力に調整力もあり、適任では?

こんなお医者さんいたらよいなぁ。
もちろん医師免許がなく、医師を語るのは許せることではありません。
でも、免許があっても対人能力がなかったりするよりは、
対高齢者には特にしっかり話を聞いてくれるお医者さんが
いるだけでも、無医村よりよっぽど良い気がする。

瑛太も良いなぁ。はずれがないかんじ。
7分丈のTシャツとズボンが似会うなぁ。
(私的セクシー瑛太は『アンフェア』の役だけど・・・)

余貴美子、香川照之、八千草薫、松重豊と、これでもかってくらいの芸達者な面々。
最近の香川照之の使われ方は、うまい演技をしてくれという要求に応えているからか
鼻につくことが多いけど、今回はスーっと入ってきた。
八千草薫は“こんなおばあちゃんになりたいNo.1”です。

井川遥もすっかり演技派に変身してきましたね(無造作髪アップが素敵)。

もし私が老年になってガンがわかったら、入院せず余生を過ごしたいなぁ。
でも、もし娘が医者だったら、またはまわりに入院してほしいといわれたら、つらいだろうなぁ。

娘(井川遥)があの村の医者になれば、母(八千草薫)も余生を満喫し、
村人も安泰だと思うんだけど、そううまくはいかないのかなぁ。

お話もテンポよく進み、ひきこまれる。
前作の『ゆれる』も良い作品だけど、ドロっとしたかんじが苦手だった。
でも、こちらはバランスがとても好き。
TVで野球を一緒に観るシーン、アイスが溶けてくところなどなど、絶妙。
西川監督は若くてきれいでおしゃれで、こんな作品つくっちゃうなんて、すごいなぁ。

ラストシーンは賛否両論かもしれないけど、私は好きです。

ちなみに『ゆれる』は映画館勤務時代に赤字映画館で、
予想以上に大ヒット。立ち見まで出たりしたなぁ。
俳優の夏八木さんもお客さんとして、いらっしゃってスタッフみんなで、ひそかに興奮。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

インセプション★★★★☆

インセプション ブルーレイ&DVDセット【Blu-ray Disc Video】 【初回生産限定】

レンタルビデオにて観賞。
本当は告白が観たかったけど、15本すべて貸出中。
インセプションは25本中5本しか貸出中じゃない・・・
(ちなみに、どちらも準新作)

yahooレビューでも、今現在レビュー数は2230件、評価4.07とすごいなぁ!

私のお目当ては『500日のサマー』でヘタレっぷりにキュン★ときたジョゼフ・ゴードン=レヴィット君!
今作では、キリっと、できる男!
無重力ホテルでも、大奮闘!

そして、JUNOちゃん、渡辺謙、ディカプリオと他キャストもよい。

細部まで理解できたとは言い切れないけど、多分ザックリと理解して
楽しめたからよしとしよう。
レンタルビデオだから、見直して深く理解することも可能だけど、
そこまでするのは、ちょっと面倒くさい。

ディカプリオと奥さんのくだりは、なんかまどろっこしいけど・・・
あと、雪山の世界は誰が誰だかわかりにくくて、いまいち。

500日のサマー(DVD) ◆20%OFF!
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

ゴーストバスターズ★★★★☆

ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション 【CINE STYLE @ SONY PICTURES 80’s WAVE selection】(DVD)
テレ東のお昼のロードショーで観賞。

何も考えずに楽しめる古き良き?ハリウッド映画!
映画のヒットは、キャッチーな主題歌・マシュマロン・ロゴマークかなぁ。

・ビル・マーレーは、ほとんど変わらないなぁ。
 私はソフィア・コッポラの2作でしかしらなかったけど、
 コメディ俳優だったのね。(というより、コメディアンだったのかな?)
・シガニー・ウィーバー若い!

ただ、途中で電話がかかってきて、楽しみにしていた
マシュマロマンを見逃してしまった・・・。
BBQでマシュマロを焼くことを、外国人の友達に教わって食べたのが懐かしい。

原発問題で大変な今、最初におばけ退治に行くときに、
エレベーターでリュック型退治機器を「小さな原発」と
言ってて、放射線の影響は大丈夫か? なんて考えてしまった。

この映画の監督の息子さんは、『JUNO』の監督さんなのね。

地震で自宅にいる今週は3日連続でテレ東の昼映画を観てるけど、
JCの広告「こんにちわん、ぽぽぽぽ〜ん」が耳に残る・・・。

公開当時は、まだ小さくて観に行かなかったけど、
兄が観に行って、パンフを買ってきたきがする。
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若草物語★★★★☆

【中古】美品! 若草物語 (1994) コレクターズ・エディション <期間限定版>/ウィノナ・ライダーDVD/洋画ドラマ
テレ東のお昼のロートドショーにて観賞。
若草物語は、やっぱり良いお話ですね。
お話を知ってても、感動します。


・ウィノナ・ライダーがジョー役なのは、イメージと異なるけど、
 好演でした。やっぱり魅力的。また、この輝きを取り戻してほしいなぁ。
・ベス役のクレア・デーンズのデビュー作なんだ。好演。
 『ロミジュリ』の美少女になる前ですね・・・。
 どんな美人になるかと思いきや、今は・・・。
・エイミー役のクリスティン・ダンスト、すごくかわいい!
 基本は今と変わらないけど、この頃の愛らしさが絶頂期かなぁ・・・。
・クリスチャン・ベイルは、それなりにかっこいい。

私も4姉妹にの仲間になって、みんなで歌を歌ったり、演劇したり、したいなぁ。
原題は「Little Women」。「若草物語」って邦題は素晴らしいなぁ。

私が初めて見たミュージカルは『若草物語』。主題歌が、かわいかったなぁ。
次女ジョー:岩崎良美、三女ベス:三田寛子、四女エイミー:南野陽子(スケバン刑事前)
ラベル:若草物語
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

ユー・ガット・メール★★★★★

ユー・ガット・メール 特別版
1998年公開の映画。
大学生当時、ちょうど私もメールを使い始めた頃かなぁ。
そのときは、王道のラブコメな香りがプンプンして、
そんなに観たいなぁと思わなかったのですが、
映画好きの友達に「直球で楽しめるから、おすすめ!」と言われ、
ずっと気になっていた。

メールをつなぐ「ピーギュルギュル・・・」の音が懐かしい!
スタバも当時は、まだ都会に数店舗で、おしゃれの筆頭だった頃かなぁ。
そして、The Cranberries「Dreams」♪この音楽って、今でもよくドラマに使われるけど、
“恋の予感”を感じさせる名曲ですね。

メグ・ライアンは本当にかわいい!
何していても、かわいい! 元祖アヒル口!
この映画が絶頂期かなぁ?
最後に観たのは『インザカット』かなぁ。
またスクリーンであの笑顔が観たいなぁ。

トム・ハンクスは、やっぱりうまい。
彼を見ていつも思うのは、顔に似合わず背が高い(185cm)。
(余談ですが、ティム・ロビンス196cmもいつも驚く。
ちなみに、クリント・イーストウッド193cmも驚く。)

メグ・ライアンの元彼は、どこかで観た事あるなぁと思ったら
『ファストフードネイション』の人だ!

トム・ハンクスの元彼女は、エレベーターが停まり、
エレベーターボーイが「このエレベーターが動いたら、彼女にプロポーズする!」とか
乗り合わせた女性が「母と仲直りする!」とか人生の決断をしているときに、
マニキュアを塗りながら、「目尻の皺をとる!」とかふてぶてしく言って、
ある意味、気持ちよいくらいのダメ女っぷり。

お話は最初から結末はわかってるんだけど、
そこに行き着くまでが、もうすごく、胸キュン!
がっつり乙女心つかまれます!


最後、良すぎます!
あのラストのあっさり加減が、余韻を残してよいですね〜。
手ぶらで出かけるメグ・ライアンが、アメリカンな感じ。
今だったら、携帯ぐらいは持ってでかけるかなぁ。

キャロル・キング「Anyone At All」も名曲♪
吹替えで観たんだけど、ゴッドファーザーの「ふとんむしにしろ!」って
元の英語は何だろう? 誰か知ってたら教えてください。
修学旅行で布団でグルグル巻きにするかんじかな?

Fight to the death! 死ぬまで戦え!

posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

悪人★★★★★

悪人 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] / 妻夫木 聡, 深津絵里, 岡田将生, 満島ひかり, 樹木希林 (出演); 李 相日 (監督)
大切な人を、もっと大切にしようと思う映画です。

以前、小説は読んだけど、そんなにピンと来なかった。
灯台が舞台だし、妻夫木君好きだし、観たかったけど見逃していたところ
特別上映の招待券が当たり、観れて良かった。

小説では、出会い系で出会った人々に共感できず、入り込めなかったけど、
映画では、地方の閉塞感、出会いたくても出会う機会のない生活がうまく描かれていて、
小説よりも、グっと感情移入。

妻夫木君も深津絵里も、とてもよかった。
樹木希林と柄本明はうますぎて、ベタなキャスティングすぎるけど、
でもやっぱり泣かせる。

「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい。
大切な人がおらん人間は、何でもできると思い込む。
自分には失うもんがなかっち、それで自分が強うなった気になっとる。
失うものがなければ、欲しいものもない。
だけんやろ、自分を余裕のある人間っち思い込んで、失ったり、
欲しがったり一喜一憂する人間を、馬鹿にした目で眺めとる。
そうじゃなかとよ。本当はそれじゃ駄目とよ」

・・・、とってもジンとくるセリフです。

去年のGWに呼子でイカを食べたので、タイムリー。
呼子のイカの目にズームインしていくところは、ちょっと違和感。
呼子のイカおいしいのに、あんな状況じゃ、食後の天ぷらなんて食べれなかっただろうなぁ。
原作での灯台は長崎の樺島灯台みたいだけど、映画のロケ地は五島列島の大瀬崎灯台
五島に旅行したときは、片道徒歩2時間位かかるから、遠くからしか観れなかった灯台。
ロケも大変だっただろうなぁ。

2011/2/8 チネチッタ川崎 平日18時スタートだからか招待上映なのに、すいてました
悪人(上) (朝日文庫) [文庫] / 吉田 修一 (著); 朝日新聞出版 (刊)
ラベル:悪人
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

東京島★★★☆☆

YKKちゃんに誘われ、東京島を観賞 @池袋サンシャイン
職場から急いで行くが、10分遅れで観賞。
東京島

原作は既読だけど、内容は忘れていた。
原作は桐野夏生特有のドロっとした感じだったけど、
映画はだいぶこざっぱりしたかんじ。

せっかく映画化するんなら、もっとドロドロさせた方が楽しそうだけど、
エンタテインメントに仕上げようとしたかんじ・・・。

なにより、木村多江がきれい!
全然、年増のオバサンに見えない!

