2014年02月11日

『羊毛とおはなのライブの日vol.5』@品川教会グローリアチャペル


羊毛とおはなさんのライブ。with MKちゃん。
せっかくお誘い受けたので、行ってきました。
image-14c1f.jpg
教会でのコンサートは、厳かな雰囲気で素敵でした。
1.無題(ルルル)
2.間違いと涙の跡
3.空が白くてさ
4.fallin
5.あなたが住む街へ
6.キリギリアス
7.朝のプリズム
8.手のひら
9.Over The Rainbow
10.yellow bird(新曲)
11.hyperballad(ビョーク)
12.はだかのピエロ
13.The Rose(bette midler)
14.ハーモニーズ(新曲)
15.ただいま、おかえり
16.愛があたためる(吉田美奈子)

ストリングスアレンジにうっとり。
羊毛さんとのデュオも、ききたいなぁ。「おまもりのうた」ききたいなぁ。
羊毛さんのカーリーヘアのキリストっぷりが素敵。

最近の気分は、教会で癒されるより、ホールでにぎやかな音楽が聞きたいと再認識。
でも、たまにはこんなかんじもいいかなぁ。
教会は寒いけど、厚着してったから大丈夫だった。
でも、イスは自分のスペースが区切られていないと気をつかう。
そんなこんなで、いっつも羊毛とおはなさんのライブでは、
いろいろ思い出して泣いちゃうんだけど、今日はあんまり入り込めなかった気がする。

17:15くらいにスタートで19:00くらいに終わったかな。
品川高輪口に大きくてやたら白く光るパチンコ屋さんができててびっくり。残念。


posted by maricobabylon at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

羊毛とおはな 10th Anniversary Live『うたの手紙 〜ありがとう〜』 @天王洲 銀河劇場

IMG_8357.JPG
羊毛とおはな10周年記念ライブ
すごくよかった。いつもながら、感涙。

IMG_8358.JPG
羊毛とおはなさんとの出会いは、2005年11月、藤沢sausalitoかな?
ライブが始まるといつも、藤沢時代のいろいろ思い悩んだりしてた時期を思い出したり、
羊毛さんとはなちゃん二人の成長や勇姿を見て、ついつい泣けてくるなぁ。

「月見草」「輪」も泣ける。

ゲストmitatakeさんの「take me to a record shop」、とってもかわいくて良い曲だなぁ。
gravaさんとの「こきりこ節」は神々しかった。

「空が白くてさ」はラララ合唱があるんだけど、泣けてきて、あんまりちゃんとできなかった。

あっという間の2時間30分。来てよかった。

私の羊はなベストソングの「おまもりのうた」が聞けなかったのは、残念だが仕方ない。
1-B-13


ラベル:羊毛とおはな
posted by maricobabylon at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

羊毛とおはな ライブ @マウントレーニアホール

【CD】月見草羊毛とおはな [LRTCD-61]【17Jul12P】
羊毛とおはなライブ。
MK(G)ちゃんを誘って行く。
ちょっと下向気味だったので、前から2列目という良席にも関わらず
普段に比べて、内なる気分が盛り上がりきれず。
でも、きっと癒されたはず。
posted by maricobabylon at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

芸術祭十月花形歌舞伎 昼の部 @新橋演舞場

untitled.bmp

十月花形歌舞伎を兄に誘われて、見に行きました。
1F10列目の花道付近の超いい席!(15,000円相当?)

歌舞伎は大学時代に上の方の安い席で一幕見て、爆睡・・・。
今回も寝ちゃったらどうしようかと思ったのですが、全く眠らず!

位置情報大まかな感想
すごく面白かった!
超アクロバティックな立ち回りがかっこいい!


片岡愛之助(ラブリン)、ステキ!
中村獅童は、歌舞伎だけやっていればいいのに!
市川門之助さんも、ステキ!

歌舞伎って運動神経が必要なんだなぁ。みんな良い筋肉!
主役のみなさんは大立ち回りしたり、いろんなものに乗ったり。
端役のみなさんは「やお〜!やお〜!」と叫びながら、前宙して倒れたり、
楽しんごばりのV字開脚したり・・・。

本本日のプログラム
untitled.bmp
一、義賢(よしかた)最期 11:00-12:25
二、京人形 12:55-13:25
三、江戸ッ子繁昌記 13:40-15:45


位置情報義賢最期
木曽先生義賢:愛之助、九朗助娘小万:笑三郎、待宵姫:新悟、進野次郎:薪車、百姓九郎助:錦吾、葵御前:春猿、下部折平(多田蔵人行綱):獅童

なんといっても、木津義賢役の片岡愛之助がかっこよい!
ちなみに木津義賢は木曽義仲の父親。
源氏vs平氏で、源氏方の義賢が平家の使者を倒すお話。

義朝のどくろを踏めというシーンでは、踏めないと苦悩したのに、
その後、敵をどくろで頭叩いたりしてました。(え?いいの?)

終盤には、血まみれになり、大立ち回り。
ぴかぴか(新しい)“戸板倒し”・・・なんとふすま3枚(縦ふすま2枚の上にふすまを横に置く)の上に乗って、
ポーズを決める。そして支えがいなくなり、バタっと横滑り。ヒヤヒヤ。
そしてズバズバズバズバいろんなところから矢が降ってくる。(矢が一本、柱に絶妙にささってた)
ぴかぴか(新しい)“仏倒れ”・・・階段にバタっと倒れたり、かっこよすぎ!

待宵姫の坂東新悟はすごく華奢な顔で美しい。女性みたい。腕をずっと横にしているポーズが大変そう。

とにかく花道が近くて、間近で見れて感動!
舞台右側の解説&三味線さんが途中でくるっと交代したり、
同じく右側のはじっこで拍子木でバンバン音の演出する人がいたり、
初心者なので、いちいち面白い。
「まつしまや〜」と掛け声がかかってた。

位置情報京人形
左甚五郎:右近、女房おとく:笑三郎、娘おみつ実は井筒姫:春猿、奴照平:猿弥、京人形の精:笑也

お昼ごはんの関係で後半10分のみ2階の後方より見る。
上から見るのも、また違った味わいでいいなぁ。
右近さんの作った京人形が動き出して、一緒に踊るというモノ。
美しい京人形でロボットダンス?の笑也さんという方は、なんと52歳だそう・・・。可憐でした。
途中から見ても、わかりやすくコミカルなかんじ。

位置情報江戸っ子繁昌記
一心太助/徳川家光:獅童、女房お仲:亀治郎、鳥居甲斐守:愛之助
用人喜内:右近、大久保彦左衛門:猿弥、侍女豊乃:吉弥、鮨勝:薪車、信濃屋五郎兵衛:錦吾、
柳生十兵衛:門之助、御台所:高麗蔵、酒井忠勝:友右衛門、松平伊豆守:我當

魚河岸の太助が徳川家光にそっくりで、家光の命を守るため、入れ替わるというベタなお話。
歌舞伎というより、ドリフや新喜劇のノリに近い。

中村獅童は好きじゃない俳優さんだけど、歌舞伎をやっているとかっこよかった! 華がある!

つかみの話では、今日のトップニュースだった石川遼君のラブロマンスや中村獅童の女好きやら、
明日で千秋楽で寂しいよ、などくだけた話題で笑いをとる。毎日、その日のワイドショーネタをしてるみたい。

鳥居甲斐守(悪代官役)を演じる片岡愛之助が、やっぱりかっこよい。
家光を守る忍者?の柳生十兵衛役の門之助さん、初めて知ったけど、ステキ!
じい?役の猿弥さんは、『あんみつ姫』に出てきそう。
お仲さん(太助の女房)の亀次郎さんも、きっぷのいい女性ってかんじ!

ラストシーンで籠に入った家光が、いつの間にか太助となって舞台にいて、ビックリ!

ちなみに、中村獅童の足がひとりだけ、黒かった。演出? 地黒? バカンス明け?

とにかく思いのほか、とっても面白かった!
また行きたい!


新橋演舞場はきれいでモダンな劇場でした。

ちなみに夜の部は小栗判官が題材で亀次郎さんが藤沢・遊行寺に来てたみたい。
posted by maricobabylon at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

県民ミュージカル「火の鳥」@KATT 神奈川芸術劇場

招待券をいただいたのでストラヴィンスキー「火の鳥」のミュージカルを観に行く。
日本大通駅からすぐのKATT(神奈川芸術劇場)は、今年オープンした新しい施設。

IMG_4695mini.jpg
2Fには図書空間があり、芸術関係の本がくつろぎながら読めて楽しい。

11A_5403.jpg
神奈川県民ミュージカルって一体何かわからなかったけど、劇団四季出身者がプロデュースということで、
劇団四季的なミュージカルを勝手に期待していったのですが・・・。

見に来ていた人も出演者の関係者みたいで、みんな自分の家族や友人の登場シーンを楽しみに
みているかんじ。

そんな状況なので、特に知り合いもいなく見に来た私には、ちょっとつらかった・・・。
素敵な劇場を体験できたことで、よしとしよう。
posted by maricobabylon at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

AKIRA Live @新橋アトムタワー

YKKちゃんから誘われ、ライブ会場が職場から近いということで、参加。

Akiraさんのblog→New 天の邪鬼日記


始まる前は、ちょっと洗脳されてるっぽい雰囲気のお客さんたちにドキドキ。
そんな中、登場したAKIRAさんは噂通り、とってもピースフルな雰囲気。
今回はAKIRAさんのジャンキーだった若い頃のセルフストーリーオペラということで、
ピコポコしたおもちゃBGMにヘロインコカインゲイなどなどのラップ+歌なんだけど、
なんだか聞いていると笑顔になるかんじ。

で、そんな歌の途中で、いきなり、お客さんがAKIRAさんに合わせて
「ウォー!」と叫んだ後、歌いだした! なにこれ! 楽しい!
そこからは、みんなで立って一緒に歌うかんじ!
とっても楽しい! ずっと一緒に歌うライブとかやったら楽しそうだ!

みんなで手をつないだり、肩を組んだりして歌うのは、違和感があるものだけど、
でも、すごく楽しかった! 感動で泣いている人、多数!
良い経験だった!

ライブ会場のアトムタワーは、おしゃれビル。
IMG_3402.jpg
ステージ横のライトが灯台風。
posted by maricobabylon at 19:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

書き途中・・・羊毛とおはな@マウントレーニアホール

シネマライズ渋谷の隣の映画館がいつのまにかライブ会場になっていた。
マウントレーニアホール。もちろん、売店にはマウントレーニアのカフェラテなど。
2F席真ん中で、全体が見渡せて、なかなかよい!
元映画館だけあり、座り心地も良く、ドリンクホルダーもある!

第1部 羊はなデュオ
キーラの森
空が白くてさ
揺れる
Perfect
Desperado
The Magic is gone

"The Magic is gone"よいなぁ。おとぎ話の中にいるみたい。

第2部 羊はな+愉快な仲間(パーカッション+ピアノ+フルート) 
プロペラプレイン
Sir Duke
Ice cream man
Mr アンブレラ
あくび猫
ずっとずっとずっと
おまもりのうた
晴れのち晴れ
逢いにゆこう


神谷さんオンステージ!大活躍!
お米をかきまぜ、新聞を破き、傘おじさんとなる。

"Mr アンブレラ" とても好きな歌。
アンブレラ・レ・ラ・レーラ♪とみんなで歌うのが楽しげ。

"ずっとずっとずっと" は羊はなでは珍しいピアノ主体、かつ、ラブソング。
今ある幸せをきちんと大切にしよう!とじんわり思う。

"おまもりのうた" 何度きいても好き。そして、泣きそうになる。

アンコール
手のひら

後程、続き記入予定

☆送料無料☆ CD/羊毛とおはな/LIVE IN LIVING'10/LRTCD-51 LIVE OUT LIVING [DVD] / 羊毛とおはな (出演)
DVDまで出ちゃった!
posted by maricobabylon at 22:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

音骨ライブ@高田馬場


宇宙人ハ芸術家

宇宙人ハ芸術家

  • アーティスト: 音骨
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2008/02/06
  • メディア: CD



酔っ払ったまま音骨ライブへ。
久々にYKKちゃんとも会えた。
久々の音骨さんの音楽はシャウトもへり、魂がこもっているかんじ。
YKK母やそのお友達が応援しているのが、暖かいなぁ。
ラベル:音骨
posted by maricobabylon at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

小沢健二コンサート@相模大野

20100518.JPG
待ちに待った小沢健二復活!
ツアー初日が見れて、嬉しいぴかぴか(新しい)
相変わらず素敵でした。
相変わらずスリムです。
ちょっと照れたかんじとか、久々にキュン!