久しぶりの窪塚君。
窪塚ファンとしては、もっとキレタ演技してほしかったなぁ。
でも、元気そうで、なにより。

GMの役は、見たことあるけど、誰だっけなぁと思ったら、福士誠治さん。
いろんなドラマで見るけど、どうも認識しにくい顔。

最後にキレル、柄本ジュニア。
なんかもっとキレタ理由が深く描かれてればよかったのに・・・。

マンタ役の染谷将太さんは、相棒1のボーガンの回の小生意気な小学生だったのか!
大きくなったなぁ。

ヤンがかっこよかった。

楽しめたけど、軽いかんじ。
ラストは、なんで迎えに行かないの!というかんじで謎。
原作はどうやって終わったっけなぁ・・・。
原作再読したくなった。

★3.5くらいかなぁ。

実際にあった「アナタハンの女王事件」を元にしていると知り、ビックリ!
東京島
ラベル:東京島
posted by maricobabylon at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン ★★★☆☆

相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン
テレビドラマ『相棒』とは、だいぶ違った雰囲気。
エンターテインメント色を強めたらしいけど、そんなかんじ。
いまいち柏原崇が自殺したのかが、よくわからなかった。

映画『相棒2』は、ドラマをさらに深めたかんじらしいので、
観に行こうかなぁ。
相棒は寺脇さんより、ミッチー派なので。

★3.5くらいかなぁ。

2010/12/23 テレビ放映にて観賞
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

デイ・アフター 首都水没

[DVDソフト] デイ・アフター 首都水没 完全版
CMに入る前に「ロンドン崩壊まで○時間!」みたいなあおりが
よい!と思ったのに、その後は、比較的普通にCMに。

流し見。
感想、特になし。

元は180分の映画を半分近くカットしてたみたい。
ビデオスルー作品みたい。

パッケージが『デイ・アフター・トゥモロー』風。
間違っちゃう人いそう。
原題は『Flood』。間違いを狙ってのタイトルか。

2010/12/12
テレビ放映にて観賞
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

魔法にかけられて★★★★★

 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション 【Disneyzone】
金曜ロードショーでやってたので、なんとなく観てたら
引き込まれた!

ディズニーランドもディズニー映画も興味ない私ですが、
お姫様にはなりたい!

エイミー・アダムス魅力的!何しても許しちゃう!
『ダウト』でも若いかんじの役だったから、20代前半くらいかと思いきや、
堂々の30代!励まされます!

公園のミュージカルシーンかわいい!
な・ん・に・も いら ない わ♪
歌って踊ってかわいい!

エドワード王子はウェンツと柳沢慎吾を足して2で割ったかんじ?
誰かに似てる気がするけど・・・光GENIJIの諸星和己かなぁ。

スーザン・サランドン大迫力。
日本だったら、夏木マリに決まりの役。

ナンシーは、インパクトある顔。しゃくれ系。

字幕版でもう1回見てみたいなぁ。

続編製作中!ということで、楽しみ!
posted by maricobabylon at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

(500)日のサマー★★★★★

500日のサマー(DVD) ◆20%OFF!
かなり好みの映画!
『イェスマン』でもかわいかったゾーイちゃん(サマー役)は、相変わらずかわいい!
通好みの可愛さかと思いきや、一般的にもかわいいという評価なのかな?

恋する男の子役のジョセフ・ゴードン=レヴィット君(トム役)もよい!
プレッピーな服で、日本にもいそうなヒョロっとしたかわいらしいかんじだけど、
最後のスーツにオールバック姿では、ヒース・レジャーを細くしたかんじ。
他の出演作もチェックしたくなった。

(500)日の2人の恋物語を時系列メチャクチャに描かれるけど、頭が混乱する。
この時系列シャッフルがオシャレ度とかをUPさせてるんだろうけど、
普通に1日目から並べ直したバージョンも見てみたい。
(誰か時系列順に並べ直した表とか作ってないかなぁ・・・。検索したけど、見つからず・・・)

・サマーの「sugar town」のカラオケかわいい。
・サマーの洋服・髪型・全てかわいい。特にポニーテール&ワンピース!
・トムのミュージカルシーン最高!

・あのおませな女の子はトムとどういう関係かわからず見てた。
 DVDの未公開シーンで妹だと判明したけど、みんなわかるのかな?

・・・ネタバレ・・・
サマーが結婚する過程がほとんど描かれてないから、
途中寝ちゃって、見逃したところがあるのでは、と何回も見直してしまった。

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版
↑この映画でのズーイちゃんのライブシーンは、とってもかわいい!
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

キャッチボール屋★★★☆☆

キャッチボール屋
テレビ東京のお昼のロードショーで観賞。

キャッチボールしたくなる!
あのスパン!とミットで受ける瞬間の気持ちよさを思い出すなぁ。
キャッチボール屋がいたら、やりたい、絶対!

大森南朋は、あんまり好きな役者さんではないのですが、
ポワンとしたこの役がぴったり。
大森南朋、寺島進、松重豊と通好みに好かれそうな面々。
キタキマユの役は、もう少しメジャーなら、麻生久美子あたりが似合いそう。

ストーリーは癒し系。
忙しい生活している人が観れば、癒されそう。
最近、のんびり生活の私には、グっとはこなかったけど・・・。
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

インビクタス★★★★★

インビクタス/負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】
最近のクリント・イーストウッド監督はハズレなし。
モーガン・フリーマンのネルソン・マンデラ役はピッタリ!(マンデラさんのご指名?らしい)
マット・デイモンは、とってもマッチョだった。

もう文句のつけどころない、希望に満ちた映画。マンデラさん、すごいなぁ。

ネタバレ・・・
「30年も監獄にいて、なんであんなに赦せるんだろう・・・」というようなセリフもあったけど、
南アフリカがよくなるように、自分を迫害していた白人たちと力を合わせて
南アフリカを変えていこうとする姿はすごい!
そして、そんな空気の中でのラグビーワールドカップ!
そこで勝ち抜いていったら、そりゃ盛り上がるだろうなぁ。

ニュージーランドチームのマカ(踊りの儀式)かっこいいなぁ。
日本のラグビーは世界では弱いんだなぁ・・・(南アフリカ大会で、対ニュージーランドに145失点の屈辱的大敗・・・)
2012年ラグビーワールドカップは日本開催らしいけど、大丈夫かなぁ。
この映画で“ラグビーは横と後ろにしかパスが出せない”ことを学んだ。

南アフリカの人種差別はその後どうなったのかな?
日本にはマンデラさんのような、しっかりした信念を持った人はいるのかな?

「負けざる者たち」っていう副題は微妙だなぁ・・・。
ラベル:インビクタス
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

スウィート・ノベンバー★★★★☆

スウィート・ノベンバー 特別版
テレビ東京TV お昼のロードショー映画で観賞。
キアヌ・リーブス×シャーリーズ・セロンといえば、ヘンテコ映画の『ディアボロス』コンビだ!

シャーリーズ・セロンきれいだなぁ。細いなぁ。スタイルいいなぁ。
こんなにcuteな役のシャーリーズ・セロンないんじゃないかなぁ。
どっちかというと、きれい・かっこいい系が多かった気がする。
ショートカット似合うなぁ・・・。

キアヌって背が高いんだなぁ。あんなに大きいシャーリーズ・セロンと並んでも見劣りしない。
キアヌ(1964年生まれ)はこの映画の時、37才か。かっこいい!
ちなみにシャーリーズ・セロンって、私と同い年かぁ。

〜以下、ネタバレ〜

序盤のサラ(シャーリーズ・セロン)は美人じゃなかったら、恐い不思議ちゃんなかんじ。

意外にトントンと話は進み、バリバリの仕事人間だったネルソン(キアヌ)が
携帯を水没させ、時計を捨て、君と一緒にいたいんだ!
なんて言われたら、もうキュン!とくる。
でも、こんなに早く2人がうまくいったら話は終わっちゃうし、
え?もしかして?余命短い系?と予感をさせます。

そして余命短いサラが彼から離れようとして、
どうしてよいかわからないネルソンは、悩んだ末にクリスマスプレゼント攻撃!!
もうなんて素敵なサプライズプレゼントなのかしら!!
あの大きい香水ビン、などなどなど・・・。
そして、極めつけは歌! (現実に歌をプレゼントされたら、ひくけど・・・)
さらに帰った部屋は11月のカレンダーで埋め尽くされてる。

でも、ここまで自分を愛した人に悲しい思いはさせたくない女心はわかります。
でもでも、なんだかんだいって、結局最後まで添い遂げるかと思いきや・・・。
素直にひきさがって終わりというのは、予想してなかった・・・。
びっくりだ。

でも、サラは本当にネルソンに去って欲しかったのかなぁ。
「それでも、最期まで一緒にいたい!」って粘って欲しかったんじゃないかなぁ・・・。ここまではだいぶ少女マンガ的展開だけど、少女マンガでは、こんなラストはあり得ないな。

全体的に話しに入り込めないので、泣くこともなく・・・。★3つくらいので出来だけど、
キアヌのかっこよさとシャーリーズ・セロンのcuteな演技で★4つかな。

ディアボロス [DVD] / キアヌ・リーブス, アル・パチーノ, シャーリズ・セロン (出演); テイラー・ハックフォード (監督)
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

いそしぎ★★★☆☆


テレビ東京 お昼のロードショー映画で観賞。
素敵な海辺の家の景色からのオープニング。
主題歌「いそしぎ」(アカデミー賞受賞)のトランペットの音色が哀しげ。

エリザベス・テイラー、美人だなぁ。時代を感じさせる太い眉毛のキッチリメイク。

「男はみんな私の体目当てなの・・・」とか言いながら、
胸の谷間バッチリの洋服っていうのが、ありえない・・・。
しかも、神父さんとあっさり不倫の関係になるし・・・。

そして、その不倫の事実を良心の呵責から奥さんに話す神父さんも、最低だ。
(吹替えで奥さんが車を降りるときに言った「むかつく!」に違和感。
あの上品な奥さんには「むかつく!」よりもっと違うセリフにしてほしい)

この映画は“メロドラマの原点”らしい。
美しい音楽と風景でちょっと文学的な感じだけど、確かにメロドラマ。

エリザベス・テイラーの劇中服は、紫色が多い。監督のイメージかしら・・・。

哀しげな海は東海岸かと思いきや、カリフォルニアの海岸が舞台だった。
「いそしぎ」というのは鳥の名前なのね・・・。
主役の2人は2回結婚してるのね・・・。
そしてエリザベス・テイラーは8回も結婚してるのね・・・。
ブロンソンさんも、ちょっと出てます。

いそしぎ~アストラッド・ジルベルト・ベスト・セレクションアストラッド・ジルベルト [SHM-CD]【smtb-u】 10P12nov10
ラベル:いそしぎ
posted by maricobabylon at 15:00| 神奈川 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

マレーナ★★★★☆

マレーナ ― ディレクターズ・エディション [DVD] / モニカ・ベルッチ, ジュゼッペ・スルファーロ (出演); ジュゼッペ・トルナトーレ (脚本); ジュゼッペ・トルナトーレ (監督)
モニカ・ベルッチ美しい。美しすぎます。
生まれ変わるなら、モニカ・ベルッチになりたい!
白いワンピースにストッキング(ガーターで止めてます)が素敵。

主人公のレナート君が、そんなマレーナにメロメロになるのもわかります。
半ズボンの男の子じゃなかったら、超危ないストーカーですが・・・。

美しいシチリアの街並でのイタリアのおませな男の子の
憧れのお姉さんへのほろ苦い初恋物語で終わるかと思いきや、
どんどん下降していくマレーナの波乱万丈人生にビックリ・・・。
(あんなにすごい美貌があったら、幸せになれないわけがないのに・・・。)

男の下心は許せるとして、女の嫉妬は恐い・・・。
あのリンチシーンにはビックリ。男たちが全く助けないなんて・・・。
レナート君が助けるのかと思いきや、そんな勇気もなく・・・。

救いのある結末でよかった。
男の子の家族が楽しい。

モニカ・ベルッチにイタリアの肝っ玉母ちゃん的な役をやってほしいなぁ。

2010/11/15 テレビ東京・お昼のロードショーで観賞
吹替の少年たちの声が、おじさんみたいでした。
ラベル:マレーナ
posted by maricobabylon at 16:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ファーストフード・ネイション★★★☆☆

【送料無料】 DVD/海外TVドラマ/ファーストフード・ネイション デラックス版/GNBF-7477
POPなパッケージだし、『スクール・オブ・ロック』の監督だし、
『スーパーサイズ・ミー』×マイケル・ムーア的な
エンタテインメント暴露映画かと思いきや、期待を裏切られてしまった。

なんとなく全般的に中途半端な印象。
メキシコ移民、ファストフード会社の部長、ファストフードのバイト、
肉工場に関わる人々など、登場人物のチョイスはいいけど、
なんだかそれぞれの内部を描こうとして散漫になってたかんじ。
なんか、もったいない!