真っ暗闇ではじまった「流れ星ビバップ」最高でした。
(このままずっと真っ暗とかの演出だったらどうしよう・・・と思いましたが・・・)
最後の終わり方も、感動的。

「LIFE」をはじめ、思い出の曲が嬉しい。
メロディラインを変更して歌うのは違和感ありましたが、
やっぱりそのまま歌うのではなく、新しくアレンジしたくなるものなかなぁ。

新曲は、う〜ん。シッカショ節・・・。民謡です。
朗読も、う〜ん。13拍子の踊りはかわいい。
1,2,3,4ではなく、「ひ、ふ、ひ、ふ、み、よ」
「カローラ2」を歌うとは思わなかった・・・。(イントロはだいぶアレンジ)

14列51番。1Fの真ん中くらいの右寄りにて観賞。
近くにいたスチャダラ・ボーズ君がノリノリだったのが、印象的。
その近くにいたのが、小沢君のご両親らしい。

ツアーTシャツかわいくて欲しかったけど、体調低調のため、長蛇の列に断念。

位置情報セットリスト
流れ星ビバップ
 MC−停電
ぼくらが旅に出る理由
 MC−国境
天使たちのシーン(ひふみよver.)
いちごが染まる〔新曲〕
ローラースケート・パーク 〜東京恋愛専科〜ローラースケート・パーク
ラブリー(練習ver.)
 MC−お金持ちと貧乏人
カローラUにのって
痛快ウキウキ通り
天気読み
戦場のボーイズライフ
強い気持ち強い愛
今夜はブギー・バック
 MC−安全
夢が夢なら
麝香
 MC−笑い
シッカショ節 〔新曲〕
 メンバー紹介
さよならなんて云えないよ
ドアをノックするのは誰だ
ある光
時間軸を曲げて〔新曲〕
ラブリー(ひふみよver.)
流れ星ビバップ
***アンコール***
いちょう並木のセレナーデ
愛し愛されて生きるのさ

LIFE

LIFE

  • アーティスト: 小沢健二,小沢健二,服部隆之
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: CD

 私の心のベストテン永久1位!



posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

矢野顕子ライブ with 奥田民生 @国際フォーラム

矢野顕子2010「ここが音楽堂!」弾き語りツアー@東京国際フォーラムホールC
with riroさん
2F席だったけど、正面で見やすかった!
IMG_1538.JPG セットリストの掲出が嬉しい!
初・生・奥田民生!
すごく良かった!
奥田民生かっこいい!


矢野顕子の定番民生ソングは「すばらしい日々」ですが、
今日はなんと「大迷惑」!
すごく懐かしい!すごく嬉しい!

矢野顕子が民生登場前に歌った民生曲「野ばら」名曲だなぁ。
アンコールに2人で歌った「股旅(ジョンと)」も良かったなぁ。

今日も「ひとつだけ」が聞けて幸せ♪

お土産に矢野顕子がCMしている綾鷹2本&メッセージカード!

01.グッドモーニング(fromくるり)
02.ヘビの泣く夜
03.きょうのわたくし
04.嘆きの淵にある時も(from岡林信康)
05.In Her Family(fromパットメセニー)
06.恩赦(from RCサクセション)
07.きよしちゃん
08.野ばら(from 奥田民生)
09.Money Song(with 奥田民生)
10.2CARS(with 奥田民生)
11.大迷惑(with 奥田民生)
12.右手(from ELLEGARDEN)
13.さあ冒険だ(from 和田アキコ)
14.ひとつだけ
(アンコール)
15.股旅(ジョンと)(with 奥田民生)
16.いい日旅立ち(from 山口百恵)
音楽堂

音楽堂

  • アーティスト: 吉野金次
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: CD

posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

イベント@ミチコ写真展

ミチコ写真展にてジャズライブとパーティ。
IMG_1503mini.jpg 
元同僚YKKのアフタヌーンジャズライブ。

夜のパーティはKMちゃんチョイスのワインと
GNZY・MKちゃん・私の料理。
IMG_1507.JPG IMG_1509.JPG
GNZY作カルパッチョ                 MKちゃん作ワイン煮込みとポテトピューレ
IMG_1508.JPG
私作・じゃがいも餅

たくさんいろいろ作ったけど、写真とり忘れた。
みんな盛り上がってて良かった。

IMG_1512mini.jpg
ミチコの人柄が出た暖かいパーティになったのではないかと思う。

築地場にお住まいの漫画家さんに原稿見せていただく。
初・生原稿!迫力あった。
posted by maricobabylon at 19:00| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ミチコ写真展 @築地場

michiko-4c.jpg
ミチコ写真展

ミチコのナビ(詳細だけど、的を得てるような得てないかんじ)で迷いつつ到着したのは、
路地の奥にある長屋。

細狭い階段を登ると、なんだか和む空間。
ミチコの写真は、画用紙に印刷していて、本当に絵みたいで不思議。
パステルの額も良いかんじ。

IMG_1483mini.jpg IMG_1487mini.jpg
平日の夜なのに、ミチコ友がだんだん集まり、おしゃべりしつつ写真鑑賞。
IMG_1488mini.jpg
トイレもレトロ。

今回、DMを担当しました。
いろいろ反省点はありますが、無事完成してよかった。
posted by maricobabylon at 00:00| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

横浜vsヤクルト戦@神宮球場

IMG_1231.JPG IMG_1239.JPG 
久々の野球観戦。初めての神宮球場。
横浜戦で嬉しい。
平日で、天気もあんまり良くないからか、お客さん少ない・・・。

IMG_1234.JPG
近くで見れた横浜・外野手スレッジさん。お尻がプリンとしてます。

サラサラと試合は進み、ヤクルト 1-0 横浜 で終了。

帰りに"和民"で軽く飲む。
posted by maricobabylon at 00:00| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

※書き途中 羊毛とおはな @渋谷duo

羊毛とおはなのどっちにしようかな、じゃないライブの日
IMG_1034.JPG IMG_1035.JPG 
前回のライブでチケット入手したため、なかなかよい整理番号。
1人だったこともあり、最前列の席で満喫!

渋谷duoってどこかと思ったら、on air eastビルだった。

◆第1部(羊毛とおはな)
1.揺れる
2.I'll never fall in love again
3.Perfect
4.ルパン三世のテーマ
5.青春の輝き
6.Don't look back in anger
7.デイ・ドリーム・ビリーヴァー

◆第2部(羊毛とおはなの愉快な仲間たち)
8.カントリーロード
9.ララルラ ラルララ
10.手のひら
11.あくびねこ
12.空が白くてさ
13.風に吹かれて
14.falling

◆アンコール
15.ぼくは空にうたう
16.晴れのち晴れ

映画の主題歌に決定した「空が青くてさ」よい!
みんなでコーラスするのが楽しい。けっこう難度高めですが・・・。
出だしの歌詞がよかったけど、忘れた。
かばんに荷物をつめて♪的な歌詞だったんだけど・・・。

羊毛さんは風邪ということで、尋常じゃない汗をかいていた。
羊毛さんのギターを弾く手が好きなので、久しぶりに
手がじっくり見れてよかった。
ベースの人がかっこよすぎて、時々演奏に集中できなかった・・・。
posted by maricobabylon at 00:00| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

柳家喬太郎 日本列島落語化計画 in 鎌倉 「三題噺の会」@鎌倉芸術館

柳家喬太郎落語集 アナザーサイド Vol.2

柳家喬太郎落語集 アナザーサイド Vol.2

  • アーティスト: 恩田えり,柳家小ぞう
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: CD


鎌倉芸術館にキョンキョン(柳家喬太郎)が来る!ということで、1人で行ってきました。
発売日にチケットを予約するのを忘れ、席は後ろの方でしたが、
600席のコンパクトホールなので、よく見えます。

「日本落語化計画」!
よいネーミングですね。日本列島どこにいても、みんなが落語してたら楽しいのに・・・。

★本日のメニュー★
@初天神 / 柳家小んぶ
Aお題頂戴
B転宅 / 柳家喬太郎
C茶の湯 / 柳家喬之助
D江戸曲独楽 / 三増紋之助
E三題噺(しらす干し・一人カラオケ・フラメンコ) / 柳家喬太郎


★感想★
@初天神 / 柳家小んぶ

小んぶさんは元お笑い芸人さんだそうです。
声は聞き取りやすいけど、笑いどころはまだあまりないかんじです。

Aお題頂戴
今日は三題噺ということで、客席からお題を募る。
そのお題ですぐ落語を創るなんて、スゴイ!
お客さんから出たお題は
"旅立ち""しらす干し""ケムンパス""息子の結婚"
"一人カラオケ""着物""フラメンコ"。(太字がみんなの拍手で選ばれたお題。)
"ケムンパス"って何?と思ってたら、喬太郎さんが舞台に来て、
ホワイトボードに絵を描いて、去っていく。。。

B転宅 / 柳家喬太郎
「三題噺をするのに、なんでその前に一席あるんだ!拷問だ!」と喬太郎さん。確かに・・・。
大爆笑!さすが!

C茶の湯 / 柳家喬之助
わかりやすいお話です。

D江戸曲独楽 / 三増紋之助
独楽?面白いの?と期待してなかったのですが、
めちゃくちゃ面白かった!
独楽って回ってるのか、回ってないのか、すごさがわかりにくい・・・と思ってたら、
紋之助さんが「えっと〜、あの〜、独楽回ってるの分かります?」と
独楽の回し方などをレクチャー。一気に会場が盛り上がる。
トトロも回します(トトロのぬいぐるみを独楽の上に乗せて回す。もちろんBGMはトトロ)。
会場から選ばれたお客さんも上品なナイスガイでした。

E三題噺(しらす干し・一人カラオケ・フラメンコ) / 柳家喬太郎
ちゃん茶菓ちゃんチャカチャンチャカチャンチャンるんるんと出囃子がフラメンコ調!
位置情報お話は・・・
スペイン転勤していた彼女が帰国することになり、スペイン風に出迎えようと、会社の同僚たちに相談。
フラメンコを練習したり、パエリアを作ったり、赤風呂敷で京浜東北線を止めようとしたり。
・フラメンコの練習では立って踊り、渋い歌を熱唱(とてもうまい!)。
・同僚・上司のキャラが最高!こんな会社で働きたい!
・ボツになったお題も、ほぼ織り交ぜる。
・京浜東北線、浜川崎、鳩サブレーなど私に身近なネタが嬉しい!

もう、本当に喬太郎さん天才ですね!
大爆笑!大満足でした!
posted by maricobabylon at 00:00| 🌁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

羊毛とおはな@赤坂BLITZ

どっちにしようかな

どっちにしようかな

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: LD&K
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: CD


今日は、なんと4列目のド真ん中で、近い!

第1部
はなちゃんは臙脂のカントリー調のロングワンピース。
センターパーツで髪をウェーブさせていて、大人っぽい。
羊毛さんはピタJ。髪のパーマがいつもよりパーマ。

バンドで
01. ナチュラル
02. キーラの森
03. 手のひら
04. 晴れのち晴れ
05. 「おやすみ。」
06. 輪
(久しぶりに聞けて嬉しい!)

羊毛とおはなオンリーになり、
07. おまもりのうた
08. あした
09. The Magic Is Gone
(スクリーンに照明が落ちてくる影、かっこいい)

第2部
動物耳をつけたゆかいな仲間達と登場。
はなちゃんは髪はおだんごに黄色のお花。エキゾチックなベストに
ヒザから下がカラフルフリル切替のロングスカート。
羊毛さんはいつものカジュアル使用に羊の耳。

★バンド→ピアノ(クマ)、ハモンドオルガン(ネズミ)、ドラム(ウサギ)、
ベース(犬☆かっこいい)、鉄琴打楽器(サル)、フルートクラ(シカ)
・フルートとクラリネット、曲にぴったり。
・はなちゃんもリラックスしてきて、楽しそう。

10. イニミニマニモ (なのなのな(地域差あり)の英語)
11. 揺れる
12. 逢いにゆこう

13. あくびねこ (なんとNHK「みんなのうた」ワルツでかわいい)
14. 冬の歌
15. ただいま、おかえり
16. 手をつないで
17. ピカピカ
☆バースデーサプライズ


アンコール
おまもりのうた(本日2度目。会場にはご両親がきてるそうで、泣けます)
So far away

もうね、感動です。感涙です。
大きくなったものだと親心のような気持ちに勝手になってます。

2時間ガッツリでタップリ堪能!

IMG_0013.JPG IMG_0014.JPG
↑衣装の雰囲気はこんなかんじ(顔が全然似なかった・・・)
posted by maricobabylon at 21:02| ☁| Comment(2) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

矢野顕子リサイタル@鎌倉芸術館

今年はblue note に続き、2度目の矢野顕子。
久々に鎌倉芸術館で見る矢野顕子。with riroさん。

riroさんからマリメッコ×イッタラのおしゃれ皿いただきました。

鎌倉芸術館がサントリー運営になって、1回とぎれたけど、
去年か一昨年から復活してたのかな?

ピアノは矢野顕子がいつも褒めるスタインウェイ。
小ホールのキャパは600名。席は中の後ろくらいだけど、
この規模で聞けるのは、本当に幸せ。
{いつも映画会スタッフで、ここに来るときは1/3未満しか埋まらないから
全員座っている光景がうらやましい)

最近ゴージャスヘアが多い気がしてたけど、今日はストレートヘア。
ワンピースは竹のような緑の線。芸術館の竹をイメージしたのかな?