メキシコ人は搾取されているように感じるけど、1日80ドルもらえるなら、
まぁ良い気がする。(日本だったら、もっと低そう)
ファストフードの安さは企業努力の賜物だろうし、一概に悪いとは思わないけど、
毎日食べたら体に悪いものではあるんだろうなぁ。

安いものには理由があるけど、日本のファストフード会社などは
衛生面にはもっと注意していると信じたいけど、どうなのかなぁ・・・。

ブルース・ウィルスに似てるなぁと思った人が、本人だったとは・・・。
(ブルース・ウィルスの話は惹きこまれましたね。詭弁だけど、説得力ある)
そして女子学生はアヴリルだったのね。

タイトルは『ファーストフード〜』。
ニュースなどでは、ファストフードと言うけど、
実際にはファーストフードとみんな言ってるし、どっちが正しいのかと調べたら、
マスコミ系はファストフードでほぼ統一だけど、
最近の広辞苑などはファーストフードと表記しているみたい。

『スーパーサイズ・ミー』を見ると、ハンバーガーが食べたくなります。
スーパーサイズ・ミー [DVD] / モーガン・スパーロック (出演); モーガン・スパーロック (監督)
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ブタがいた教室★★★★☆

ブタがいた教室 (2枚組初回限定版) [DVD]

ブタがいた教室 (2枚組初回限定版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
  • メディア: DVD


「食べる」or「食べない」論争が、
いつのまにか「3年生に引き継ぐ」or「食肉センターに引き渡す」に
なってしまってたのね・・・。

「食べる」と「食肉センターに引き渡す」では、
だいぶ変わってくると思う。。。

私がもし生徒だったら・・・
Pちゃんは食べれない・・・。
Pちゃんを飼うことによって、豚肉を食べるときの
「いただきます」の気持ちは高まりそうだけど、
今の日本の状況でペットとして育ててしまった豚を
あえて食べる必要性がないと思う。

でも、小学生の私だったら、「先生は食べる方向で育てていた」し、
「食べる」って言っておいた方が、正解なのかなぁ・・・。
と思って「食べる」に投票するかも。

これが実際に授業であって、しかもドキュメントとして
カメラが回っていたなんて、すごいなぁ・・・。
テレビが入るか入らないかで、また結論は違いそう・・・。

このやり方はどうかと思うけど、食育は大切なことだと思う。

先生役が妻夫木君だから成り立った映画な気がする。
やっぱり妻夫木君は好きだ。(特にジョゼの)
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: アスミック
  • メディア: DVD

posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

ナイト&デイ★★★★☆

ジョン・パウエル/オリジナル・サウンドトラック『ナイト&デイ』 [Soundtrack] / サントラ (演奏) (CD - 2010)
久々に映画館(109シネマズ川崎)で映画。
しかも公開2日目かつ3連休の合間のサービスデイで、
前日の朝の時点で、ほぼ満席・・・。急いで予約。

トムクルーズ×キャメロン・ディアスの王道ハリウッド映画!
こういう何も考えず楽しめる系の映画って最近なくなってきていて寂しい。

しかし、スター2人の競演も旬が過ぎている?からか、
5年前(いや10年前)なら、夏休み映画の本命だっただろうけど、
今やスクリーンの大きさも『海猿3』・『大奥』に続き3番手・・・。
客層も30代以上なかんじ・・・。
今の20代以下は彼らの全盛期を知らない世代なのかな・・・。

で、ストーリーは、何も考えず楽しめた!
追われては逃げ、追われては逃げ・・・の繰り返し。
単純明快でよい!

トム・クルーズは、ほぼ50歳なんて思えない!
体、張ってる! 走る! 逃げる! 
『コラテラル』のターミネーター的走りが面白くて好きだったのに、
今回は自然な走り姿でした・・・。

キャメロン・ディアスは、ほぼ40歳と思えない可愛さ!
目尻の皺もかくさず、たくさん笑顔を振りまいてる。
やっぱり天真爛漫な役が、ぴったり!
黄色のワンピに黒ブーツがかわいい!
最初の飛行機でのトイレシーンや、パニクってマシンガン打ちまくりもかわいい!
いくつになっても、こんな役をやってほしい!

トム・クルーズがなぜあんなにキャメロン・ディアスを一緒に連れて逃げたがるのかは
いまいちわからないけど、まあ、気にしない。

ただ、終盤ちょっとだれた時に、うっすら眠ってしまった・・・。

予告編の前(暗くなる前)に、トムキャメロン・ディアスを特訓する予告編が
上映されてた。嬉しいサービス。
posted by maricobabylon at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

気狂いピエロ★★★★★

気狂いピエロ [DVD]

気狂いピエロ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズ・ビデオ
  • メディア: DVD


オリーブ少女(もう死語?)でフランスかぶれだった学生時代、
ゴダールやトリュフォーなどヌーヴェルバーグ映画をたくさん観たなぁ。
その頃はシネセゾン渋谷などでよく特集上映してたけど、今もやっているのかな?

ゴダールの中でも有名な本作は見逃していたけど、
近所のレンタルビデオ屋にあった!

好きな時代にワープできるなら、私は迷わず1960年代のゴダール映画の中にワープしたい!
白い壁に赤いテーブルランプ、レース使いが素敵な白のワンピース、
水色のパンツに赤いカーディガン、そして犬型バッグ、
クラシックな車たち・・・
もう映像を見ているだけでキュン!

マリアンヌとフェルディナンの会話も、ザ・ゴダール
そういえば、フランスでは『C'est la vie』(それが人生)って
日本語の会話の中でこのニュアンスって、なんて訳せばよいかな?
「それが人生だよ」なんて、そんなに言わないなぁ。

私の大好きなアンナ・カリーナは、やっぱり素敵。
アンナになりたい!

ゴダールの映画は内容は理解できないことが多いけど、
本作・『女と男のいる舗道』『アルファビル』は好き。

本作同様、特に色使いがかっこいい『中国女』は、
ジャン・ピエール・レオーは素敵だけど、内容は・・・。

yahooレビューの平均点が4.16(2010/10/14時点)なのは、
好きな人しか観てないからかな・・・。思いの他、高い評価で驚いた。
女と男のいる舗道 [DVD]

女と男のいる舗道 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

ロード・オブ・ドッグタウン

ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション [DVD]

ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ君見たさにレンタル。

伝説のスケボー少年?たちのお話。

序盤は、ごちゃごちゃしたかんじと、誰が誰だか中々区別がつかなくて、
期待はずれかと思いましたが、まぁまぁでした。

エミール・ハーシュ君は、やっぱりいいなぁ。
友達の恋人に声かけつつ、踊ってる姿もかっこいい。
もっといろんな映画に出ないかなぁ。
『スピード・レーサー』はちょっと見る気がしないけど、
アメリカではヒットしたのかなぁ。

金髪ロングの子は『エレファント』の男の子だったのね。
そしてその元になった人は『ライディング・ジャイアンツ』の監督だったのね。

スケボーシーンは、多分すごいんだろうけど、意外に地味。
でも、プール滑るのとか気持ち良さそう。
西海岸!ってかんじ!

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

となりのトトロ★★★★★

となりのトトロ [DVD]

となりのトトロ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD



『となりのトトロ』はじめてみました。
楽しい!

トトロに会いた〜い!
ネコバスに乗りた〜い!

と思ってたら、終わってしまいました。
シンプルなお話でよいですね。

あの家に住みたいなぁ。
お父さん素敵だなぁ。

歩こう♪歩こう♪わたしは元気♪の
歌もよいなぁ。
posted by maricobabylon at 23:00| 神奈川 🌁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

俺たちフィギュアスケーター★★☆☆☆

俺たちフィギュアスケーター [DVD]

俺たちフィギュアスケーター [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


アメリカンコメデイは苦手。
でも、以前『ズーランダー』は意外と笑えたので、
なんとなく同じ路線に見えたこちらも挑戦!

が、全然笑えなかった。
ベン・スティラーは受け付けるけど、ウィル・フェレルはダメかも。

ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

フィッシュストーリー★★★☆☆

フィッシュストーリー [DVD]

フィッシュストーリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



森山未来みたさにレンタル。
なんか、いまいちだった。
森山未来がもっと見たかった。
すごくかっこよかった。

伊坂幸太郎の原作は、あんまり印象にない。
伊坂作品はいろんなリンクが面白いんだけど、このお話はそんなに良いリンクをしていない。

逆鱗の歌、「フィッシュストーリー」かっこいい。
もし僕の孤独が魚だったら・・・♪

fish story = ほら話 って何度きいても、忘れてしまう。

伊藤淳史はバンドマンっぽくない。
高良健吾はかっこいい。
ドラマー役は『ゴールデンスランバー』のロックな先輩、かっこいい。

posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ショーシャンクの空に★★★★☆

ショーシャンクの空に [DVD]

ショーシャンクの空に [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



名画として、名高い『ショーシャンクの空に』。
見たことあるような気もするし、ない気もするので、借りてみた。

確かに、よい映画。

でも、そんなにグっと心にこなかった・・・。

ティム・ロビンス大きいなぁ。
なんとなく、古尾谷雅人を思い出す。
posted by maricobabylon at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

GOAL!2★☆☆☆☆





『GOAL!』3部作の2作目。
『GOAL!』1作目は、わかりやすいサクセスストーリーで感動したけど、
これで3部作はきついんじゃないかなぁ・・・と。

で、案の定つまらなかった。
・レアルマドリッドに移籍した主人公は、成金のように
 高級車と豪邸を買う。そういう展開は良いとしても、表現が安っぽい。
・せっかくの移籍なのに、彼女はなんかいまいち喜んでないし、
 仕事があるからって、ついていかないし。
・母と弟の出現も、全然感動できない。
 なに、この弟!
・ベッカムしか知らないから、より楽しめなかったのかも。
・奥さん、看護婦さんなのに、携帯の音ONで急患運びながら、携帯見てるし・・・。

3は公開されたのかなぁと思ったら、DVDスルーだった。
テレビ放映も2で終了。3は超駄作みたい。
ラベル:GOAL!2
posted by maricobabylon at 00:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

アフタースクール★★★★☆

アフタースクール [DVD]

アフタースクール [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD


評判がよいので、期待してみたので、面白いけど、そうでもないかんじ。
(途中で寝つつ、ぼんやり見てしまい、見直したのが敗因かも・・・)

・よく『キサラギ』と比べられてるけど、断然『キサラギ』の方が面白い。
本作も凝った作りだけど、勢いがない!そして、なんかしっくりこない。
・「学校がつまらないのではなく、お前がつまらない」は良いセリフ。
・大泉洋は、なぜここまで人気があるのか?
 「水曜どうでしょう」を見てないからか、あんまり魅力がわからない。
・堺雅人、もっと見たかったあなぁ。佐々木蔵ノ介さんも良かった。
・靴は本人と一緒に買うものだと思うのですが、一般的にプレゼントとして成り立つのか?
・田畑智子がきれいめな服を着ているので新鮮だった。

『キサラギ』>>>>>>>『アフタースクール』
キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD


posted by maricobabylon at 17:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

セックス・アンド・ザ・シティ★★★☆☆



とりあえずTV放映されてたから見た。
やっぱりドラマ版を見てないと、イマイチ楽しめず。

・女の子とワイワイDVDで見たら楽しいのかも。
 だんなさんは即リタイア。こんなおばさんたちの映画・・・とのこと。
・テレビ未見だったので、冒頭に登場人物の紹介を早口でされても、覚えられなかった・・・。
・さすがに、オシャレ。
・妊婦手前の白地に青模様のワンピがかわいい。
・ウエディングドレスはもちろん素敵だけど、髪につけてた青緑の羽根が素敵。
・キャリーのあの面長顔は外国人男性には美人とみなされるのかしら?
・キャリーの恋人Mr.Bigのカッコ良さが全然わからん!
・ルイーズは『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソンだったのね!
・なぜ、サマンサにあんなに若くてハンサムな彼がいたのか?
posted by maricobabylon at 23:30| ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

あの頃ペニー・レインと★★★★★

原題はAlmost Famous
あの頃ペニー・レインと デラックス・ダブルフィーチャーズ [DVD]

あの頃ペニー・レインと デラックス・ダブルフィーチャーズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


『NINE』のケイト・ハドソンが良かったので、
いつか見ようと思ってた本作をチョイス。

・ケイト・ハドソンかわいい!
 もう、なんなの!っていうくらい、かわいい!
 コートの下の生胸が一瞬見えて、ドッキリ。
・フィリップ・シーモア・ホフマンがジャック・ブラックみたい。
・フランシス・マクドーマンド、強い母、かっこいい。
・ラッセルもナイーブかつ、かっこいい。
・ラッセルの彼女が可愛くなさすぎ・・・。
・主人公のパトリック・フュジット君よい。これ以降の活躍はないのかしら?
 もう君ではなく、大人なんだろうけど・・・。
・友達役はアンナ・パキンだったんだ。
・姉役が『イエスマン』でかわいかったズーイーだ。

・キャメロン・クロウ監督自伝的映画。ずごい青春時代だなぁ。
 そういえば『エリザベスタウン』は音楽がすごくよかったなぁ。

・泣けたシーン バスの中の合唱、母と姉の再会

・オープニングもかわいい。フランシスのスペル間違えて直すのも嬉しい。
・女の子の投げキッスがかわいい。
・サイモン&ガーファンクルがドラッグ音楽だなんて思ったことなかった!
・ラッセルと母と話した後、ラッセルが「怒られた」後、ウィリアムが「励ましだ」とサラっと言えるところが、母を認めていて?よいかんじ。
・飛行機のシーンは面白い。せっかくラッセルがきれいごとで
 「みんな愛してる」的に言ったのに、暴露話になってしまい・・・

・ラッセルが使った偽名ハリー・フーディーニって誰かなぁと思ったら、
 有名なマジシャンの名前だった。
・It's all happening=ゴキゲン

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD

 
↑話はひどいけど、音楽はよい!

ズーイーちゃんのバンド!
posted by maricobabylon at 16:00| ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

人生に乾杯!★★★★☆

人生に乾杯! [DVD]

人生に乾杯! [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


予告がすごく良かったので、ちょっと期待しすぎました。

こういうお話は結末をどうするか難しい。
すごい悲しい結末で終わっちゃうの?と思わせて、
そうでなかったのは嬉しいけど、ちょっと現実味ないなぁ。

おばあちゃんは元お金持ちの令嬢らしく、おしゃれで凛としてましたね。

初めてのハンガリー映画。
ハンガリーも不況なのかなぁ。

@鎌倉芸術館
ラベル:人生に乾杯
posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

NINE★★★☆☆

kate hadsonかっこいい♪

超豪華女優陣だし、『シカゴ』の監督だし、ついつい期待して見に行く。

でも、けっこう退屈・・・。睡魔と戦いながら見てました。
眠気が醒めたのは、ケイト・ハドソンの歌!
とってもゴージャスで素敵な世界!
全編こういうかんじを期待してたのに・・・。
ケイト・ハドソンのミュージカル見てみたい!

ペネロペ・クルスは相変わらずのセクシーっぷり。
ダイナマイトボディでの歌は惹きつけられます。
洗練とはかけ離れた赤い衣装を着させられて可哀相。

ファーギーはさすがの迫力。
砂まみれの中、圧巻。

それ以外は・・・。ジュディ・デンチがもったいない。
ニコール・キッドマンも美しいけど、もったいない。

ダニエル・デイ・ルイスのダメ男っぷりも、イマイチ・・・。
これをヒュー・グラントあたりがやったら、もっと茶目っ気があって
良かったんじゃないかなぁ。

ストーリーがとにかく?な上に、ミュージカルもこまぎれ感・・・。
あー、なんか豪華女優たちがもったいない!


ラベル:NINE
posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

築地魚河岸三代目★★☆☆☆

築地魚河岸三代目 [DVD]

築地魚河岸三代目 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD


高速バスで観賞。

大沢たかおが、もったいない。

話がつまらない・・・。
大沢たかおが築地を手伝う強引さが、おかしい。
婚約パーティをぶちこわす展開も、ひどい。

トラさんの後継を狙って作られたって聞いた気がしたから
もっと人情味あふれる感じになってるかと思ったのに・・・。

「カツオのガワ丼」のように、料理紹介がでてきて、「美味しんぼ」的に
楽しめるかと思ったら、そうでもなかった。
posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

自虐の詩★★★★☆

自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]

自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


高速バスで観賞。

良かった!泣けた!

幸恵と熊本さんの不器用な友情よいですね!
幸恵とイサオの愛の絆の展開もよい!


西田敏行はさすが!
ちゃぶ台返しも美しい!

でも、なぜ、イサオが尽くす男から尽くされる男に、なぜ代わったんだろうか?

中谷美紀はシリアスな映画だと恐すぎるから、こういうテイストの映画がちょうどよい!

原作の四コママンガも気になります。
自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

  • 作者: 業田 良家
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 文庫


ラベル:自虐の詩
posted by maricobabylon at 22:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

幸せはシャンソニア劇場から★★★★☆

幸せはシャンソニア劇場から [DVD]

幸せはシャンソニア劇場から [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


『コーラス』は大好きな作品で何度も観ました。
なので、こちらも期待。
予告編も良かったし。
私の好きなアコーディオンも出てくるし。

で、実際観たら・・・
それなりに良かった!
けど、『コーラス』ほどじゃないなぁ・・・。


もっとジョジョ(子役)が観たかった!
このジョジョはあの『コーラス』のおちびちゃんなの?
良いかんじに成長しているなぁ。
本当に彼のシーンは全部とっても良かった!

一番の感動シーンはジョジョとお父さんの再会シーン。
窓の下でアコーディオンを弾く姿に、泣けました。

でも、それ以外は、それほどでもない・・・。
コーラス メモリアル・エディション [DVD]

コーラス メモリアル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川ヘラルド・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ポー川のひかり★★★☆☆

ポー川のひかり [DVD]

ポー川のひかり [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD


ほわんとしたお話です。
(キリスト教をよく知っている人には深いものがあるかもしれませんが・・・)

図書館の事件現場、かっこよいです。
検事さん?が「まるで現代アート」といったのも納得の美しさ。

序盤がミステリーっぽい始まりだったのが、意外でした。

キリストさん、かっこよかったですね。笑顔が甘いです。
町の人々との触れ合いもよいですね。

私もポー川を見ながら、ワインとパンでのんびりしたいなぁ。

一緒に見た両親はポカンとして、「これは一体なんの映画なの?」というかんじでした・・・。

@鎌倉芸術館
posted by maricobabylon at 00:00| ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

アバター★★★☆☆

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


キャプテンEO以来の3D映画鑑賞!
すごいすごいと噂のIMAXで観てきました!
映画は¥1000サービスデイで見るものと思ってるのですが、
IMAXは全く割引なし!でもせっかくならIMAX!¥2200!

とにかく酔った!
次の朝まで、なんか気分悪い・・・。
字幕も前へ後ろへ一定の位置にないのも疲れます。
見終わった後、目が疲れたのか涙がボロボロ・・・。
そして気づいたらコンタクト紛失してた・・・。
これは後ろの方で見ないとダメですね。
意外に、気持ち悪くなったという意見は聞かないのですが・・・。

でも、3Dはすごかった!
『アバター』は奥行き系、『アリス』は飛び出す系という評判通り、
『アリス』予告のネコが一番飛び出してた。

光がキラキラしているところとか、とにかくきれい!
パンドラに行きたくなりました。

ストーリーは『もののけ姫』に似てると言われてますが、
確かに、そんなかんじ。

アメリカ軍のリーダー?がものすごくマッチョで強くて、笑えた。

あとナヴィが大きいのが意外だった。

ストーリーとしては、特にぐっとこないので、2Dでビデオを借りて見る必要はないと思う。
あくまで3D体験を目的に見る映画。

IMG_1245mini.jpg
3Dメガネなしで、3Dに見える時代が早く来ないかなぁ。
ラベル:アバター
posted by maricobabylon at 00:00| ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ココ・シャネル★★★☆☆

ココ・シャネル [DVD]

ココ・シャネル [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD


英語圏以外の国のお話が、英語で演じられるのは、
ある程度仕方がないことだと思っている。
でも、シャネルは絶対フランス語でしょ!

シャーリー・マクレーンは素敵だけど、
やっぱり英語で演じられるだけで、テンションが下がってしまう・・・。
たまにフランス語訛りっぽい英語を話す俳優さんたちがいるので、さらに違和感・・・。

シャネルの若い頃の女優さんは素敵だけど、なんとなくイメージが
シャーリー・マクレーンにつながらない・・・。

ビジネスパートナー役のマルコム・マクダウェルは『時計じかけ〜』の
アレックスだったのね!確かに目元が!