「これでいいのだ〜」の「BAKABON」でスタート。
いつもながらの素敵な演奏と楽しいおしゃべり。

インストでシューマンの「子供のためのアルバム」の「楽しき農夫」。
タイトル言われてもわからないけど、昔、私も弾いたことがある気がする。
曲前にポニョ話をしてたので、最初ポニョかと思った。
ドファーラドーファシ♭レファレドー♪の後の
ラシ♭ソミシ♭ラファトラソレミファトー♪のところが
青い海からや〜ってきた♪に似てる。

本編ラストは、「ラーメンたべたい」。
ものすごく迫力あるフリージャス風。
この曲は毎回聴いてる気がするが、毎回、いろんなアレンジ。

アンコールは客席からのリクエストで「中央線」。
私も「ひとつだけ」!と叫びたかったけど、勇気でず。

が、次の曲の演奏がはじまって、感動!
「ひとつだけ」だ!!
皆で歌おうということだが、感動して興奮して、
サビ以外の歌詞が、なかなか出てこなかった・・・。

すごくよいコンサートでした。

矢野顕子は、どんどん若返りパワフルになっていって、すごいなぁ。

終了後、ロビーには手書きのセットリストが。
嬉しい心遣いです。

01. BAKABON
02. グッドモーニング
03. しまった
04. 自転車でおいで
05. さようなら
06. へびの泣く夜
07. Don't Be Literary, Darling
08. 変わるし
09. 嘆きの淵にある時も
10. 右手
11. 楽しき農夫
12. 在広東少年
13. ラーメンたべたい

E1. 中央線
E2. ひとつだけ

↓「ジャケ買いしてほしい!」と言っていた素敵な猫ジャケ。

音楽堂

音楽堂

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: A&A
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: CD



「彼女(清水ミチコ)は矢野顕子になれるけど、私は清水ミチコにはなれない」by 矢野顕子

バッタもん

バッタもん

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2009/12/23
  • メディア: CD



posted by maricobabylon at 00:00| ☀| Comment(2) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

AKIKO YANO TRIO@ BLUE NOTE

IMG_1015.JPG
AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
初ブルーノート!

原宿から歩いて少し歩いて到着。
表参道・青山と不思議な形のプラダビルやら、シャネルビルやら
ブランドショップに、いつも圧倒されます。

整理番号69(中盤)で、席は左手のそれなりに前。

登場は左手からだったので、ヤノアキコがすぐ横を通り抜ける。
バチバチの睫にゴージャスヘアが素敵!

ブルーノートですが、スタートは「バカボンのパパ♪〜」

ヤノアキコは本当にパワーが衰えることなく、
とっても大きくてポジティブなエネルギー爆発です。
あんな笑顔で暮らす大人になりたいです。

忌野清志郎に捧げた「きよしちゃん」も素敵。
今日はラフォーレで忌野清志郎ファンを横目で見たり、
羊毛とおはなで「デイドリームビリーバー」きいたり、
忌野清志郎デイだなぁ。

ヤノアキコが「忌野清志郎マネージャーから、お葬式に4万人?来たって
聞いたけど、みんな生きてるうちに、ライブきてよ!CDきいてよ!
って思って、私は生きてるから、みんな私が生きてるうちにどんどん来てね!」
と言っていて、確かに、と思う。

アンコールの「PEOPLE GOT TO BE FREE」かっこいい!
そして「ごはんができたよ」もよい!

私が行ったヤノアキコライブでは、ユニコーン「素晴らしい日々」を
歌う率が高い気がする。お気に入りなのかな?

私は一番「ひとつだけ」が好きなのだけど、今日はナシで残念。

WILL LEE & CHRIS PARKERさんは素敵なナイスミドルコンビ!
ドラム&ベースの愛らしいかんじのお2人です。

ブルーノートはライブ代もお食事代も高いけど、
大満足の内容でした♪

食事・・・トマトサラダ、リエット、バケット、オリーブ、ミモザムーン
akiko

akiko

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2008/10/22
  • メディア: CD

posted by maricobabylon at 23:00| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羊毛とおはなライブ@原宿vacant

LIVE IN LIVING’09

LIVE IN LIVING’09

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: LD&K
  • 発売日: 2009/07/28
  • メディア: CD


原宿をブラブラするが、人多い!
ラフォーレに久々に行くが、なんか原宿!ってかんじ。
キヨシロー展がちょっと気になる。

H&M、FOREVER21は相変わらず大混雑の模様。
ここで買い物できる人のパワーは、すごいと思う。

原宿vacantはカフェギャラリーで、木のロッジ風でよいかんじ。
セミの鳴き声も聞こえてきます。

会場は100人くらいのキャパかな。
客層は30代が多そうかな。
すごくいいかんじの雰囲気です。
座敷とイスが半々くらいかな。
座敷クッション6列目くらいから見る。

羊毛とおはなのイメージにピッタリな会場。
ナチュラル、風、空、なイメージ。

17時スタート 45分+休15分+45分とたっぷり堪能♪

1st
On The Street Where You Live
All You Need Is Love
ララルララルララ
レモン
僕は空にうたう
「おやすみ」
Rainbow Sleeves

2nd
Englishman In NewYork
Big Yellow Taxi
晴れのち晴れ
Don't Look Back In Anger
おまもりのうた
明日は、
デイ・ドリーム・ビリーヴァー

encore
手のひら
揺れる


新旧おりまざったラインナップ。新曲もいいです。
小確幸を歌う「おやすみ」いいです。
「晴れのち晴れ」の「この指とま〜れ♪」のフレーズも好き。
「僕は空にうたう」、もうタイトルからしてよいです。

最近、全然「わ」を聞かない気がするなぁ。
まだ、アルバムにはいってないんだっけ?
羊毛さんのハモリ好きなんだけどなぁ。

羊毛さん、セミにトラウマ。
はなちゃん、カマドウマにトラウマ。

羊毛さん、珍しく衣装チェンジあり。

羊毛さん、いつも通りポーカーフェイス。

羊毛さんがはなちゃんを、「はな」と呼び捨てにしてるのを
はじめてきいて、なんとなくちょっとドキドキ。

今日もすごく良いライブでした。
終了後サイン会もあったんだけど、予定ありのため参加できず残念。

IMG_1014.JPG
階段には羊が3匹。
山口さん、おやつ、ブリトニー。
ラベル:羊毛とおはな
posted by maricobabylon at 19:00| ☁| Comment(2) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

シャンゴーズライブ@sausalito 藤沢

sausalito 15周年おめでとうライブ
200907112123000.jpg
年末以来のシャンゴーズ。
気持ちよいライブです。
オリジナルの「真夜中のサンバ」?、良い曲です。
posted by maricobabylon at 22:00| 🌁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

投票終了←音骨さんに投票しよう!

下記、投票終了しました。
残念ながら、サマソニ出場ならず。

音骨さんをサマソニに出そう!
とうことで、下記で投票してます。
1日1回投票できるので、みんなで毎日投票しましょう。
コチラ
http://emeets.jp/pc/artist/2370.html

このライブ映像より、ホンモノの方が全然よいです。

ちなみに音骨さんは、小笠原諸島母島(東京・竹芝から船で25時間+3時間?・
東洋のガラパゴス)に住む、宇宙人的音楽家。
私の友のダンナさん。


宇宙人ハ芸術家

宇宙人ハ芸術家

  • アーティスト: 音骨
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2008/02/06
  • メディア: CD



ラベル:音骨
posted by maricobabylon at 09:32| 🌁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

雪と花の子守唄 〜バカラック・ララバイ集〜

■『雪と花の子守唄 〜バカラック・ララバイ集〜』プレミアムイベント

雪と花の子守唄-バカラック・ララバイ集-

雪と花の子守唄-バカラック・ララバイ集-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: LD&K
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: CD