シャネルの白い階段の仕事場、素敵!
シャネルのお洋服たちも、素敵!

立て続けにシャネル映画が公開されてるけど、
何かの記念イヤーだったのかしら?

2010/3/18 鎌倉芸術館 かまくら銀幕上映会にて半分くらい観賞

posted by maricobabylon at 14:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

"映画祭"の映画祭! @キラキラ橘

Mっちゃんに頼まれ急遽ボランティアに行ってきました。
「"映画祭"の映画祭! in39アート」のイベントで『ビール片手に井戸端会議』

国内の映画祭からプログラミングディレクターをお迎えし、スペシャルトークを開催。
IMG_0979mini.jpg
<ゲスト> 塩田時敏(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭)
       藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭)
       矢田部吉彦(東京国際映画祭)
<МC>  岸井大輔(劇作家)
15:00−16:30 @キラキラ会館

なんとビールビール付の無料座談会!
IMG_0978mini.jpg
それぞれの映画祭の裏話など聞けて面白かった!
特に気になったのは、山形国際ドキュメンタリー映画祭。
PRビデオが地元密着でほのぼのしててよかった!

夕方はキラキラ橘館で映画上映。手作り感がよいかんじ。
IMG_0974mini.jpg
posted by maricobabylon at 15:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗★★★☆☆



飛行機内にて鑑賞。

なんだか、よくわからん。
マンガも何度も読んでもイマイチわからないし(でも何度も再読しちゃいますが・・・)
私には難しい複雑なお話です。
登場人物がたくさんいるので、大変です。
原作も映画も、最初の大晦日までが一番盛り上がりました。
連続TVドラマでわかりやすい解説付きとかで見たいかも。

・結局フクベエではなく、カツマタ君?
 最後の神木君は、結局フクベエ?

・カンナ役は、残念ながら演技が最後までうまくならなかったなぁ。
 カンナ役が決まらなかったら引退を考えていたとインタビューで言ってたけど、
 今後も厳しそうで、心配。
 カンナ役がもっと演技のうまい女の子だったら、もっとこの映画も違ったかも。

・古田新太は相変わらずカッコよい!
・小池栄子の過剰な演技もけっこう好き。広末の『恋愛写真』の怪演を思い出すなぁ。
・唐沢寿明と宮迫は目元が似てる。
・全般的に大げさで、大げさ感は嫌いじゃないけど、黒木瞳の大げさ感はイマイチ。
・小泉は本当にマンガにそっくりだ!
・もっとユースケ・サンタマリアが見たかった!
 どんなシーンに出てたか、思い出せない・・・。
posted by maricobabylon at 00:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ [DVD]

パラノーマル・アクティビティ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


飛行機内でザラっと見る。
恐かった!けど、スッキリしない!

恐い。これ、人の入りの悪い映画館や、夜中に1人で家で見たら、
相当恐いだろうなぁ。

定点カメラで、こんなに恐いって新鮮かも。

結末は期待しないほうが良いんだろうなぁと思ってみてたけど、
やっぱり「えっ!」なかんじ。

アメリカでは大ヒットしたのかな?
満足度はどうだったのかしら?
『呪怨』の方が、1000倍恐い。
『ザ・リング2(ナオミ・ワッツ版)』の方が、トンデモ度では100倍笑える。

posted by maricobabylon at 10:48| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

クララ・シューマン 愛の協奏曲 チラ見

クララ・シューマン 愛の協奏曲 [DVD]

クララ・シューマン 愛の協奏曲 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD


バイトの間にチラ見。
『マーサの幸せレシピ』の女優さん、マルティナ・ゲデック姐さんが
かっこよい。
シューマンはあんなにダメ人間だったの?
芸術家が繊細なのは仕方ない?
ブラームスはあんなにかっこよかったの?
今度、きちんと見なおそう。

IMG_0198.JPG
Uさんより、バレンタインチョコいただきました。
サンリオがかわいい!
posted by maricobabylon at 17:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

グリーン・ゾーン★★★☆☆

Green Zone: Imperial Life in the Emerald City (Film Tie in)

Green Zone: Imperial Life in the Emerald City (Film Tie in)

  • 作者: Rajiv Chandrasekaran
  • 出版社/メーカー: Bloomsbury Publishing PLC
  • 発売日: 2010/03/01
  • メディア: ペーパーバック


東宝東和のスニークプレビュー試写会。
スニークプレビューはどの映画かわからないのですが、
東宝東和の今後の公開作品は直近の『ダレン・シャン』か
『グリーン・ゾーン』。
『グリーン・ゾーン』だといいなぁと思ってたら、そうで嬉しい!

『グリーン・ゾーン』は『ボーン〜』シリーズの
マット・デイモン&ポール・グリーングラス監督コンビ!

これは期待できそう!と思っていたのですが・・・

なんかいまいちグッときませんでした・・・

*あらすじ
一触即発の危険地域に囲まれたイラク・バクダッドの
グリーン・ゾーン(イラク中心部の米軍駐留地域)。
主人公はCIAの上官による大量破壊兵器調査を補佐する下級准尉。
アメリカ国防総省の思惑、偽情報、銃弾戦の中、
真実を追い続ける男のアクション・サスペンス大作!

*キャスト
・マット・デイモンは良い。が、役に面白みが感じられない・・・。
・その他キャストもいまいちキャラ立ちしてない気がする。
 悪玉も味方もなんかいまいち。
・イラク人のフレディはベタですが、イランの国民の声を反映していて、
 こういうイラク市民の声をアメリカ軍、アメリカ政府、アメリカ人は
 どう感じるんだろう?

*内容
・そういえば、大量破壊兵器って見つからなくて、アメリカはどうしたんだっけ?
・アメリカは、一体なんだって、人の国の話に偉そうに首つっこんでんだろ?
・大量破壊兵器見つけるより、市民の安らかな生活を支援しなよ!
とか、いろいろ考えさせられる内容ではある。

でも、なんかグっとこない。
全般的に画面がベージュ・灰色なかんじ。
銃撃戦では睡魔が襲う・・・。
なんかエンタテインメントになりきれないけど、
社会派かというとそうでもないような・・・。

でもこういう映画を好きな人々には、面白いのかも。
せっかくの内容だし、そうでない層の心をつかむ映画だったら
よかったのになぁ。

マット・デイモンは目元だけ映すと、レオ様にそっくりだ。
↓ボーンシリーズの殺人兵器っぷりは潔い!
ボーン・スプレマシー [DVD]

ボーン・スプレマシー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD


posted by maricobabylon at 21:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ゴールデンスランバー★★★★★

とっても面白かった。
泣けて、笑える。


原作は去年のマイベスト1!
 旅行中の電車で読み、面白くて、もう一度読む。
 読み直せば読み直すほど、いろいろつながる系。

キャストも最高! ちょっと豪華すぎて、香川照之、貫地谷しほり、相武紗季、TKO木下あたりは
 無名な人でも良かったかも。

堺雅人は、すごいなぁ。あの不思議な笑顔はなんなんだろう?
 私の好きな俳優ベスト3の1人です。
 (あと2人は山本耕史とユースケ〜)
竹内結子はかわいいなあ。監督がかわいいって思ってるのが感じられる。
・吉岡秀隆は学生時代のカジュアル服が新鮮。
 普通の髪型で、普通の服着た、普通の人役をもっと見てみたい。
・劇団ひとりもちょっと年齢的に上記3人に比べて若すぎかと思ったけど、
 よかった。
ロックな先輩、かっこいい!今回のヒット!
キルオの濱田岳。よすぎ!最初の登場シーンなどかっこいい!
 金八出身の永遠のいい弟役で終わってしまうかと思いきや、
 『アヒルと鴨〜』、今作とよかったなぁと安堵。
・伊東四郎、ベンガル、柄本明はさすが。
・ソニン久々に見た。シングルマザー似合う。
・ロック先輩嫁。リモコンの音あげるのがピッタリ。板尾の嫁的雰囲気。

原作でも泣き所満載だけど、映画も泣けた。
泣けたシーンベスト31.ロックな先輩の「どうせお前じゃないんだろ?」
2.お父さんがマスコミに「お前らは息子の何を知ってるんだ!
  俺はよく知ってる」
3.「痴漢は死ね」(原作では死刑だったっけ?)

・とにかく伊坂ファンには納得の出来だと思う。
 あの分厚い本をどうまとめるかと思ったけど、青柳中心にいい具合。
 「犯人は俺じゃない」
 「たいてい犯人は犯人じゃないっていう」
 「じゃ、俺が犯人だ」
 って言っちゃったとき、アー!って思ったけど、この伏線は
 使われてなかった気がする。
・花火で小鳩沢が吹っ飛ぶのはちょっと・・・。

・原作未読の同行者も、いろいろ唐突だけど、全体的には面白いとの感想。
 確かに原作読んでないと、よくわからないところは多そう。
・JFK事件のことも知ってると、教科書ビルセンターとかの
 単語にも反応できて少し嬉しい。
 オズワルドって、言いたくなる名前だ。
 マイケルやジョージが犯人よりも、「オズワルドが犯人」の方が、
 断然キャッチー。

・私がオズワルドにされたとき、まわりの人々がこんな風に思ってくれたら
 泣ける。

・とにかく、大きな目でみれば、きちんと面白いと思う。
 映画を面白いと思ったら、ぜひ原作も読んで欲しい。
 入院患者のエピソードとか、配送業の先輩とのくだりとか、
 大きな悪の力とか、いろいろ深く楽しめる。

・私の第二の故郷、仙台の街並がたっぷり。
・斉藤和義の音楽もよい!

・今日はTOHOシネマズが14日(トーフォー)でサービスデイ。
 小さなスクリーンのため、ほぼ満席。
 日曜日は普段よりポップコーン買うお客さんが多い気がする。
ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/11/29
  • メディア: ハードカバー


posted by maricobabylon at 16:00| 🌁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ナイル殺人事件★★★★★

ナイル殺人事件 デジタル・リマスター版 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

ナイル殺人事件 デジタル・リマスター版 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


エジプト関係の本や映画って意外に?少ない。
このDVDは近所のレンタル屋で「もう、5年も借りられてないから、ないかも・・・」と
言われたが、探したらあった。(ここの店員さんは、探してくれない・・・)

出演者を見ると、豪華でビックリ!
トルコに行く前に見た『トプカピ』のピーター・ユスティノフ
大好きなジェーン・バーキン♪、壊?女優ミア・ファロー
重鎮マギー・スミス

140分の長さを感じさせない、すごく良い映画!
エジプト風景も堪能!


ポアロはTVシリーズが大好き!灰色の脳細胞がぴったりのポアロ。
 ヘイスティングス君もよい。
 で、映画版のピーター・ユスティノフは、とぼけたかんじだけど、
 このポアロもありだ!
 お決まりのフランス人ではなく、ベルギー人との訂正も嬉しい。
 特に「パリで・・・」と嫌味を言われたとき、「ブリュッセル」とお言い!
 というかんじで、ベルギーの首都も覚えた。

・序盤からミア・ファローの大竹しのぶ的危ういお芝居に釘付け!
 ピラミッドの頂上や神殿で、神がかった建築物説明!かっこいい!
 昔はピラミッド登れたけど、今はダメで残念。

・リネット(相続でリッチでみんなに恨まれている)とジャクリーンは
 姉妹か親戚かと思いきや、ただの友達だったのね・・・

・リネット夫は、すぐ殺される顔だなぁ・・・と思いきや・・・

・ポアロと大佐のヘビのシーン、かっこいい!

・かわいい娘役だなぁと思ったら、オリビア・ハッセーだった。
 本当にかわいい!

・ジェーン・バーキンは、はすっぱな?家政婦なかんじが、よい。
 『地中海殺人事件』にも出てるみたいだけど、同じ役?

・とにかくみんなクラッシックな装いが素敵♪
 ジェーンバーキンのメイド姿、オリビア・ハッセーの帽子、
 マギー・スミスの黒ガウンやタキシード調スーツ・・・
 もう、全て素敵♪

・現代は『Death on the Nile』。殺人事件という言葉は、
 マーダーケースほど残酷な雰囲気もなく、
 深刻にも、悲壮にも、B級にも合う、なんか良い日本語。

次はどっちを見ようかな?
オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD




posted by maricobabylon at 16:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

トロイ★★★☆☆

トロイ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

トロイ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


全般的に退屈だ。
ブラピとエリック・バナが、かっこよいだけだ。


2004年公開時見たときは、ピンとこなかった。
歴史大作は苦手
今回TV放映は2時間だけど、本当は160分。
2時間でも、私には長いけど・・・

先日、トロイ遺跡に行ってきた。
歴史的背景の知識は増えたけど、映画はやっぱりピンと来ず。
(TV放映だと、いちいち誰が誰と要所要所で出て親切だ。
 鎧を着ると、誰が誰だかわからないし・・・)

・ブラピかっこいい。骨格太いなぁ。ムキムキだ。
 このために3年鍛えたらしい。
・エリック・バナもかっこいい。
 この俳優さんは、もっと評価されて良いと思う。
・オーランド・ブルームはヘタレキャラが定着?
・ダイアン・クルーガーは美人だけど、どの作品でも魅力が感じられない。
・アキレス従兄弟のパトロクルスはブレイクするかと思いきや、しなかったみたいだ。

・トロイの木馬はフィクション。実話ではない。
 木馬からモワモワと人が出てくるシーンは好き。
 現在トロイにある復元木馬はツルリとしたかんじだけど、
 映画ではゴツゴツ?していた。

エリック・バナは『ハルク』を始め、パッとしないけど、
『ミュンヘン』はつらいけど、見るべき映画。
ミュンヘン スペシャル・エディション [DVD]

ミュンヘン スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD


アキレスと亀
アキレスと亀がいて、徒競走。
アキレスの方が足が速い(アキレスの枕詞は「駿足の」byイリアス)で
亀がハンデをもらって、スタートすることとなった。
スタート後、アキレスが地点 A に達した時には亀は
アキレスがそこに達するまでの時間分先に進んでいる(地点 B)。
アキレスが今度は地点 B に達したときには亀はまたその時間分先へ進む(地点 C)。
同様にアキレスが地点 C の時には亀はさらにその先にいることになる。
結果、いつまでもアキレスは亀に追いつけない。
ゼノンのパラドックスだが、歴史家パボリノスの説によれば、
この議論を創始したのはパルメニデスであるという。
ラベル:トロイ
posted by maricobabylon at 23:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

崖の上のポニョ★★★★☆

崖の上のポニョ [DVD]

崖の上のポニョ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD

2/5金曜ロードショー
ポニョかわいいんだか、気持ち悪いんだか、不思議だ。
「ポニョ・ソウスケ・好き!」が真似したくなる。
「ポ〜ニョポ〜ニョポニョ♪」を最初に聞いたときは、衝撃だったなぁ。

・駿さんにしろ、MJにしろ、環境問題ははずせないかんじだなぁ。
 MJが環境問題を訴えるのは、しっくりするんだけど、
 それ以外の人が訴えても、なんかグっとこないのは、なぜだろう?

・ポニョが人間になるところの、ブワーってしたかんじとか、
 魚?波?の上をタタタタって走るところとか、
 駿さんの頭の中は、ブっとんでるかんじ

 昔、『ファンタジア』や『アキラ』見たときに感じた感覚に近い衝撃。

・「ガスは使えるかな?」
 「プロパンだから使えるんだよ」
  とか、今までの作品では気づかなかったリアルなかんじ。

・ポニョとソウスケがおもちゃの船で出かけてるくらいから、
 ちょっと飽きてきて、掃除しながら見てたら、
 気づいたら、おばあちゃんたちが立ってた。
 お母さんが女神と話してた。
 何があったんだろう?
 女神はグランマーレかと思いきや、グランマンマーレ。
 "偉大な海のごはん"かな?

・友人のNDK夫婦は泣いたそうだが、どこでだろう?終盤かな?

・yahoo映画レビューの評価が★1か★5かで両極端。
 つまらないレビューが多い・・・。
 ★5は駿さんファンの素直な感動で、
 ★1は有名人を声優に使うなとか、環境問題が冒涜とか・・・

↓駿さんも、ディズニーも、思いいれありませんが、天才です。
ファンタジア [DVD]

ファンタジア [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ハッピーフライト★★★★☆


8ch土曜プレミアム映画で放映。
航空業界がザラっとわかる社会化見学風映画。
ストレートでベタですが、楽しめます。


主要俳優さんは、良くも悪くもイメージ通りの役柄。
登場人物が多く、話は薄いので、感動は特にない。

・パイロットの帽子に意味があるんだなぁ。
 機長と副機長は、違う機内食を食べる。「You have」「I have」
・バードさんがいるのね。
・グラホは大変だなぁ(今はグラスっていうのかな?)。
・天候コントロールセンターも大変だなぁ。
・整備士もすごい責任重大だ。工具箱は厳重管理。
・管制官は頭の回転が早そう。
・昔はスチュワーデスに憧れたけど、今は頼まれてもイヤだな。
 "CAは保安要員としての役割が80%、サービス業20%"と聞くと、
 海外航空会社はゴツイ女性や男性が多いのも、安心できる。

・綾瀬はるかはかわいいなあ。グー!の笑顔が最高。
・平岩紙のように、のんびり風に生きたい。
・大沢たかおは情けない役が多いなぁ。
・寺島しのぶのお客説得シーン、田畑智子の荷物おっかけシーンがよかった。
 田畑智子と出会った男性がカッコよかったけど、無名な人かな?

↓『ウォーターボーイズ』はすごい好きだったなぁ・・・
ウォーターボーイズ (通常版) [DVD]

ウォーターボーイズ (通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

デトロイト・メタル・シティ★☆☆☆☆



テレビでやってたので見ました。
原作マンガが話題なので、読もうとして、1巻で挫折。
映画はそこそこ話題だった気がしたので、マンガより面白いかなぁと
若干期待してみたんだけど、マンガと同じくらい、入り込めず。

カジ君の音楽が懐かしい。大好きだったなぁ。
渋谷系好きとしては、もうちょっと主人公に共感?できるかと
思ったんだけど、ちょっと・・・渋谷系バカにされてるかんじ・・・。

加藤ローサかわいいなぁ。最初、『キャッチアウェーブ』は
とんでもなく下手な女優さんだと思ってたけど、
なんか、あのかんじが素なのかと慣れてきた。

ロバートの秋山は出演した意味がないかんじ。
大倉孝二ももったいない。

“最初にTV用に編集してます”と出たけど、
いつからそんなこと宣言するようになったんだっけなぁ?

ミニ・スカート

ミニ・スカート

  • アーティスト: 加地秀基,加地秀基,カジヒデキ,片山裕吾,Eggstone,住田芽衣,渡辺真,トール・ヨハンソン,神田朋樹,小山田圭吾
  • 出版社/メーカー: ポリスター
  • 発売日: 1997/01/29
  • メディア: CD


↑名作です。初期のカジ君、大好き♪
posted by maricobabylon at 00:00| ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

『THIS IS IT』★★★★★@109横浜

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


やっと見に行けました。
やっぱりマイケルはすごいなぁ。

映画にするためにリハーサルしてたわけでもないし、
編集もじっくりしなかっただろうし、
ストーリー性とかは、あれだけど、
マイケルってやっぱすごいなぁということだけで、充分楽しめる。

なんか暖かいコンサートリハーサルだなぁ。
全然ピリピリしてない。
オーディションで選ばれたメンバーは、みんな本当に嬉しそう。

マイケルのライブビデオを映画館で見たいなぁ。

私の中でマイケルジャクソンといえば、
小学校の頃、英会話で習った『we are the world』。

サービスデイではないので、ゆったりエクゼクティブシートで
見れました。


後日、じわじわ、じわじわ、なんか感動がやってきました。
音のいい109川崎で見ればよかった・・・。
オリアンンティ(声に出して読みたいカタカナ)。
マイケルCD買おうかなぁ。
ジャクソン5とスリラービデオしか持ってないし。
↓名盤です。
The Ultimate Collection

The Ultimate Collection

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Motown
  • 発売日: 1996/01/23
  • メディア: CD


ラベル:109横浜 This is it
posted by maricobabylon at 00:00| ☁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

『フォロー・ミー』★★★★☆

TOHOが午前10時の映画祭と名うち、名作を上映するらしい。
TOHO川崎は上映なしみたい・・・。

そのラインナップの中で映画マニアのE島さんおすすめが今作。
あの、ショートカットの女優とトポルの・・・という容量を得ない説明でしたが、
ちょうど今日のテレビ東京の名作劇場でやってました。
ショートカットはミア・ファローだったんですね。

『第三の男』のキャロル・リード監督による大人のラブストーリー。
ロンドンを舞台にした、夫婦の絆などヒューマニズムの傑作らしい。

英国の上流階級に属す会計士のチャールズは
妻ベリンダ(M.ファロー)の浮気を疑い、探偵(トポル)に依頼するが……。

・女子はきっと好きな映画です。
 妻と探偵の話さないデートはロマンチック。
・ミア・ファローはちょっと大竹しのぶっぽい。
 吹替の人の声が似てたのかも・・・。
 顔は痩せすぎで、ちょっと骸骨っぽい・・・。
・初めて見たトポルさんは、とってもほんわかした雰囲気。
 イスラエル出身の舞台俳優で、『屋根の上のバイオリン弾き』で主人公を演じ、
 アカデミー主演男優賞ノミネート。1981年『007 ユア・アイズ・オンリー』にも出演。
 そのうち、チェックしてみよう。
・トポルの吹替の声も、よく聞く声だなぁと思ったらコロンボの石田太郎さんだったみたい。
・主要人物が3人なのも、わかりやすくて好きです。
・カリフォルニアから来た妻がロンドンをいろいろ巡るので、
 ロンドン観光前に見たらよいかも。
・1973年の作品なので、洋服が私好み。
 ヒッピーっぽいのもかわいいし、細身のコートなどもかわいい。
 迷路で着てたピンクのコートとストライプシャツの組み合わせもかわいい。
・探偵さんが食べていたマコロンはマカロンのことかな?
 ちょっと大きい気もしたけど。
・周防監督の『Shall we ダンス?』の探偵事務所の壁に
 「フォロー・ミー」のポスターが貼ってあったらしい。
・ジョン・バリーの主題歌も渋くて素敵です。
posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009総括 映画