○会場:赤坂BLITZ
○出演:土岐麻子/永山マキ/アン・サリー/Saigenji/コトリンゴ/羊毛とおはな
○時間:開場/14:00 開演/15:00
○チケット:前売り/¥5,500  ※1ドリンク¥500別途
with riro-san

初めての赤坂サカス。
いろいろお店があるのかなぁと思いきや、飲食店ばかりで、
FOBCOOPとTBS-SHOPくらいしかなくて、残念。

羊毛とおはなさん目当てでコンサートへ。
その他の出演者の知識なしです。
バカラックさんは81歳で、まだ存命なのね。

★アン・サリーさん。
白いワンピースが素敵。お医者さんらしい。
声はあんまり好みじゃない。

★コトリンゴさん。
若いのかなぁと思いきや、30代みたい。
かわいい系の好きな声。japanese girlの歌もかわいい。
普段は弾き語りみたいなので、それも聴いてみたい。

★Saigenjiさん
渋い感じでよかった。離婚の後に作った曲。

★永山マキさん
ソウルフルなかんじ?ピンとこず。

★土岐麻子さん
この中ではベテランなのか、堂々としたかわいいかんじ。
衣装も雰囲気もかわいい。他の曲も聴いてみたいな。

★そして、そして、羊毛とおはなさん
なんと、トリ!
おはなちゃん、恐縮して登場!
他の人が譜面台とともに歌うなか、
譜面台をどけて、持ち歌のように熱唱!

本当にどんどん大きくなっていくはなちゃんが眩しいぴかぴか(新しい)

2曲歌ったところで、不思議なテンションで羊毛さん登場。
他アーティストが2曲の中、羊はなさんだけ、3曲です!

16:15終了。
もう少し聴きたかったなぁ。


LIVE IN LIVING’08

LIVE IN LIVING’08

  • アーティスト: 羊毛とおはな
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2008/07/22
  • メディア: CD



Sweet Nest

Sweet Nest

  • アーティスト: kotringo,Yuichi Ohata,mito
  • 出版社/メーカー: commmons
  • 発売日: 2008/09/10
  • メディア: CD



TOUCH

TOUCH

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2009/01/14
  • メディア: CD







posted by maricobabylon at 16:00| ☔| Comment(2) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

SWA落語トークイベント

SWA(創作話芸協会)のDVD発売記念イベント!@タワレコ渋谷店

SWAとは
林家彦いち師匠、三遊亭白鳥師匠、春風亭昇太師匠、柳家喬太郎師匠
で結成された創作話芸協会。

ゆっくり座ってみれるかと思いきや、
150名のお客さんのうち、80人分くらいはイスで、
あとは立ち見・・・。
ドリンクチケットなんていらないから、イスがほしい!

イベントは約1時間ときいていたから、トークだけかと思いきや、
軽いトークの後、4人が猛スピードで落語!
お客さんは、基本的にDVD購入者だから、
超ホームな雰囲気で、何を言っても、みんな大爆笑。

三遊亭白鳥「ナースコール」
春風亭昇太「マサコ」
柳家喬太郎「純情日記渋谷篇」
林家彦いち「熱血!!怪談部」

白鳥さんは愛らしいかんじ。
おバカな看護婦さんのお話。
越後のお煎餅「瑞花(ずいか)」のおせんべいがオススメとのこと。


昇太さんは柔らかいかんじですね。
恐い話を習う話です。

喬太郎さんは、先日落語をきいて、グっと心つかまれたのですが、
やっぱり今回も素敵でした。
ぽってりオナカのおじちゃんなのですが、熱狂的女性ファンが多い
というのも納得!フェロモンでてる。
独演会に行ってみたいなぁ。
渋谷といえば、三千里薬品ですね。

彦いちさんは残り5分くらいで登場!
超ハイスピードのパワフルな落語にびっくり。
体育会系のこんな落語もあるんだ〜。

最後はお見送りまでしてくれました。
まだまだ落語初心者も楽しめるパワフルなイベントでした。


SWAのDVD

SWAのDVD

  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • メディア: DVD




柳家喬太郎落語集 アナザーサイドvol.1

柳家喬太郎落語集 アナザーサイドvol.1

  • アーティスト: 恩田えり,柳家喬之進
  • 出版社/メーカー: Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: CD


 
柳家喬太郎 名演集1 寿限無/子ほめ/松竹梅

柳家喬太郎 名演集1 寿限無/子ほめ/松竹梅

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD





posted by maricobabylon at 14:30| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

羊毛とおはな @新宿御苑

IMG_0256cut.jpg IMG_0260.JPG

j-waveのLOHAS sundayのLOHASイベントにて
「羊毛とおはな」ライブるんるん

適度に晴れていて気持ちがよい。風もここちよい。
司会は王理恵さん。
けっこうステージが近くて嬉しい。

リハはララルラ ラルララだったかな。

ミニライブ
・perfect
・レモン
・all you need is love
・白いキャンバス
・カントリーロード

アウトドアで聴くのは、気持ちよい!
どの曲もよいけど、やっぱり白いキャンバスは胸にグっと沁みこみ、
カントリーロードで前に進もう!ってかんじになりますねぴかぴか(新しい)

イベントだから、アンコールがないのが寂しいですね。

そのあとは、ロハスな取り組みをみたり、
バラを見てたら、あっという間に閉演時間。

いつも新宿御苑の一角しか見れずに終わってしまう・・・。

バラは近くで見るより、遠くでみるほうがきれい。
ラベル:羊毛とおはな
posted by maricobabylon at 16:30| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

とっておき寄席@深川江戸資料館

とっておき寄席 @深川江戸資料館

eiga.comで当選。
半蔵門線「清澄白河駅」徒歩3分なんだけど、
全然違う方向に歩いてしまい、迷う。
10分前に会場到着。前から2番目左端を確保。舞台が近い。

DVD収録のため、途中退出不可、飲食禁止。
携帯は封筒に入れ、ホチキスで封。

柳家喬之進  「味噌豆」
春風亭柳好  「のっぺら坊」
アサダ二世   奇術
古今亭志ん彌 「締め込み」
〜仲入り〜
柳家喬太郎  「小言幸兵衛」
春風亭小柳枝 「芝浜」

アサダ2世さんはマギー司郎系?の
とぼけた風貌が素敵なユルいマジック。面白い。

古今亭志ん彌さんは、会場の雰囲気がグっと惹きこまれる。
かっこよい!

柳家喬太郎さん、すごい!すごい好き!
ブタ鼻で旅館の浴衣(本人談)風着物で、大丈夫かと思ったら
すごい実力者だったのね。
マクラなしで本編に入る。すごい大爆笑!
ビックリするほど笑った。
もっと見たい!