 
★劇場にて鑑賞 23本
 上半期にけっこう行きましたが、9月以降はあまり行けず。
 今年は名作が多かった。甲乙つけがたい。

1.ラースとその彼女 すごく優しさに溢れていて、好き。
2.フロスト×ニクソン 手に汗にぎった。ニクソンに興味が出た。
3.ミルク さすがショーン・ペン。ミルクの人生、すごいです。
4.おくりびと 祝アカデミー。モックンにおくられたい。
5.96時間 アクションですが、ニーアム・リーソンが渋い。
6.グラン・トリノ イーストウッドの頑固じじいっぷりが素敵。
7.スラムドッグ$ミリオネア すごくスカっとする。エンタテインメント!
8.チェンジリング 母強し。
9.ダウト 〜あるカトリック学校で〜 メリルストリープ×フィリップシーモア・ホフマンですごい。

★DVDなどで鑑賞 42本?
  近所のDVD屋のサービスデイに通いました。

1.INTO THE WILD ダントツに好き!
2.キサラギ 繰り返して見たくなる。ユースケ・サンタマリア好き。
3.エターナル・サンシャイン 映像のトーンが好き。
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


ラベル:映画
posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ROOKIES -卒業-★★☆☆☆


ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]

ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD



飛行機内にて鑑賞。

TVドラマの再放送は半分くらい見て、ストレートさに好感が持てた。
出演者も佐藤隆太、佐藤健、桐谷健太は、けっこう好き。
市原隼人、高岡蒼甫は苦手だけど・・・ヤンキー感が・・・。

みんなが交代に散々テレビに出ていたとき、ワイドショーの
トークコーナーゲストで尊敬する人、ポケモンって言ってて、
謙虚な話し振りとブレーウダンスと合わせ技でキュン!

「夢にときめけ、明日にきらめけ」なんて満面の笑顔でしつこく言っても
ストーレートに共感できるのは、佐藤隆太の笑顔あってこそ。

で、映画ですが、評判も悪くないし、ちょっと期待したのですが・・・

ちょっと熱過ぎ。
いや、暑いのはいいのですが、なんか見せ場つなげてる感がなじめず。
ストーリー薄すぎませんか?

新人の投入も、いまいちなかんじ。
線の細い山本裕典は、すごい選手には見えず。
もう1人の石田卓也も、パっとせず。

出演者たちが団結してるかんじなのは、好感が持てた。

GREEENの歌はいいですね。
posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ★★★☆☆


旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ スペシャル・エディション [DVD]

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



飛行機内で鑑賞。
タイトルは聞いたことがあるような、ないようなノーマークだった作品。

旭山動物園は去年行って、全モグモグタイム制覇。
1日かけて、じっくり見れる楽しい動物園。

TVドキュメンタリーも何個か見て、がんばってるなぁと感心した。

主人公不在なかんじのお話で、イマイチ入り込めなかった。
主役は頼りなさげな飼育員さんかと思いきや、
そうでもなさそう。
この飼育員を演じた中村靖日さん、初めて見た。
ジョゼ虎に出てたみたいだけど、印象なし。

どうせなら西田敏行さんがガッツリ主人公の
ベタな感動ストーリーにしてくれれば、良かった気がする。

萬田久子さんの市長さん、軽いなぁ。
あっさり予算が出て、びっくり。

動物愛護運動?をしていた前田愛さんが、
動物園で働くようになる心の変化もそんなに伝わってこず。

動物の映像の挿入のしかたが、ちょっと違和感あった。
posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余命1ヶ月の花嫁★★☆☆☆


余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション [DVD]

余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



飛行機内にて鑑賞。

瑛太は好きなのですが、榮倉奈々がどうしても好きになれない。
元になったドキュメント番組を見ていなくて、
そして映画にまつわる黒い噂をネットで読んでしまったので、
期待せずに鑑賞。

序盤の榮倉奈々の病気前のコンパニオン時代のカツラ?が違和感。

好きな人ができて、つきあって、でもガンってわかったら、
いつ言うかなぁ。同棲前には言うべきじゃないかなぁ。
でも、幸せだったら、ついつい言えなくなっちゃうかなぁ。
でも、やっぱり言うべきだと思う。

そしてそれでもいいって言ってくれても、病院に泊まったり
無理させたりはイヤだなぁ。
でも、やっぱり彼が一緒にいたいんだよ!なんて言ってくれたら
甘えちゃいそうだなぁ・・・

と女子は妄想してしまいますね。多分。
男性はどんな気持ちで、この映画を観るんでしょう?
自分の彼女が余命わずかになったら・・・とか考えるのかなぁ。

瑛太の良さが出てなくて、残念。
やっぱり『アンフェア』の彼を越えるものは、まだないなぁ。
『アヒルと鴨〜』『ラストフレンズ』もよかったけど。

入院している千恵さんが、「何してた?」と聞かれ、
「生きてた」と言うのは、映画で観るとあざとく感じるけど、
自然に言うって、なんだかすごいなぁ。

JUJUの主題歌、好きです。

私もそろそろ乳ガンの検査に行こうかなぁ。
あんまり、乳がん検査啓蒙映画ではなかったなぁ。
ドキュメンタリーは胸にグッとくるものだったのかしら?
posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホノカアボーイ★★★☆☆


ホノカアボーイ [DVD]

ホノカアボーイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



飛行機内にて鑑賞。
ちょうどレンタルしようと思ってたので、嬉しい。

岡田将生君かわいい。気になる。
『ハルフウェイ』の予告でノックアウトされました。

きっと内容はあまりないけど、雰囲気を楽しむ系の映画だと
思うのですが、そういう映画は機内の小さい画面では
満喫できず、残念。

でも、岡田君は素敵っぽかった。

ビーの不思議なかんじが、しっくりこなかった。
ピーナッツいれちゃ、ダメでしょ。

ハワイのドーナッツ(バサラナだっけ?全然違う名前かも)も
食べてみたい。

観光っぽいハワイでなく、自然にゆったり暮らすハワイを
私も体験してみたいなぁ。

長谷川潤ちゃんは、本当にハワイにいそうな自然なかんじで
かわいかった。

松坂慶子さんは、もう太っていくことを受け入れたかんじだ。

大きな画面で見れば、もっとグッときたのかなぁ。

↓近日中にレンタルに行こうかなぁ。

ハルフウェイ [DVD]

ハルフウェイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

16ブロック★★★☆☆


16ブロック [DVD]

16ブロック [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



日曜洋画劇場で鑑賞。
けっこう面白かった。
「人は誰でも変われる!」とストレートで、けっこう好き。

・昔の映画かと思いつつ、2006年とけっこう最近なんだ。
 ブルース・ウィルスだからノーマークだった。
・いつ、ブルース・ウィルス出てくるのかなぁと思ってたら
 よれよれな刑事がブルース・ウィルスだった。
・ずっと酔っ払い口調。吹替声優さん、大変だ。
 ブルース・ウィルスもずっと酔っ払い口調だったのかなぁ。
・モス・デフかわいらしい。
 99の岡村的。
・モス・デフの早口も気になるし、字幕で見てみたい。
・デビッド・モースさんも良いかんじ。
 他の映画も観てみたくなる。

以下、ネタバレ
・バスから降りたモス・デフが戻るところが、よかったなぁ。

テレビで映画を観るようになって、ブルース・ウィルスを
何本か見た。
ブルース・ウィルスがなんで人気があるのか、
いまさらながら、わかるようになった。

↓私が唯一、お金を払ってみたブルース・ウィルス映画。

パルプ・フィクション [DVD]

パルプ・フィクション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD


ラベル:16ブロック
posted by maricobabylon at 21:00| ☔| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

チアーズ!★★★★☆


チアーズ! [DVD]

チアーズ! [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝ビデオ
  • メディア: DVD



中古ビデオを¥200で買ってたのを、鑑賞。

キルスティン・ダンスト主演、チアリーディング青春映画。

・超ベタな映画。カリフォルニアの明るいアメリカの雰囲気と
 かわいいチアリーディングシーンが楽しめます。

・キルスティン・ダンストは相変わらずかわいいのか
 そうでないのか微妙ですが、なんかかわいい。
 『エターナル・サンシャイン』でタンクトップにパンツで
 ベッドの上で踊るシーンでスタイルよいなぁと思ったのですが
 この映画でも、普通に下着だったりしてます。
 
・ベタな展開はわかりやすいけど、彼の浮気の展開もベタベタすぎ?

・アメリカ人の女の子たちは、けっこうしっかり筋肉がついてるかんじ。

・チアってアメリカのノリだなぁ。
 でも、上に高く放り投げられてみたい!楽しそう!

ラベル:チアーズ!
posted by maricobabylon at 14:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

ゼロの焦点★★★☆☆


ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版

ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/10/17
  • メディア: 新書



招待券をもらったので、見てきました@109シネマズ川崎。

それなりに期待して見に行ったのですが、うーん・・・。

・広末好きだけど、なんかナレーションがしっくりこない。
・中谷美紀はきれいだけど、どんどんホラーなかんじ。ダダっぽい。
・木村多江は、相変わらずの幸薄。
・西島秀俊もこんなかんじの役が多いなぁ。
・崎本君が出てたけど、この役いるのかなぁ。
・戦後を知ってる人だったら、もっとぐっときたのかなぁ。
・中島みゆきのエンディングも・・・。

以下、ネタばれ。
・傷だらけにサングラスの中谷美紀、こわすぎ。
・なぜ鹿賀丈史 は自殺したのか?
・最後のオンリーユーに違和感。
・最後の銀座の風景いる?

犬童監督は『ジョゼ虎』は良かったのになぁ・・・。

ジョゼと虎と魚たち [DVD]

ジョゼと虎と魚たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: アスミック
  • メディア: DVD



ラベル:ゼロの焦点
posted by maricobabylon at 18:30| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

PARIS★★★☆☆


PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: CCRE
  • メディア: DVD



バイトの合間に、上映開始40分〜1時間30分くらいまで鑑賞。

・病気で心臓移植を待つしかない元ダンサーの主人公と姉をメインに、
 パリで暮らす人々10人くらいの物語。
 こういう軸の定まりにくいお話はあまり得意ではない。
 この監督の『猫が行方不明』も、昔、タイトルとチラシにつられて
 銀座まで見に行ったけど、なんてことなかった気がするんだよなぁ。

・主人公の姉は45歳?48歳?になったジュリエット・ビノシュ。
 儚げな素敵な笑顔は健在です。

・余命はかない主人公の
「生きてるんだから、楽しまなきゃ」っていうようなかんじの語りは
 良かった。
 まあ、生きてるとそうも言ってられないことも多い気もしますが・・・。

・大学教授とその教え子がストーカーっぽい関係から、
 いきなりベッドインしてて、ビックリ。
 大学教授のダンスシーンがとても良い!
 この映画で一番好きかも。
 教え子役、きれい。『イングロリアス・バスターズ』に出るみたい。

・なんか昨日観たサイドウェイといい、今日のPARISと言い、
 人って、そんなに簡単に寝るんだっけ?というかんじ。
PARISはアムールの国だから、これくらいは当たり前かしら?