 


以前見た柳家さん喬さんも良かったなぁ。
2007/11/23日記→コチラ
posted by maricobabylon at 15:30| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

劇団四季 ひかりごけ @自由劇場 浜松町



劇団四季『ひかりごけ』

前回は「ジーザス ジャポver.」。
なんだか四季の渋いところから、見初めてます。

KMちんと招待券にて。S席 1F 13列 13番。

*あらすじ 原作=武田 泰淳(たいじゅん)
第二次世界大戦中、北海道沖で難破し遭難した4人。
極限状態で生きることの意味を問う。
そして生き残るための葛藤を描く問題作。

ということで、すごく暗くて渋そうな作品。
どうやって歌にするのかなぁと思ったら歌わなかった・・・。

幕が開いた瞬間、白い幾何学的なステージに息を飲む。
舞台がすごくかっこよい。
そこに遭難した4人(船長、西川、八蔵、五助)。

以下ネタバレ
八蔵・五助が、早々と死んでしまってびっくり。
船長と西川は2人を食べる。
西川はこのまま行くと、船長に食べられると思い
崖から飛び降りようとして船長に殺されて食べられちゃうんだけど、
なんで西川は船長より長く生きようと思わなかったのかな。
若いし、順当に行けば生き残るのは西川だと思うけど、
やはり精神的に船長に負けてると思ったのかなぁ。

人の肉を食べた人の首のまわりは緑色に光る。
それを「ひかりごけ」と呼んだのね。

と、ここで客席照明がつく。
え?終わり?と思ったら第一部終了。

休憩をはさみ、第二部。
第二部は壁にお面がつく。そうきたか。
右壁が弁護士、左壁が検事、正面が裁判長。
発言してるお面は他より明るい照明がつき、
嘲笑するときは、全部のお面がチカチカし、ケケケケと笑い声。
恐すぎます。

「私はがまんしているのです。」
と何度も繰り返されます。
なんとなくそこから伝わるものがあります。

「私は死刑になって当然だと思いますが、
ただ人肉を食べたことのないあなた方に裁かれたくありません」
っという気持ちもわかる気がします。

私は極限状況でも食べれない気がするけど、
食べられるのは、そんなに構わないなぁ。
でも食べ物が他にない状況で「すごくおいしいよ」と勧められたら
食べちゃうのかもなぁ・・・。
ちなみに1部で「トッカリでも捕まえねぇと・・・」の
トッカリはアザラシのこと。

第一部が45分。第二部が30分くらい?
かなり緊迫した舞台なので、このくらいが限界かな。

この事件が実在の事件(ひかりごけ事件=北海道目梨郡羅臼町で
発覚した死体損壊事件)がもとになっているなんてビックリ。
でも、その事件では船長は食べたことを認めているが、
殺してはいないとのこと。最終的な判決は、死体損壊懲役1年。
武田泰淳の本のせいで、殺人もしたと思われてしまったらしい。

三國連太郎 はじめ渋い俳優陣で作られた映画も観てみたいなぁ。


posted by maricobabylon at 22:00| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

夏木マリ 印象派NEO @世田谷パブリックシアター

IMG_9379.JPG
夏木マリの舞台、印象派。公式HP→コチラ

ピチカート小西さんプロデュースの夏木マリを聞いて以来、
彼女のファン。
motion blueのライブは2回行き、すごくかっこよかった。

そんなマリさんファンの私ですが、印象派は意味がわからなそうで
敬遠してました。

でも、今回eplusで直前割引¥9000→¥4500で
アフタートーク付きの日程があったので、行ってみた。

世田谷パブリックシアターは、ほどよい大きさで良かった。
待っている間の客席は赤い照明。
文字を読むとちょっと気持ち悪くなる・・・。
上映前アナウンスはマリさん本人。
「携帯のブルブルもダメよ」と素敵な声。

ステージには便器が8つ。舞台周囲は白のスダレカーテン。
黒のシースルーの衣装で登場のマリさん。迫力あります。

今回はNMT(夏木マリテロワール)という彼女が主催するグループの
メンバー女性8人+男性1人と共演。
黒い衣装を着たダンサーたちが個々の動きをしながら登場。
なんだかそれぞれアートなダンス。

マリさんの動きもかっこよい。
こんなにダンスもできる人だったんだ。
そして、声がやっぱりかっこよい。
何曲か劇中に歌ったけど、やっぱり歌のシーンがかっこよかった。

全般的に何を表しているのかはわからないけど、
個性あふれるダンスで進む。
きれいなダンスというより、エグめのダンスかな。

黒カホンを斜めに並べ、気合を入れて叩く姿は
少しマッスル・ミュージカル的。

灯台仲間で噂に聞いているダンサー・不動まゆうさんが出演している。
でも、まだお会いしてないので、どの人かはっきりはわからず。
多分、フランス竹馬でバイオリンをひいてた人だろうなぁ。

終盤、天井からドバドバドバっと赤いピンポン玉が落ちてきて
圧巻!(これだけでも見てよかったかも。ちなみに数は2万個。)

そして終演後はマリさんのアフタートーク。
すごく落ち着いた話し方が素敵だった。

客席からの質疑応答。
最初は誰もなかなか手をあげずにいたけど、勇気ある一人目の質問は
「ピンポン玉の数は?」
こういうシンプルな質問をできる人は素敵だと思います。

その後の質問は、感極まったマリさん信奉者から。
・赤い玉は赤頭巾ちゃんの処女性を表現。
 ヨガボール→手まり大→ピンポン玉と小さくなっていく。
・トンナンシャーペー、カムサハムニダ・・・などの
 呪文のような言葉は言葉の意味ではなく、音の響き。
・最初の便器は、悪い子たち→悪い所→刑務所→便器という思いつき
・違和感があるものを作りたい。死ななきゃOK。
・表現として手話もとりいれてる。
・マリさんがすごいと思っているのは、ピナ・バウシュ。

私の中で夏木マリって三輪明宏的な人というイメージだったけど、
やっぱり舞台は敷居が高いのか、空席がけっこうあった。
TVCMやeplus直前割引もあったの。。。

行って良かった。
またmotion blueでライブしないかなぁ。

IMG_9380.JPG
不動まゆうさん舞台チラシ→blogはコチラ





ラベル:印象派 夏木マリ
posted by maricobabylon at 21:49| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

スマイル工場 お笑い プレミアムライブ

東洋水産×よしもと
スマイル工場プレミアムライブ@プリンスタワー

17:30〜18:30 スマイルまつり
・ミニステージ・・・はんにゃ、北海道若手芸人、しずる
  はんにゃのズクダンズンブングンゲームぴかぴか(新しい)が見れて嬉しい。

・ライブペイントコーナー・・・もう中学生、はいじぃ
  レッドカーペットで好きになったもう中学生。
  ふんわりした雰囲気で絵を描いていた。
  すごい人気かと思いきや、まわりに人がいない。
  握手してもらいました。テレビどおり癒しのかんじ。

がらぽん抽選・・・たむけん携帯ガードが当たる。

輪投げ・・・トシライオン・プラカップが当たる。

19:00〜20:30 LIVE STAGE
西川きよし挨拶・・・良い人そうです。
新喜劇・・・山田花子、島木譲二ほか。
  やっぱり新喜劇は大阪で見ないといけないのかも。
  でも、後ろのおばちゃんが笑い屋のように笑っていて
  なんか良かった。
  島木譲二は、もうおじいちゃんで、少し痛々しい。

NON STYLE・・・期待してなかったけど、面白かった。
       名古屋のマルチャン味噌煮込みうどんがおいしいらしい。

タカアンドトシ
 ・・・タカがテレビで見るより太っていた。
   トシは顔が小さく豆のようだった。
   とても安定感があり、どこまでがアドリブかわからない。
   とても面白かった!