・魚屋さんのみなさんの顔が似てて、なかなか区別がつかなかった。

・エッフェル塔とセーヌ川が見えるアパルトマンに住みたいなぁ。
 でも、曇り空が多そうだし、やっぱり住むならニースかなぁ。
 マルシェ(市場)楽しそうだなぁ。

・ロランの弟役は、なんとなくダスティ・ホフマンぽい。

・主人公のムーランルージュダンスシーンを見逃し、残念・・・。

・パリっぽい、フランスっぽい映画です。
 パ・マルな映画ですが、観てないところが観たくなるほどでもなかった。

・渋谷のBunkamuraでは満員続出だったみたいですが、
 本日の大船の鎌倉芸術館での上映はガラガラでした・・・。

ちなみに今後の鎌倉芸術館映画上映会の日程は
11/26木『いとしい人』,12/15火『サガン』,
1/7木『夏時間の庭』(再びジュリエット・ビノシュ!)
2/18木『クララ・シューマン』,3/18木『ココ・シャネル』
となかなか優雅なラインナップです。

ジュリエット・ビノシュと言えば、レオス・カラックス。

ポンヌフの恋人〈無修正版〉 [DVD]

ポンヌフの恋人〈無修正版〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズ・ビデオ
  • メディア: DVD




ラベル:paris
posted by maricobabylon at 16:30| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

サイドウェイ★★★★☆


サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]

サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



日本リメイク版が公開されることもあって、深夜にテレビ放映。

・とにかくワインが飲みたくなるなぁ。
 ワインの世界は奥が深そうだ。
・ポール・ジアマッティって顔と名前があっているなぁ。
・売れない役者役のトーマス・ヘイデン・チャーチ。
 売れない役者役がリアルなかんじ。
 確かに、昔のアメリカンドラマに出てそう。
 今の日本にはいないようなガツガツした肉食系が、ちょっと眩しい!
 どこかで見たことが!と思ったら、『スパイダーマン3』のサンドマンだったのねぇ。
・サンドラ・オーは覚えやすい顔だなぁ。
・マヤはなぜ、だめ男マイルスに魅かれたのかなぁ。
・後半、高級ワインをもったいない飲み方するけど、
 なぜマヤと飲もうと、とっておかなかったのかなぁ・・・。
・見ていて面白いダメ男な主人公2人の男ですが、友達にはなれても、
 絶対結婚したくないタイプだなぁ。
・監督は『アバウト・シュミット』の監督。納得。
・日本版も気になる。小日向さん気になる。
ラベル:サイドウェイ
posted by maricobabylon at 09:54| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ダイ・ハード★★★★☆


ダイ・ハード [Blu-ray]

ダイ・ハード [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



金曜ロードショーで鑑賞。
見たことあるような、ないような。

・ブルース・ウィルス若い。
・わかりやすい映画なので、ついついながら見をしてしまい、
 はりめぐらされてたらしい伏線にあまり気づかなかったかも。
・悪役のインテリ、アラン・リックマンかっこよいなぁ。
・みんな気持ちよいくらい、マシンガンでバババババン!
・いつか字幕でじっくり見直してみたいかも。
・実は見たことがあるのか、それともこれ以降、似た映画が多いからか
 見たことあるようなシーンがたまにある。
 他のダイハードと一緒になってるのかなぁ・・・。
ラベル:ダイ・ハード
posted by maricobabylon at 23:30| ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

いのちの食べかた★★★☆☆


いのちの食べかた [DVD]

いのちの食べかた [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD



・ナレーションも説明もなしのため、90分と短いが、眠くなる。
 説明いれてくれたら、よいのに・・・。
 (公式HP、チャプターを観ないとよくわからんところあり)
・ひよこマシーンにびっくり。
・岩塩はチャプターを見ないとなんだかわからなかった。
・ひまわりを枯らすのは、すごい光景。
・豚の解体がよくわかる。内臓ベロン。
・牛の帝王切開が生々しい。
・特典映像の監督インタビューは「同時通訳のため聞き取りにくいので
 ご了承ください」とあるが、了承できぬくらい聞きにくく、ギブアップ。
 インタビュアーが世界屠畜紀行の内澤旬子さんなので、楽しみだったのに・・・

世界屠畜紀行

世界屠畜紀行

  • 作者: 内澤 旬子
  • 出版社/メーカー: 解放出版社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本



posted by maricobabylon at 16:00| ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八甲田山★★★☆☆


八甲田山 完全版 [DVD]

八甲田山 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: スバック
  • メディア: DVD



・170分は長い。吹雪の歩行シーンが多い!
・歴史好きにはこの訓練の意味がわかるようですが、
 私には無謀な苦行にしか思えない!
・吹雪のシーンや夜のシーンなど、顔が暗くて誰が誰だかわからない。
・みんなで集まって縮こまり、寒さを凌いでる姿はペンギンみたい。
・北大路欣也はアイラインをひいたような眼だなぁ。
・緒形拳の印象があまりない。好きな方向へ行って助かったのかな?
・加山雄三の印象は全然ない。
・いつも思うけど、高倉健は耳が長い。
・昔は管理職がこれを読んだ。
・特典映像の橋本さんのしゃべりは字幕がほしい。
 (おじいさんのひとりごとのよう。インタビュアーの若者たちは何者?)
・流行語にもなったらしい「天は我々を見放した」
 どの時点で絶望してたんだろう。
・高倉健の妻役は加賀まりこだったのねぇ。
・秋吉久美子が若くて初々しくてかわいい。

もう一度、原作本を読み直してみようかなぁ。

八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)

八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)

  • 作者: 新田 次郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1978/01
  • メディア: 文庫



ラベル:八甲田山
posted by maricobabylon at 11:00| ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

旅するジーンズと19歳の旅立ち★★★★☆


旅するジーンズと19歳の旅立ち [DVD]

旅するジーンズと19歳の旅立ち [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



『旅するジーンズと16歳の夏』の続編。
前作がすごい爽やかな青春映画でとっても良かった。
恵比寿ガーデンシネマを中心としたミニシアター公開だった気がするけど、
続編の本作はハリポタの関係で急遽公開と、日本では軽い扱い。

それぞれ違う道を歩き始めた4人。
学生時代の友人が少しずつ離れていく寂しさや、
やっぱり学生時代の友達はよいなぁというところなど共感できます!

4人の恋の相手もなかなか魅力的。
ティビーの彼のブライアン。アジア系の顔立ちで英語話す人はグっとくる。
カーメンを応援する甘い顔の男子も素敵。
リーナの新しい彼のロウソクたっぷりディナーも素敵。
リーナはてっきりこの新しい彼とつきあうと思いきや、
結局元サヤに。別れてすぐ、他の彼女作ったギリシア人彼でよいのかしら?

そしてとにかく魅力的なのがギリシャのサントリーニ島。
前作に引き続き、美しい風景に魅了されます!
いつか行きたい!

カーメンは「アグリー・ベティ」、ブリジットは「ゴシップ・ガール」で
ブレイク中らしい。

また続編が見たいなぁ。
 
↓↓↓↓ とにかくおすすめ!

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ 特別版 [DVD]

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD




posted by maricobabylon at 16:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

隠し砦の三悪人★★☆☆☆





金曜ロードショーで見る。

けっこう松潤好きなんだけど、この映画では、ときめかず・・・。

なんか全然、心にひっかかるものがないまま、進んでいく。
なんか画面も豪華なはずが、安っぽい・・・。
画面が茶色っぽい印象しかない。

阿部寛はとにかく強いなぁ。
長澤まさみは、ついつい色メガネで見てしまう。
『セカチュー』でかわいかっただけに、ついつい厳しい目で見てしまう。

最後30分くらい眠ってしまった・・・。
posted by maricobabylon at 23:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

歩いても歩いても★★★☆☆


歩いても 歩いても [DVD]

歩いても 歩いても [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



けっこう評判よく、みんなからすすめられた映画。
夏に実家に帰った1日の日常を描いた映画。

主人公:阿部寛(失業中の美術修復士)
妻:夏川結衣(前夫を亡くし、再婚。息子あり)
父:原田芳雄(頑固な医者)
母:樹木希林 (主婦)
姉:YOU

芸達者揃いなかんじ。

映画の中に出てくる主婦のごはんがおいしそう。
枝豆みょうがごはん、とうもろこし天ぷらなど・・・。
みょうがを切る包丁さばきが素敵。

すごく自然な会話だし、古い家もなんとなく郷愁を誘うし、
みんなが良いというのもわかるんだけど、
こんなかんじの小津的映画は、あんまり、ぐっとこず。

撮影は横須賀かなぁ。
赤い京急が走り、坂の多い海辺というのは、同じ神奈川でも
江ノ島あたりとは、だいぶ雰囲気が違うものだなぁ。

歩いても歩いても〜というのは、「ブルーライトヨコハマ」の
歌詞にあるんだなぁ。
posted by maricobabylon at 00:00| ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

THE OSHIMA GANG ★★★☆☆

葉山陽一郎監督の大島渚関連映画の試写会に行ってきました。
シナリオ会館@赤坂

葉山監督は以前仕事でメールのみでしか連絡をしていなかったので、
今回、ごあいさつができてよかったです。

内容は
大島渚に影響を受けた女性映画監督が大島渚のドキュメンタリーを
撮影するお話+その撮影中に彼女とカメラマンの関係の謎なかんじがからみ・・・

藤沢在住の大島渚監督。現在療養中。
大島渚監督本人は出演しないが(1シーンだけ映るけど)、
妻・小山明子さんがインタビューに答えている。
さすが女優さん。美しいです。話し方も素敵です。

大島監督の作品については、デビューから松竹退社までが
よくわかります。
大島監督邸の表札は、大島が鳩に見えるのだけれど、
デビュー作の仮タイトルは『鳩を売った少年』。
(暗すぎて、松竹が『愛と希望の街』に変更したらしい)
松竹退社後の映画についても、詳しく知りたかったなぁ。

藤沢・鎌倉・大船など知っている場所がたくさんでてきます。

『ヨコハマメリー』的ドキュメンタリーだったら、
多くのお客さんの興味を惹きそうだし、文化賞?的なものも見込めそうだけど、
オカルト?要素が入ると、ターゲットがせばまってしまいそう?

細かいところでは、
・目上の方にインタビューする際の主人公の洋服がノースリーブで
 露出が高めなのが、少し非常識な気がした。
・最初と最後の歌が少し安っぽい・・・。何か意図があるのかしら?
 特に最初がVシネ的?でいまいちセンスがあわず、
 もっとヌーベルバーグ的なかんじで、大島監督の写真を
 コラージュとかだと、よいのになぁ。
・時々、子供の声でタイトルコール?があり、違和感。

大島監督作品を1本も見たことないので、チェックしたくなりました。
まずは、『愛のコリーダ』からかなぁ。

愛のコリーダ 完全ノーカット版 [DVD]

愛のコリーダ 完全ノーカット版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD









ラベル:THE OSHIMA GANG
posted by maricobabylon at 20:00| ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。