中川家
 ・・・とても面白かった。
   韓国語のマネは、名人芸のようだった。

よくわからないで行ったイベントだったけど、
マルちゃんのお土産たくさんもらえて、楽しかった。

IMG_9070.JPG IMG_9073.JPG
赤いきつねは関東味と関西味があります。食べ比べしよ〜♪

IMG_9068.JPG
東京タワーがいつもと違う色に光っていたぴかぴか(新しい)
posted by maricobabylon at 22:00| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

歌スタ木山裕策さん[home]@ラゾーナ

IMG_9053.JPG
ラゾーナに紅白出場でおなじみの歌スタ木山裕策さん。
雨ふってきちゃったけど、みんな感動して聴いてました。

本当に、この人はいい人そうです。
posted by maricobabylon at 15:00| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

劇団四季 ジーザスクライストスーパースター ジャポネスクバージョン


最近、劇団四季見てみたいなぁっと思ってたら
すごくタイムリーにKMちゃんから、招待券あるけど、行く?と連絡が!
二つ返事で行ってきました!

劇場は竹芝の自由劇場。もっと大きい劇場かと思ったら
コンパクトな劇場で12列目ということもあって、舞台が近い。

演目は「ジーザスクライストスーパースタージャポネスクバージョン」!
そんなに初心者向きではない暗いお話らしい。

作曲は『オペラ座の怪人』『キャッツ』のアンドリュー・ロイド=ウェバー。
作詞は『美女と野獣』『ライオンキング』『アイーダ』のティム・ライス。

で、内容は…
ビックリした!超シュール!
ジャポネスクバージョンということで、みんな歌舞伎メイク(白塗り)。
ミュージカルっていっても、セリフがあるのかと思ったら
全編、歌で進むのね。
またこの日本語の歌詞が、すごく盛り上がるかんじ。
"なんの ざわめきですか! どうぞおしえてください!”
”おうさま えいさま さらさら おーさま”

などなど、気になる歌がいっぱい。覚えて一緒に歌いたい!

舞台も白1色で手前は客席側に傾斜した舞台で、奥は大八車で可動式。
その大八車を白子たち(黒子の衣装が白)が必死に動かす。

内容はキリスト迫害の話で、イエス、ユダ、マリア以外は
よくわかんなかった…。話はもうちょっと勉強してから見るほうが
よいかも。

途中で人力車に乗った歌舞伎役者みたいな人が
歌舞伎調に歌うのが、素敵だった。

ユダは西城秀樹みたいな裏声。
マリアのソロは拍手がおこっていた。
イエスは痛々しい。ムチで打たれるシーンとか。
頭を下に斜めにかつがれたり、十字架にはりつけられたり
どうやって体勢を保っているんだろう。

声はどこにマイクがあってひろっているんだろう?
斜め舞台で中腰とか、相当鍛えられてるんだろうなぁ。

とにかく楽しかった。1時間45分があっという間。
若い頃に見ていれば、ミュージカルスター目指したかも。
他の演目も見てみたい!

お客様は中高年でお金持ち風の人が多かった。
劇場を出ると黒スーツのスタッフたちが待ち受けていて、
常連さん?と談笑していた。
posted by maricobabylon at 19:00| ☁| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

BLUE BRASIL @藤沢

藤沢(私の古巣)で行われた音楽イベント"BLUE BRASIL"へ。
夕方からのライブは窓から富士山が見えてきれい。
IMG_8441.JPG
久々に大好きな"まえかわともこ"さんのライブ。
とっても気持ちよい歌声。

2バンドそれぞれのライブと合成バンドのライブ、DJなど
盛りだくさんで楽しかった。

rrさんは終電までbar cane'sのダメ男ナイトに行くということだったが
私は減酒中だし、節制のため、帰宅。
posted by maricobabylon at 19:00| ☔| Comment(0) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

羊毛とおはなライブ@渋谷パルコ劇場


 


羊毛とおはなさんのライブ。うっかりチケット取り忘れてどうしよう!と思ったら
mixiコミュニティで譲ってもらえてよかった〜。
チケットとともに今までのフライヤーや羊はな新聞などおまけも
いただき嬉しい。

藤沢のBarで出会った羊はなさん。
アルバイトしながらがんばってた2人が、デビューして
こんな大きなステージで演奏なんて、感動。

今日は2部構成。
◆第一部 羊毛とおはなさん
はなちゃんの衣装がかわいい。メジャー感のある衣装。素敵。

01. 人魚
02. 明日は
03. 波音
04. 雨にぬれても
05. The Magic Is Gone
06. Englishman In New York
→羊毛さんのギターを押さえるのが好き。
07. Perfect
→いつも「いいとも」の合間CMエネオスで流れてる曲。
 Fairground Attractionの名曲。カラオケで歌うと気持ちよい曲。
 これはバンドでもう少し元気がある雰囲気でも聞いて見たいなぁ。
 Clareもコピーしてほしいなぁ。
08. 白いキャンバス

◆第ニ部 羊毛とおはなと愉快な仲間たち + percussion +piano+ Contrabass
はなちゃん以外はみんな動物の耳を装着。

09. 手をつないで
→かわいい曲。羊はなさんオリジナルでないので一味違った雰囲気。
10. 揺れる
11. ララルラ ラルララ
12. 手のひら
13. ナチュラル
(ピアノ・ギターのみ)
14. 輪
→気に入った靴なら毎日はいてもいい〜♪
15. 風に吹かれて
→宮崎アニメの後ろに聞こえてきそうな曲。

◆アンコール 
16. おまもりのうた
→大好きな曲。名曲。もう感涙。
17. カントリーロード
→最後を締めくくるのにふさわしい盛り上がり!
 明日からもがんばろう!という気分になる。

すごくよかったなぁ。
羊毛さんが、ちゃんとMCで喋っていてビックリ。
バンドを引き連れた羊はなさんが新鮮でした。

はなちゃんのふるさと富山のコンサートも行きたかったけど、
予定ありで行けず残念。
IMG_7244.JPG

posted by maricobabylon at 00:00| ☔| Comment(2) | 音楽・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。